« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

2021/07/25

家呑み-美丈夫 純米吟醸 純麗たまラベル

高知県のお酒「美丈夫(びじょうふ)」を久しぶりに家呑みしました。今回いただいたのは「美丈夫」純米吟醸 純麗たまラベルで、生酒では無く火入れされたお酒です。蔵元はは高知県安芸郡田野町の有限会社濱川商店です。
Img_3597
開栓すると柑橘系の上立ち香が少し立ち上がってきます。無色透明なお酒です。

最初の一口目は冷蔵庫でキンキンに冷やした状態で。口当たりは滑らかです。お酒を口に含むと、先ず旨味を感じ、次いで果実系の爽やかな酸味が奥から顔を覗かせてきます。呑み込んでからの後味は酸味主体ですが、いつまでも残らずにスーッと消えていきます。

口中で転がすとエステル系の香りとコクと苦味を感じます。少し温んでくると旨味が少し出てくる他、お酒の辛さもチョイと感じます。

酸味がやや強調されていますがお米の旨味も感じられる、バランスの取れた味わいだと思います。

開栓後は3-4日から1週間毎に呑んでいましたが、酸味がやや強めの味わいは殆ど変わりませんでした。

食中酒として呑む事が多く、ホウボウのお刺身や豆腐田楽、水菜,シメジと油揚げの玉子とじ等の和食に合わせたりしました。意外に相性がよかったのが麻婆豆腐。辛くてコッテリした料理の後にこのお酒をいただくと、口中が一度リセットされて次の料理も楽しめました。

このお酒に使われている原料米ですが、調べてみると愛媛県産の松山三井だそうです。

食中酒としてだけでなく、食後に〆の一杯としていただいてお酒の味を楽しむ、なんて呑み方もありかなと思います。味わいに浮ついた感じが無く終始安定している、「美丈夫」の定番酒でした。


美丈夫 純米吟醸 純麗たまラベル
  醸造元:有限会社濱川商店(高知県安芸郡田野町)
  原料米:国産米,精米歩合:55%
  アルコール度数:15%,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2021年3月
  購入場所:髙原商店,価格:2,600円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2021/07/18

家呑み-榮光冨士 純米吟醸 無濾過生原酒 SHOOTING STAR ~夏の流れ星~ 2021

時々外呑みする銘柄の夏酒です。山形県鶴岡市の冨士酒造株式会社の「榮光冨士(えいこうふじ)」純米吟醸 無濾過生原酒 SHOOTING STAR ~夏の流れ星~ 2021年版です。
Img_3581
栓を抜くと、ガスが抜ける感触があります。上立ち香は少し甘めな果実系の香りです。器に注いだお酒は無色透明です。

いつもの様に冷蔵庫でキンキンに冷やした状態の一口目。少しキリッとした口当たりです。口に含むと、舌上にシュワッとしたガス感を感じてから、サイダーの様な酸味に旨味とほんのり甘味がします。呑み込むと旨味が残って静かに消えていきます。

口中で転がす酸味が口中に拡がりますが、苦味もチョイと出てきます。室内に置いて温ませると、ガス感は無くなり旨味が強調されてから酸味を感じます。

爽やかな味わいです。料理を食べた後にこのお酒をいただくと、口中が爽快になります。

開栓後はほぼ1週間毎に呑んでいましたが、味わいの傾向は殆ど変わりませんでしたが、ガス感は2週間程で無くなりました。

食事中か食後に呑む事が多く、食中酒としては鰹のたたきや〆鯖といったお刺身の他に冬瓜のそぼろあんと合わせたりしましたが、和食以外に洋食や中華料理などと合わせてもいけるかもしれません。

酸味と旨味では酸味の方がやや強調されていて、呑んでいて爽快感を得られる、これから続く酷暑に呑みたい味わいのお酒でした。


榮光冨士 純米吟醸 無濾過生原酒 SHOOTING STAR ~夏の流れ星~ 2021
  醸造元:冨士酒造株式会社(山形県鶴岡市)
  原料米:山形県産はえぬき,精米歩合:60%
  アルコール度数:15.8度,日本酒度:-2.0
  酵母:山形酵母,酸度:1.9,アミノ酸度:0.7
  製造年月:2021年6月
  購入場所:三ツ矢酒店,価格:2,500円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2021/07/11

家呑み-丹澤山 からっと純米吟醸 無濾過生酒 Tシャツラベル

神奈川県西部の足柄上郡山北町の蔵元合資会社川西屋酒造店が醸す「丹澤山(たんざわさん)」の夏酒、純米吟醸生酒です。ここの蔵元は「隆(りゅう)」と「丹沢山/丹澤山(たんざわさん)」の2つの銘柄のお酒を造っていますが、「丹澤山」でTシャツラベルのお酒は今年が初めてのようです。
Img_3579
開栓すると、吟醸香がうっすらと立ち上がってきます。無色透明なお酒です。

一口目は冷蔵庫でキンキンに冷やした状態で。滑らかな口当たりです。口に含むと、旨味とお酒の辛さが口中に拡がり、遅れて柔らかい酸味を感じます。呑み込むと旨味がチョイとありますが、それもサーッと消えてお酒の辛さがしばし残ります。

口中で転がすとお酒の辛さが強調されて、葡萄に似た酸味が少し出てきます。温んでくると辛さが一歩後退して、旨味が主張し柔らかい味わいになりました。

辛口ですが味がキツくないので、冷酒でも多少温んでも呑み易いです。

開栓後はほぼ1週間毎に呑んでいましたが、柔らかい酸味が徐々に前に出てきました。反面辛さは段々と感じなくなりました。

食事中や食後にいただくのが個人的には合っているかなと思いました。かしわ飯の様な味付けの濃い料理にも合いますし、カンパチの刺身との相性もよかったです。

柔らかい酸味と旨味のバランスが心地よく、爽やかな辛口の夏酒でした。


丹澤山 からっと純米吟醸 無濾過生酒 Tシャツラベル
  醸造元:合資会社川西屋酒造店(神奈川県足柄上郡山北町)
  原料米:若水,精米歩合:55%
  アルコール度数:14度,日本酒度:+6.5
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2021年5月
  購入場所:髙原商店,価格:2,950円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2021/07/04

家呑み-千歳鶴 純米酒 吟風

拙ブログで北海道のお酒を初めて取り上げます。北海道札幌市の日本清酒株式会社の「千歳鶴(ちとせつる)」純米酒です。酒米は北海道産の酒造好適米の吟風が使われています。
Img_3541
栓を抜いた際、上立ち香は殆ど感じません。器に注いだお酒は無色透明です。

先ずは冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目。口当たりは少し滑らかです。口に含むと、旨味と林檎か洋梨を思わせる優しい酸味を感じますが、どちらも強すぎず程よい味の濃さです。呑み込むと旨味が口中に残ります。

口中で転がすと旨味と酸味に加えて、甘味も仄かに感じます。室内に置いて温ませると、旨味がより前に出てきました。酸味はやや控え目になり、甘味も感じます。

旨味が味の中心にあり、酸味と時折感じる甘味が味わいに複雑さを加えています。呑み易く食中酒向きだと思います。

開栓後はほぼ1週間後に再びいただきましたが、口に含むと先ず優しい酸味を感じてから旨味が出てきました。それ以外では味わいに大きな変化は無く、以後も同じでした。

開栓時の感想から食事中に呑む事が多く、ローストビーフと合わせたりしていましたが、お酒の味わいが牛肉の旨味を引き立ててました(^o^) 肉料理以外に魚や野菜料理とも相性がよく、食事が進みましたねぇ。

酸味の爽やかさとふくよかなお米の旨味が料理の味を引き立てる、食中酒向きのお酒でした。


千歳鶴 純米酒 吟風
  醸造元:日本清酒株式会社(北海道札幌市)
  原料米:北海道産吟風,精米歩合:60%
  アルコール度数:15度,日本酒度:-3.0
  酵母:記載無し,酸度:1.5,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2021年5月
  購入場所:はせがわ酒店グランスタ店,価格:2,200円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ