« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月

2022/05/22

家呑み-鳴海 きもと純米 直詰め生 YK-66

家呑みでは初めていただくお酒です。千葉県勝浦市の東灘醸造株式会社の限定流通酒「鳴海(なるか)」きもと純米 直詰め生酒です。YKは杜氏さんのイニシャル、66は精米歩合だそうです。

Img_3947
開栓するるとフルーティーで爽やかな香を感じます。ほぼ無色透明なお酒です。

一口目は冷蔵庫でキンキンに冷やした状態で。少しキリッとした口当たりです。口に含むと炭酸ガスのピリピリ感を感じてから、ヨーグルト様の酸味が出てきます。呑み込むと、酸味の後から旨味がチョイと顔を出してきますが、スーッと消えます。

口中で転がすと、爽やかな香りが鼻腔を抜けてヨーグルト様の酸味をより感じます。温んでくると酸味が柔らかくなって生酛らしい旨味とコクに少し甘味が出てきました。

酸味が前面に出ていますが、旨味とコクもあって生酛らしさを十分に味わうことができます。

開栓後から5日後に再びいただいた時は炭酸ガスのピリピリ感まだありましたが、10日過ぎるとガス感は殆ど感じませんでした。味わいの傾向は、開栓から日が経っても大きく変わることはありませんでした。

食事中か食後でいただくことが多く、食中酒としては鰺や伊佐木の刺身などと合わせたりしていました。お酒の味わいが魚の旨味をより引き出していましたねぇ。

生酛のお酒らしい味わいとコクを感じつつ、生酒のフレッシュ感も楽しめるお酒でした。


鳴海 きもと純米 直詰め生 YK-&&
  醸造元:東灘醸造株式会社(千葉県勝浦市)
  原料米:秋田酒こまち,精米歩合:66%
  アルコール度数:11度,日本酒度:記載無し
  酵母:6号,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2022年4月
  購入場所:味ノマチダヤ,価格:2,700円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2022/05/10

家呑み-秋鹿 純米吟醸 超辛口 槽搾直汲

大阪府のお酒「秋鹿(あきしか)」純米吟醸 大辛口 槽搾 直汲です。蔵元は大阪府豊能郡能勢町の秋鹿酒造有限会社です。

Img_3936
栓を抜くと、熟れた果実のような上立ち香を感じます。器に注いだお酒は薄い黄緑色系の白緑に近い色合いをしています。

いつものように冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目。少しキリッとした口当たりです。口に含むとパインかライチの様な酸味と、舌上にほんのチョイとピリピリとした感触を感じます。呑み込んでお酒が喉を通ると、カーッと熱く感じます。酸味とお酒の辛さが口中に残ります。

口中で転がすと、果実様の香りが鼻腔を抜けて酸味をより感じますが、苦味も少し出てきました。室内に置いて少し温んでくると、口当たりが円くなり酸味は一歩後退して旨味が少し出てきました。お酒の辛さもより感じます。

酸味主体の味わいに加えて、お米の旨味やお酒の辛さも十分に感じられます。

開栓後はほぼ1週間毎にいただいてましたが、味わいの傾向は変わりませんでした。

大辛口のお酒ですが酸味が強調されているので、料理にも合わせ易いかなと思います。実際、ひじきの炊き込みご飯や脂がのった真鯖の刺身などに合わせてみると、料理の美味しさがより強調されて食事も進みました(^o^)

アルコール度数と日本酒度が高い大辛口のお酒なので、一度に沢山呑むのでは無く、料理との相性を楽しみながら少しずついただく、そんな呑み方でこのお酒を楽しんでました。


秋鹿 純米吟醸 超辛口 槽搾直汲
  醸造元:秋鹿酒造有限会社(大阪府豊能郡能勢町)
  原料米:山田錦,精米歩合:60%
  アルコール度数:18度,日本酒度:+15
  酵母:協会11号,酸度:2.9,アミノ酸度:1.8
  製造年月:2022年4月
  購入場所:髙原商店,価格:3,200円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ