« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月

2023/09/18

家呑み-水尾 辛口純米酒 一味

長野県飯山市の株式会社田中屋酒造店が醸す、「水尾(みずお)」の辛口純米酒 「一味(いちあじ)」です。「水尾」を家呑みするのは、約3年4ヶ月振りです。
Img_4642
栓を抜くと、吟醸香がうっすらと立ち上がってきます。器に注いだお酒の色合いは、薄い黄緑色系の柳鼠に近い色合いです。

冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目。滑らかな口当たりです。お酒を口に含むと、旨味と柔らかい酸味を感じます。呑み込むと後味として旨味が残りますが、お酒の辛さとほんのチョイと苦味を感じます。

口中で転がすと味わいが少し濃くなった様に感じました。また、お酒の辛さも増してコクの様なものも出てきました。室内に置いて温ませると、ここでも味わいが少し濃くなって、やはりコクの様なものも感じました。

辛口のお酒ですが、旨味や酸味も程よく感じられる濃醇な味わいです。

開栓後はほぼ1週間置きにいただいてましたが、味わいの傾向は殆ど変わりませんでした。

濃醇な味わいのお酒ですので食中酒に向いているかなと思い、食事中にいただくことが多かったです。めいち鯛やうめいろといった白身魚のお刺身に合わせると、お酒の味が魚の旨味を引き立ててましたねぇ。その他には、枝豆炊き込みご飯や豆富味噌田楽など、和食との相性が良かったかなと思いました。

濃醇で辛口な味わいが開栓時から変わりなく安定していて、いただいていて味わいに一本芯が通っている様に感じたお酒でした。


水尾 辛口純米酒 一味
  醸造元:株式会社田中屋酒造店(長野県飯山市)
  原料米:長野県飯山産ひとごこち,精米歩合:麹米:59%,掛米:70%
  アルコール度数:15%,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2023年8月
  購入場所:髙原商店,価格:2,550円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2023/09/11

家呑み-玉川 純米吟醸 無濾過生原酒 Ice Breaker 2022BY

前回に引き続き、このお酒も2023年の夏酒です。京都府京丹後市の木下酒造有限会社の「玉川(たまがわ)」純米吟醸 無濾過生原酒 Ice Breakerです。
Img_4607
栓を抜くと、柑橘系かなと思わせる上立ち香を感じます。器に注いだお酒の色合いは、少し濃い黄色系の色合いで枯草色が近いかと思います。

先ずは冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目。少しキリッとした口当たりです。お酒を口に含むと、旨味と柑橘系の柔らかい酸味が重なり合って口中に拡がります。ほんのチョイと甘味も感じます。呑み込むと、酸味と若干甘味が口中に残り、コクの様なものも感じます。

口中で転がすと酸味とコクが少し強調されますが、お酒の辛さも少し出てきます。室内に置いて温ませると、旨味が少し前に出てきて甘味も増してきました。

アルコール同数が17~18度と夏酒としては高めで、しっかりとお酒の味を楽しめます。

開栓後はほぼ1週間置きにいただいてましたが、味わいの傾向は殆ど変わりませんでした。

食後にいただくお酒に向いてるかなと思いながらも、食中酒としても試してみました。ソース味の鯖カツやトラウトサーモンの刺身、豆腐と枝豆の和風あんなどが相性が良かったです。

お酒についてくる、杜氏のフィリップ・ハーパー氏が書かれているリーフレットに、「ワイングラスに氷を入れ」てお酒を注ぐロックがお薦めとありましたので、ロックでも試してみました。生憎ワイングラスは持っていませんので唎き酒猪口で試したところ、口当たりが柔らかくなり、柑橘系の様な酸味とほんのチョイと甘味が一服の涼を感じさせてくれました。

夏酒ですがアルコール度数が高めの無濾過生原酒なので、温度帯によっては少し濃く感じることもあります。それが蔵元Websiteでお薦めのキンキンに冷えている状態かロックでいただくと、案外呑み易くなったのが、いただいていて面白かったです。


玉川 純米吟醸 無濾過生原酒 Ice Breaker 2022BY
  醸造元:木下酒造有限会社(京都府京丹後市)
  原料米:滋賀県産日本晴,精米歩合:60%
  アルコール度数:17度以上18度未満,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2023年7月
  杜氏:フィリップ・ハーパー
  購入場所:はせがわ酒店グランスタ店,価格:3,100円+消費税(1800ml)
  ※原料米は蔵元Websiteから転記


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2023/09/03

家呑み-天吹 特別純米 夏に恋する特別純米 生

暦の上では9月、秋ですが、まだまだ2023年の夏酒の感想です。佐賀県三養基郡みやき町の天吹酒造合資会社の季節限定酒、「天吹(あまぶき)」特別純米 夏に恋する特別純米 生酒です。
Img_4606
開栓すると、洋梨の様な果実香を感じます。お酒の色合いは、裏葉柳の様な薄い黄緑色系です。

冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目。滑らかな口当たりです。お酒を口に含むと、旨味を感じてから果実様な酸味が出てきます。呑み込むと後味として酸味が残り、段々と消えていきます。

口中で転がすと酸味が少し出てきますが、チョイと苦味も感じます。室内に置いて温ませると、旨味と酸味が混じり合って、味が冷酒よりも濃くなりました。

夏酒ですが水っぽくなく、お酒の味をしっかりと感じることができます。

開栓後はほぼ1週間置きにいただいてましたが、味わいの傾向は殆ど変わりませんでした。

食事中か食後、どちらの場面でいただくのがアチキに合っているか、答えが中々出ませんでした。食中酒としていただいた時に相性が良かった料理は、沖縄風豚角煮ご飯や赤魚味醂干し、鮪の中落ちに小松菜とシメジの辛子和えなどでした。お酒の味がしっかりと出ているので、濃いめの味付けの料理でも合わせ易かったですねぇ。

一本芯が通っているなと感じさせる味わいのお酒でした。個人的にはキンキンに冷えた状態の味わいが、アチキの好みでした。


天吹 特別純米 夏に恋する特別純米 生
  醸造元:天吹酒造合資会社(佐賀県三養基郡みやき町)
  原料米:山田錦,精米歩合:60%
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2023年7月
  購入場所:髙原商店,価格:2,800円+消費税(1800ml)
  ※原料米は蔵元Websitteから転記


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ