« 家呑み-にいだしぜんしゅ 生酛 純米原酒 2020BY | トップページ | 家呑み-善吉 特別純米 ひやおろし »

2022/10/02

家呑み-天青 純米酒 吟望 秋おりがらみ

2022年の秋のお酒は、おりがらみのお酒から呑み始めました。神奈川県茅ヶ崎市は熊澤酒造株式会社の「天青(てんせい)」純米酒 吟望 秋おりがらみです。

Img_4120
開栓する前に瓶を静かに逆さまにして、澱を均一にします。抜栓すると少し華やかな香りが立ち上がってきます。おりがらみのお酒ですので、澱がお酒の色合いを白くさせています。

いつもの様に一口目は冷蔵庫でキンキンに冷やした状態で。少しキリッとした口当たりです。口に含むと葡萄を思わせる酸味と旨味を感じます。呑み込むと酸味が口中に残りますが、いつまでも残らずスッと消えます。

口中で転がすと、果実様の香りが立ち、旨味が少し出てきました。室内に置いて温ませると旨味が出てきますが、苦味もほんのチョイと感じます。

ややスッキリした味わいです。外連味が無いので、おりがらみですがクリアな印象のお酒です。

開栓後はほぼ1週間置きにいただいてましたが、味わいの傾向は変わりませんでした。

スッキリ目の味わいですので、食事に併せていただくことが多かったです。金目鯛の刺身、かしわ飯やなめ茸温豆腐等様々な料理に合わせてみましたが、料理の味を邪魔すること無くお酒の味も楽しめました。以前から「天青」は食中酒向きのお酒だなと思っていましたが、今回いただいた秋おりがらみのお酒も、これまでいただいた「天青」と同様に料理との相性が良かったです。

「天青」を家呑みするのは2年2ヶ月ぶりでしたが、外呑みでは時々いただいていました。何季どの造りのお酒でも期待した通りで、安心していただけるお酒です。


天青 純米酒 吟望 秋おりがらみ
  醸造元:熊沢酒造株式会社(神奈川県茅ヶ崎市)
  原料米:五百万石,精米歩合:60%
  アルコール度数:17度,日本酒度:+4.0
  酵母:協会701号,酸度:2.0,アミノ酸度:1.8
  製造年月:2022年8月
  購入場所:髙原商店,価格:2,700円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

« 家呑み-にいだしぜんしゅ 生酛 純米原酒 2020BY | トップページ | 家呑み-善吉 特別純米 ひやおろし »

お酒」カテゴリの記事

家呑み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家呑み-にいだしぜんしゅ 生酛 純米原酒 2020BY | トップページ | 家呑み-善吉 特別純米 ひやおろし »

フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ