« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月

2022/07/31

家呑み-綿屋 梅雨綿 特別純米酒 ひとめぼれ

2022年の東京の梅雨はさっさと明けたと思ったら戻り梅雨の様な天候が続き、最近になってようやく夏本番の日々ですが、このお酒はほんのチョイと季節を巻き戻したお酒です。宮城県栗原市の金の井酒造株式会社が醸す「綿屋(わたや)」で、季節限定品の四季綿シリーズ「梅雨綿(つゆわた)」特別純米酒です。

Img_4034
開栓すると、熟れた果実香をうっすらと感じます。器に注いだお酒は、黄緑色系の白緑に近い色合いです。

先ずは冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目。少し滑らかな口当たりです。口に含むと果実様の酸味とお米の旨味に加えて、お酒の辛さもチョイと感じます。呑み込むと旨味が口中に残るなと思ったら、スッと消えます。キレがありますねぇ。

口中で転がすと旨味がより出てきて、コクの様なものも感じます。温んでくると旨味主体の味わいになりました。

キンキンに冷えている時は、酸味とお酒の辛さが少しキリッとした味わいを演出しています。

開栓後はほぼ1週間置きにいただいてましたが、冷えた状態では酸味主体で温むと旨味が出てくる味わいは殆ど同じでした。

開栓時の印象から料理に合わせ易いかなと思い、食事中にいただくことが多かったです。伊佐木の刺身に合わせた際は、伊佐木の旨味がより強調されました。また、たたき胡瓜のピリ辛和えや蒟蒻と蓮根のピリ辛炒めなど、少し辛めの料理とも相性が良かったです。

酸味と旨味を感じつつ少しキリッとした味わいが、じめじめ蒸し蒸しした不快感を忘れさせてくれるお酒でした。


綿屋 梅雨綿 特別純米酒 ひとめぼれ
  醸造元:金の井酒造株式会社(宮城県栗原市)
  原料米:宮城県一迫産ひとめぼれ,精米歩合:55%
  アルコール度数:15度,日本酒度:+2.0
  酵母:宮城酵母,酸度:1.6,アミノ酸度:記載無し
  杜氏:鎌田 修司(南部杜氏)
  製造年月:2022年6月
  購入場所:味ノマチダヤ,価格:3,000円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2022/07/18

家呑み-飛良泉 山廃純米 FOUR SEASONS 《夏》涼冷え

秋田県のお酒「飛良泉(ひらいずみ」の夏の限定流通酒、山廃純米 FOUR SEASONS 《夏》涼冷えです。蔵元は秋田県にかほ市の株式会社飛良泉本舗です。

Img_4032
栓を抜くと、上立ち香は果実香をうっすらと感じます。お酒の色合いは、青磁鼠の様なほんのり緑色系です。

一口目はいつもの様に冷蔵庫でキンキンに冷やした状態で。滑らかな口当たりです。口に含むとジューシーでメロンの様な酸味と旨味が口中に拡がります。チョイと甘味もありますねぇ。呑み込むと酸味が残って、ゆっくりと消えていきます。酸味が爽やかさを醸し出しています。

口中で転がすと果実香が鼻腔を抜けてから旨味が少し出てきました。室内に置いて温ませると、ジューシーさは控え目になって酸味が強まりました。

夏酒でこんなにジューシーさを感じるのは、初めてかもしれません。

開栓後はほぼ1週間置きにいただいてましたが、ジューシーさは段々と影を潜めていき、酸味が少しずつ前に出てきました。

食後のまったりした時にいただくことが多かったですが、食中酒としても料理に合わせ易いと思います。実際、ローストビーフや柚子味噌豆富田楽などと合わせた時は、お酒が料理の味を引き立ててました。

呑んでいて爽やかな印象を与えてくれるお酒でした。


飛良泉 山廃純米 FOUR SEASONS 《夏》涼冷え
  醸造元:株式会社飛良泉本舗(秋田県にかほ市)
  原料米:秋田県産酒造好適米,精米歩合:60%
  アルコール度数:13%,日本酒度:±0
  酵母:記載無し,酸度:2.0,アミノ酸度:記載無し
  杜氏:遠田嘉人(山内杜氏)
  製造年月:2022年5月
  購入場所:三ツ矢酒店,価格:2,900円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2022/07/03

家呑み-るみ子の酒 純米酒 9号酵母 無濾過生

三重県伊賀市の合名会社森喜酒造場の「るみ子の酒(るみこのさけ)」を2年10ヶ月振りに家呑みしました。今回いただいたのは、9号酵母で醸した夏限定の純米無濾過生酒です。加水してアルコール度数を14%まで下げています。

Img_3989
栓を抜くと、バナナの様な果実香を感じます。器に注いだお酒は。夏虫色の様なうっすらとした黄緑色系の色合いです。

冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目。滑らかな口当たりです。口に含むとバナナの様な香りと旨味にほんのり甘味を感じます。旨味主体の味わいで酸味は味の下支え役です。呑み込むと旨味が後味として残りますが、お酒の辛さも感じました。

口中で転がすと酸味が出てきますが、お酒の辛さもより感じます。室内に置いて温んでくると柑橘系を思わせる酸味が前に出てきて、キンキンに冷えた状態とは違った味わいになりました。

味が濃くなく程よい塩梅で、且つアルコール分も低めなので呑み易いです。

開栓後はほぼ1週間置きにいただいてましたが、味わいの傾向は殆ど変わりませんでした。

アチキには呑み易いお酒ですので、食事中や食後など場面を気にせず呑みたい時に呑んでました。食事中にいただいた時は、赤ハタのお刺身や菠薐草とベーコンのバター醤油炒めなどと相性が良かったですねぇ。

加水してますが水っぽくなく、旨味や酸味等の味わいを程よく感じられるお酒でした。


るみ子の酒 純米酒 9号酵母 無濾過生
  醸造元:合名会社森喜酒造場(三重県伊賀市)
  原料米:三重県産山田錦(28%),広島県産八反錦(72%),精米歩合:60%
  アルコール度数:14%,日本酒度:+7
  酵母:協会9号,酸度:1.6,アミノ酸度:1.2
  杜氏:豊本理恵
  製造年月:2022年5月
  購入場所:髙原商店,価格:2,650円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ