カテゴリー「家呑み」の記事

2021/10/17

家呑み-開運 純米 ひやおろし

外呑みで時々いただく「開運(かいうん)」を家呑みしました。今回いただいたのは純米ひやおろしで、蔵元は静岡県掛川市の株式会社土井酒造場です。
Img_3669
栓を抜くと、熟れた果実の様な上立ち香をチョイと感じます。器に注いだお酒の色合いはうっすらと黄緑色系で、白緑が近いでしょうか。

冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目。滑らかな口当たりです。口に含むとメロンの様な甘味と旨味、遅れて酸味を感じます。呑み込むと口中に旨味が暫し残って余韻に浸ることができます。

口中で転がすとメロンの様な味わいが口中に拡がります。温んでくると旨味が主張してきて、味わいにふくらみが出てきました。

味が尖って無くて優しい味わいなので、呑んでいてホッとします。

開栓後は3-4日から1週間置きに呑んでいましたが、味わいの傾向は変わりませんでした。

料理に合わせ易いかなと思い、食事中に呑む事が多かったです。鱸やメバチマグロの刺身、だだちゃ豆の塩茹で、小松菜とエノキの海苔和え、野菜の味噌バター炒め等と合わせたりしてましたが、お酒の味わいがどの料理の味を引き立ててくれるので、食事が楽しかったですねぇ。

正直言って個人的に好きな味わいです。初めていただいたのが何十年前なのか忘れてしまいましたが、いつ何時にいただいてもお酒の味わいはほぼ変わらずに安定しているので、アチキにとって安心して呑めるお酒です。


開運 純米 ひやおろし
  醸造元:株式会社土井酒造場(静岡県掛川市)
  原料米:山田錦,精米歩合:55%
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2021年9月
  購入場所:三ツ矢酒店,価格:2,800円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2021/10/10

家呑み-羽根屋 純米吟醸 ひやおろし

富山県のお酒「羽根屋(はねや)」です。今回いただいたのは純米吟醸ひやおろしで、蔵元は富山県富山市の富美菊酒造株式会社です。1回火入れの生詰酒で、「羽根屋」を拙ブログで取り上げるのは約8年振りになります。
Img_3661
開栓するとフローラル系の香りを穏やかに感じます。薄い黄緑色系で若芽色とよく似た色合いのお酒です。

一口目は冷蔵庫でキンキンに冷やした状態で。滑らかな口当たりです。口に含むとメロンを思わせる旨味と酸味がふくよかに感じますが、ほんのチョイと苦味も奥から覗かせます。呑み込むと旨味が口中に残ってゆっくりと消えていきます。

口中で転がすと酸味が少し出てきて、フローラルの様な香りが鼻腔を抜けていきます。室内に置いて少し温ませると、やはり酸味が少し前に出てきます。

嫌な雑味が無く透明感のある味わいです。

開栓後は3-4日から1週間置きに呑んでいましたが、味わいの傾向は変わりませんでした。開栓時に感じた苦味はいつしか無くなりました。

最初に呑んだ印象から和食が合うかなと思い、食事中に呑む事が多かったです。様々な魚のお刺身や冬瓜の冷やし鉢等は、想像通り料理とお酒の相性がよく食事が進みました。

「羽根屋」は外呑みで何度となくいただいてきました。その度に雑味の少ない奇麗な味わいを楽しんでました。今回いただいたお酒も、呑んでいて「汚れ一つ無い奇麗で透明な硝子を一枚介して遠くを見ている」様な印象が浮かんできました。


羽根屋 純米吟醸 ひやおろし
  醸造元:富美菊酒造株式会社(富山県富山市)
  原料米:富山県産五百万石,精米歩合:60%
  アルコール度数:15度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2021年8月
  購入場所:髙原商店,価格:2,960円+消費税(1800ml)
  ※原料米は蔵元Websiteより転記


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2021/10/03

家呑み-三井の寿 秋純吟 ひやおろし ポルチーニ

2021年の秋のお酒です。福岡県三井郡大刀洗町にある株式会社みいの寿の「三井の寿(みいのことぶき)」純米吟醸ひやおろし「Porcini(ポルチーニ)」です。
Img_3653
栓を抜くと、熟れた果実の様な上立ち香を感じます。器に注いだお酒は薄い黄緑色系の色合いで、若菜色が近いでしょうか。

いつもの様に冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目。滑らかな口当たりです。口に含むと果実(洋梨?)の様な酸味を伴った旨味を感じます。呑み込むと旨味が残って、ゆっくりと消えていきます。ほんのチョイとですが、苦味もあります。

口中で転がすと旨味をより感じますが、味わいがやや堅くなった様に思えます。温ませるとやはり旨味が口中に拡がってコクの様なものも出てきますが、やはり味わいが堅くなりました。

お酒が搾られてから約半年の年月が経て得られる、少し熟成感がある味わいです。

開栓後は3-4日から1週間置きに呑んでいましたが、味わいの変化は感じませんでした。

食事中か食後で呑む事が殆どでした。食中酒としては鯖の味醂干しやローストビーフなどと合わせましたが、料理の味が引き立ち食事が進みました。

酒米ですが、ネットで調べてみると「吟のさと」が使われているようです。

秋あがりのお酒らしく、味わいにまとまりがあって料理にも合わせ易く、食事や呑みが楽しくなるお酒でした。


三井の寿 秋純吟 ひやおろし ポルチーニ
  醸造元:株式会社みいの寿(福岡県三井郡大刀洗町)
  原料米:国産米,精米歩合:60%
  アルコール度数:15度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2021年8月
  購入場所:はせがわ酒店グランスタ店,価格:2,600円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2021/09/26

家呑み-南 特別純米酒 中取り 無濾過 (R3BY)

高知県のお酒「南(みなみ)」を約1年振りに家呑みしました。今回もいただいたのは特別純米酒中取り無濾過です。蔵元は高知県安芸郡安田町の有限会社南酒造場です。
Img_3650
栓を抜くと、うっすらと吟醸香が注ぎ口から立ち上がります。無色透明なお酒です。

一口目は冷蔵庫でキンキンに冷やした状態で。少し滑らかな口当たりです。呑み込むと先ず感じるのは旨味で、次いで果実様な酸味に加えてお酒の辛さもチョイと感じます。呑み込むと、酸味と旨味が後味として残りますが、いつまでも残ること無くスーッと消えます。キレがありますねぇ。

口中で転がすと酸味が少し出てきましたが、味わいが少し堅く感じました。室内に置いて温んでくると、コクの様なものを感じました。

旨味と酸味を程よく感じられます。食中酒か〆の一杯に呑みたくなる味わいです。

開栓後は3-4日から1週間置きに呑んでいましたが、味わいの変化は感じませんでした。

食中酒としては、ホウボウの刺身や鰹のたたき等と相性がよかったです。また、餃子を食べた後にこのお酒を呑むと、口中がスッキリして食も呑みも進みましたねぇ。

昨年いただいたときの感想はこちら
 家呑み-南 特別純米酒 中取り無濾過 (R2BY)
感想に大きな変化はありませんでした。造りが安定しているんですね。

華美な派手さはありませんが、お酒の味をじっくりと味わえました。少し涼しくなった初秋の夜に呑みたく、実際にそんな呑み方もしていました。


南 特別純米酒 中取り 無濾過 (R3BY)
  醸造元:有限会社南酒造場(高知県安芸郡安田町)
  原料米:愛媛県産松山三井,精米歩合:60%
  アルコール度数:17度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2021年7月
  購入場所:髙原商店,価格:2,600円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2021/09/19

家呑み-伊勢の社の御山杉 純米酒

三重県三重郡朝日町の有限会社稲垣酒造場が醸す「御山杉(みやますぎ)」純米酒です。初めていただくお酒です。蔵元のWebsiteによりますと長期熟成させてから出荷しているそうで、古酒になりますね。
Img_3648
開栓すると少し香ばしいナッツの様な香りが立ち上がってきます。少し黄色味がかった、女郎花の様な色合いをしたお酒です。

いつもの様に冷蔵庫で充分冷やした状態での一口目。柔らかい口当たりです。お酒を口に含むと、干しぶどうの様な柔らかい酸味と旨味に加えて、コクを感じます。呑み込むと旨味が口中に残りますが、お酒の辛さも感じます。

口中で転がすと、旨味が口中に拡がります。少し温むと熟成感が増しました。さらに温んでくると、旨味主体の味わいになりました。

熟れた果物の様な味わいです。コクも感じて呑み応えがあります。

開栓後はほぼ1週間置きに呑んでましたが、味わいの傾向は殆ど同じでした。熟成感のある味わいが冬瓜の胡麻酢和えとあいましたねぇ。

試しにお燗に点けてみました。

5℃位(冷酒 雪冷え)……ナッツの様な香りに酸味とコクのある旨味にお酒の辛さを感じます。
20℃位(所謂冷や)……口当たりが柔らかくなって熟成香が立ち酸味が増してきました。
30℃前後(日向燗)……コクのある旨味主体の味わいで仄かに酸味も感じます。食中酒向きかも。
35℃前後(人肌燗)……また少し酸味が出てきました。これはこれで呑み応えあります。
40℃前後(ぬる燗)……酸味主体の味わいで、旨味は味の下支えです。コクもあって、呑んでいると芯から暖まります。
45℃前後(上燗)……再び旨味が前に出てきてチョイと甘味も感じます。酸味とのバランスもよく、味わいにふくらみが出てきました。様々な料理に合わせ易いと思います。
50℃前後(熱燗)……旨味主体で呑み易く、食中酒向きだと思います。ただ、上燗よりも味わいにふくらみが欠けてました。
55℃前後(飛びきり燗)……口当たりが円くふわっとしていて、旨味の塩梅も程よく呑み易いです。
燗冷まし(25℃位)……口当たりが柔らかく、控え目な酸味と旨味がバランスよく出ています。

色々試してみて最も好みだったのは上燗で、次いで飛びきり燗、日向燗でした。ちょっとした温度差での味わいの変化が面白かったですねぇ。

冷えている状態では熟成感を楽しめてお酒を温めると食中酒向きの味わいに変わるので、その時の気分で温度帯を変えて味わいの違いを楽しんでました。


伊勢の社の御山杉 純米酒
  醸造元:有限会社稲垣酒造場(三重県三重郡朝日町)
  原料米:国産米,精米歩合:65%
  アルコール度数:15度以上16度未満,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2021年6月
  購入場所:宮田酒店,価格:2,300円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2021/09/12

家呑み-東北泉 純米吟醸 酒未来 夏吟醸

2021年の夏酒はこのお酒で仕舞いです。山形県飽海郡遊佐町の蔵元、合資会社高橋酒造店の「東北泉(とうほくいずみ)」夏吟醸です。
Img_3647
開栓するとうっすらと吟醸香を感じます。器に注いだお酒の色合いはやや黄緑色、白緑が近いでしょうか。

冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目。滑らかな口当たりです。口に含むと旨味とライチを思わせる酸味が口中に拡がります。呑み込むと旨味が暫し残ります。又、お酒の辛さも感じます。

口中で転がすと果実系の香りが鼻腔を抜けていきますが、お酒の辛さも増した様に感じます。室内に置いてお酒を温ませると、酸味が前に出てきました。

旨味と酸味を十分に感じられる、やや濃いめの味わいです。

開栓後は3-4日から1週間置きに呑んでいましたが、酸味が徐々に前に出てきて旨味は味わいの下支えになりました。

食事中または食後に呑む事が多かったです。鰺の刺身を食べた後にこのお酒をいただくと、鰺の旨味がより感じられました。

他の軽やかな味わいの夏酒とは異なり、チョイと熟成感を感じるしっとりとした印象のお酒でした。


東北泉 純米吟醸 酒未来 夏吟醸
  醸造元:合資会社高橋酒造店(山形県飽海郡遊佐町)
  原料米:麹・掛米:山形県産酒未来、酒母米:長野県産山恵錦,精米歩合:55%
  アルコール度数:16.5%,日本酒度:+2.0
  酵母:記載無し,酸度:1.6,アミノ酸度:1.1
  製造年月:2021年5月
  購入場所:髙原商店,価格:2,800円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2021/09/05

家呑み-忠愛 中取り特別純米 五百万石

初めていただいたお酒です。栃木県矢板市の株式会社富川酒造店が醸す「忠愛(ちゅうあい)」中取り特別純米です。酒米は栃木県産の五百万石が使用されています。
Img_3642
栓を抜くと果実系の香りがうっすらと感じます。お酒はほんのチョイと緑がかった色合いです。

いつもの様に一口目は冷蔵庫でキンキンに冷やした状態で。滑らかな口当たりです。お酒を口に含むと先ず旨味が口中に拡がり、次いで酸味と甘味を仄かに感じます。全体的に濃いめの味わいです。また、お酒の辛さもありますねぇ。呑み込むと旨味が暫し残ります。

口中で転がすと果実系の香りが鼻腔を抜けていきます。お酒が温んでくると、旨味が前面に出てくる他お酒の辛さもより感じます。

旨味主体の濃醇な味わいです。やや濃いめですが、料理に合わせ易いのではと呑んでいて感じました。

開栓後は3-4日から1週間置きに呑んでいましたが、酸味が少しずつ出てきました。

初めの印象から食事中に呑む事が多かったです。柚子塩をつけたハマチの刺身に合わせたときは、ハマチとお酒の旨味が共鳴しているかの様に味わいが増してきましたねぇ。その他、舞茸の炊き込みご飯や茄子の金平との相性もよく、食事が進みました。

アチキには一度に沢山呑むのではなく、少しずつゆるりと呑むのが合っているかなと思いました。主に和食でしたが、料理とも合わせ易く食中酒向きのお酒でした。


忠愛 中取り特別純米 五百万石
  醸造元:株式会社富川酒造店(栃木県矢板市)
  原料米:五百万石,精米歩合:58%
  アルコール度数:17度以上18度未満,日本酒度:+8.5
  酵母:記載無し,酸度:1.4,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2021年2月(出荷年月:2021年7月)
  購入場所:三ツ矢酒店,価格:2,700円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2021/08/29

家呑み-澤屋まつもと 守破離 五百万石

京都府のお酒を意外にも拙ブログで初めて取り上げます。蔵元は京都府京都市伏見区の松本酒造株式会社で「澤屋まつもと 守破離(さわやまつもと しゅはり)」です。酒米は富山県南砺市産の五百万石が使われています。製造年月は2020年2月で、1年以上寝かせてから出荷されたお酒です。
Img_3632
開栓するとガスが抜ける感触がします。上立ち香を確認しますが殆ど感じません。器に注いだお酒は無色透明です。

先ずは冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目。少しキリッとした口当たりです。お酒を口に含むと、青リンゴの様な酸味と旨味に加えて、シュワッとしたガス感もあります。呑み込むと酸味が口中に残りますがスッと消えていきます。

口中で転がすと青リンゴの様な酸味が強調されて、爽やかな香りが鼻腔を抜けていきます。室内に置いて温ませると旨味が出てきますが、全体的に味が濃くなった様な感じがします。

爽やかな印象のお酒ですが、味わいはしっかりと出ています。

開栓後は3-4日から1週間置きに呑んでいましたが、味わいに大きな変化はありませんでした。開栓時に感じたガス感は段々と弱まって、開栓から1週間経つと感触は無くなりました。

開栓時の印象から料理に合わせ易いかなと思い、食中酒として呑む事が多かったです。鰹のたたきに合わせた時は、鰹の旨味がお酒によって引き立ちました。その他、茄子と茗荷の浅漬けや鶏塩鍋などと合わせたりしていましたが、楽しく食事が進みましたねぇ。

伝統を守りつつそれを破り新しい価値観を見いだす「守破離」のコンセプトで造られたお酒との事ですが、五百万石で造られたお酒らしい爽やかな印象に加えて味がのっているな、といった印象のお酒でした。


澤屋まつもと 守破離 五百万石
  醸造元:松本酒造株式会社(京都府京都市伏見区)
  原料米:五百万石,精米歩合:記載無し
  アルコール度数:15度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年2月(出荷年月:2021年6月)
  購入場所:髙原商店,価格:2,400円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2021/08/22

家呑み-天賦 純米吟醸

鹿児島県で造られた日本酒を初めて呑みました。「天賦(てんぶ)」純米吟醸、蔵元は鹿児島県日置市の西酒造株式会社です。
Img_3631
栓を抜くと感じる上立ち香は、果実様な香りです。器に注いだお酒はほぼ無色透明です。

先ずは冷蔵庫で充分冷やした状態での一口目。少し優しい口当たりです。お酒を口に含むと、林檎の様な酸味とお米の旨味が口中に拡がります。呑み込むと旨味が残り、暫く味の余韻に浸れます。嫌な雑味を感じません。

口中で転がすと、果実の様な香りが鼻腔を抜けていき、酸味が口中に拡がります。室内に置いて少し温んでくると、旨味が前に出てきてふくよかな味わいになりました。

雑味が無く、酸味と旨味のバランスが取れた奇麗な味わいです。

開栓後は3-4日から1週間置きに呑んでましたが、旨味が徐々に出てきました。鰤の照焼と合わせた際は、料理の味が引き立ちましたねぇ。

温んだ状態での味わいの印象から、久しぶりに(しかも真夏に:p)お燗に点けてみました。開栓から1週間後の事です。

5℃位(冷酒 雪冷え)……この時は開栓時の印象とほぼ同じで、林檎の様な酸味と旨味がバランスよく出ていました。
20℃位(所謂冷や)……口当たりが柔らかくなりました。酸味も柔らかくなって冷酒よりも呑み易くなりました。
30℃前後(日向燗)……口当たりは柔らかいままで、酸味と旨味が程よく感じられます。
35℃前後(人肌燗)……旨味がやや出てきました。酸味と旨味のバランスは個人的には好きです。
40℃前後(ぬる燗)……再び酸味が主の味わいになりました。これはこれで呑み易いと思います。
45℃前後(上燗)……味わいの傾向としてはぬる燗と同じでした。
50℃前後(熱燗)……酸味を先に感じてから旨味が出てきますが、これまでよりお酒が口中でまとわりつく様な感触でした。
55℃前後(飛びきり燗)……酸味、旨味に甘味を感じますが、少々味わいにまとまりが無くぼやけた印象です。
燗冷まし(25℃位)……旨味主体で甘味と酸味を仄かに感じますが、少しだれている様に思いました。

上記の様な感想でしたが、個人的に好きだった温度帯はぬる燗で、次いで人肌燗でした。あくまで個人的な感想ですが、お酒の温度を上げすぎると味わいにまとまりが無くなった様に感じました。

原料米ですが調べてみると山田錦が使われているようです。色々と試してみて一本芯が通っている様な、しっかりと味が出ているなと思いました。料理と合わせ易いですし、単独で呑んでも味わいを楽しめるお酒でした。


天賦 純米吟醸
  醸造元:西酒造株式会社(鹿児島県日置市)
  原料米:国産米,精米歩合:50%
  アルコール度数:15度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2021年4月
  購入場所:はせがわ酒店グランスタ店,価格:3,500円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2021/08/15

家呑み-能古見 純米吟醸

佐賀県鹿島市は有限会社馬場酒造場の定番酒「能古見(のごみ)」純米吟醸を家呑みしました。
Img_3628
開栓すると、少し華やかで柔らかい香りが立ち上がってきます。無色透明なお酒です。

一口目は冷蔵庫でキンキンに冷やした状態で。柔らかくビロードに包まれた様な口当たりです。お酒を口に含むと、旨味が静かに拡がってから果実系の酸味が少し遅れて出てきます。呑み込んだ後は酸味に加えてお酒の辛さがチョイと残ります。

口中で転がすとコクの様な物が出てきます。温んでくると旨味が前に出てきますが、お酒の辛さもあります。キンキンに冷えている時よりも味が濃くなった様に思えます。

旨味、酸味とお酒の辛さのどれも突出せず、程よくお酒の味わいを楽しめます。

開栓翌日に再び呑みましたが、開栓時とは異なり果実様の酸味を先に感じてから旨味が出てきました。以後はほぼ1週間毎に呑んでいましたが、酸味から旨味に流れる味わいは殆ど変わりませんでした。

味わいに派手さを感じませんので、料理と合わせて呑む事が多かったです。焼き茄子や鯛の切り身のアクアパッツァなどとの相性がよかったですねぇ。

お米の旨味や果実様の酸味を程よく味わえて、料理にも合わせ易い食中酒向きのお酒でした。


能古見 純米吟醸
  醸造元:有限会社馬場酒造場(佐賀県鹿島市)
  原料米:山田錦,精米歩合:50%
  アルコール度数:16度以上17度未満,日本酒度:+2前後
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2021年6月
  購入場所:髙原商店,価格:3,062円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ