« 家呑み-烏輪 純米酒 緑のたいよう | トップページ | 家呑み-庭のうぐいす 特別純米 なつがこい »

2024/06/30

家呑み-名倉山 純米生酒 Lake × Whale?

多分、家呑みでは初めていただくお酒です。福島県会津若松市にある名倉山酒造株式会社の「名倉山(なぐらやま)」純米生酒 Lake × Whale?です。ラベルに描かれているのは、お酒の銘にもなっている名倉山から見下ろした猪苗代湖畔。その湖に浮かぶ翁島が鯨の様に見えるので、Lake × Whale?と名付けたそうです。打ち上げ花火も描かれているので、夏向けのお酒との事です。
Img_4951
栓を抜くと、メロン系の香りが注ぎ口から立ち上がってきます。器に注いだお酒は薄い黄緑色系の白緑に近い色合いです。

それでは冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目。少し滑らかな口当たりです。お酒を口に含むと、メロンの様な酸味と旨味に甘味が混じりあって口中に拡がります。舌上にほんのチョイとピリピリとしたガス感も感じます。呑み込むと旨味が口中に残りますが、静かに消えていきます。

口中で転がすと、やはりメロン系の香りが鼻腔を抜けて旨味が少し前に出てきますが、若干お酒の辛さも感じます。室内に置いて温ませると、冷酒よりも滑らかな口当たりになって旨味が少し出てきました。

甘味や酸味を伴った旨味が味わいの主体で、呑み易いお酒だと思います。

開栓後3,4日後に再びいただきましたが、ピリピリとしたガス感は感じず、味わいに少しコクの様なものが出てきました。以後はほぼ1週間毎にいただきましたが、味わいの変化は感じず少しコクのあるメロン系の味わいでした。

味わいに大きな偏りがなく呑み易いので、食中酒としていただく事が多かったです。呑み始めが5月だったので、筍の炊き込みご飯や鰆の刺身に鰹のたたき等、春や初夏を感じさせる料理と合わせてみると、お酒の味わいが料理の味わいを一層引き立ててくれて食が進みました(^o^)面白い組み合わせでは、栃木県産の苺とちあいかに合わせた際は、苺の爽やかな酸味とメロン系のお酒の味わいが、妙にマッチしていて面白かったですねぇ。

ラベルには原料米の品種が書いてありませんが、ネットで調べてみると福島県産の「チヨニシキ」が使われているようです。

蔵元のWebsiteを拝見すると、「名倉山」で目指しているのはお米本来の甘味が旨味に変わり、ふわっと拡がり喉ごしがいいお酒との事です。なるほど、今回いただいた純米生酒 Lake × Whale?も、甘味を伴った旨味が主体で、後味もいつまでも残る事無く静かに消えていきました。いただいていて爽やかな初夏を感じさせるお酒でした。

名倉山 純米生酒 Lake × Whale
  醸造元:名倉山酒造株式会社(福島県会津若松市)
  原料米:国産米,精米歩合:65%
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2024年5月
  購入場所:髙原商店,価格:2,495円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

« 家呑み-烏輪 純米酒 緑のたいよう | トップページ | 家呑み-庭のうぐいす 特別純米 なつがこい »

お酒」カテゴリの記事

家呑み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家呑み-烏輪 純米酒 緑のたいよう | トップページ | 家呑み-庭のうぐいす 特別純米 なつがこい »

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ