« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021/01/31

家呑み-瀧自慢 辛口純米 滝水流

三重県名張市の瀧自慢酒造株式会社の「瀧自慢(たきじまん)」辛口純米酒 滝水流(はやせ)です。
Img_3408
栓を抜くと、果実系の香りを少し感じます。器に注いだお酒は、うっすらと黄緑色系の色合いです。

いつもの様に一口目は冷蔵庫でキンキンに冷やした状態で。少し堅めの口当たりです。口に含むと、旨味に続いて酸味が口中にゆるりと拡がります。呑み込むと酸味とお酒の辛さが口中に残ります。何となく尖った印象です。

二口目、旨味が少し出てきました。尖った印象が和らいで、呑み易くなりました。チョイと苦味もありますかね。

口中で転がすと、酸味が拡がって果実様な香りが鼻腔を抜けていきます。また、お酒の辛さも増してきました。室内に置いて少し温ませると、口当たりが少し柔らかくなって旨味が前面に出てきました。

ただ辛いだけのお酒ではなく、旨味と酸味を十分に感じることができます。

開栓後はほぼ1週間置きに呑んでましたが、味わいに大きな変化は感じませんでした。

食事中に呑む事が多く、魚料理との相性が良かったです。鱸の粕漬け焼と合わせた時は、料理の味が引き立って食も呑みも進みましたねぇ。

今回いただいたお酒は、2016年に開催された伊勢志摩サミットに於いて、晩餐会の食中酒として供されたそうです。辛口ですが旨味や酸味などお酒の味わいを感じつつも、料理の味も引き立ててくれる食中酒向きのお酒でした。


瀧自慢 辛口純米 滝水流
  醸造元:瀧自慢酒造株式会社(三重県名張市)
  原料米:麹米:三重 山田錦,掛米:富山 五百万石,精米歩合:60%
  アルコール度数:15度,日本酒度:+10
  酵母:蔵内自家培養酵母,酸度:1.4,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年12月
  購入場所:髙原商店,価格:2,450円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2021/01/24

家呑み-天鷹 辛口特別純米 しぼりたて生酒

初めていただいたお酒です。栃木県大田原市にある天鷹酒造株式会社の「天鷹(てんたか)」特別純米酒のしぼりたて生酒です。原料米は蔵元のWebsiteによると、「五百万石」と栃木県産の「あさひの夢」が使われているようです。
Img_3403
抜栓すると上立ち香は殆ど感じません。少し山吹色系の色合いをしたお酒です。

先ずは冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目。堅めの口当たりです。柑橘系を思わせる酸味が主張しています。呑み込むと旨味とお酒の辛さに加えて若干の苦味を感じた後に、辛さが口中に残ります。

口中で転がすと、酸味がより前に出てきてお酒の辛さは一歩引いた感じになりました。温んでくると口当たりが少し柔らかくなった他、辛さも控え目になりました。

ただお酒の辛さのみ出ているのでは無く、酸味や旨味なども感じさせる味わいです。

開栓後はほぼ1週間置きに呑んでましたが、口当たりは固さが取れてきて酸味や旨味を程よく感じつつ、お酒の辛さもある味わいになってきました。

食実中に呑むと、料理の味も感じながらお酒の味わいも楽しんでました。春菊の辛子和えやぬか漬けなどと相性がよかったですねぇ。

今回いただいたしぼりたての生酒はフレッシュ感も感じるのですが、どこか落ち着きのあるチョイと年齢を重ねた大人の印象のお酒でした。


天鷹 辛口特別純米 しぼりたて生酒
  醸造元:天鷹酒造株式会社(栃木県大田原市)
  原料米:五百万石,あさひの夢,精米歩合:60%
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年11月
  購入場所:三ツ矢酒店,価格:2,500円+消費税(1800ml)
  ※原料米は蔵元Websiteから転記


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2021/01/17

家呑み-笑四季 Sensation BLUE

外呑みで時々いただいてますが、家呑みしたのは初めてになります。滋賀県甲賀市の笑四季酒造株式会社が醸す「笑四季(えみしき)」Sensation BLUEで、火入れされているお酒です。精米歩合より純米大吟醸クラスのお酒ですね。原料米ですがネットで調べてみると、滋賀県産の酒造好適米「越神楽(こしかぐら)」が使われているようです。
Img_3398
栓を抜くと、熟成香っぽい香りが注ぎ口からうっすらと立ち上がります。器に注いだお酒は、少し黄緑色系の色合いです。

冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目。口当たりは少しキリッとしています。口に含むとチョイと旨味を感じてから、果実系の柔らかい酸味が拡がります。やや遅れてお酒の辛さも感じます。呑み込むと酸味が口中に残ります。

口中で転がすと、果実系の香りが鼻腔を抜けてから少々苦味を感じます。室内に置いて温ませると、酸味が一歩後退して旨味が出てきました。

所謂純米大吟醸酒にしては、味が強めの印象です。6号酵母を使用しているからでしょうか?個人的には、キンキンに冷えた状態の味わいが好みです。

開栓後はほぼ1週間置きに呑んでいましたが、味わいに大きな変化は無かったのものの最初に感じた固さは徐々に薄れてきました。

食後に呑む事が多かったのですが、食中酒としては鰺の刺身と合わせた際は、味の旨味が引き立ちましてねぇ。

やや強めですが柔らかい酸味が楽しめるお酒でした。


笑四季 Sensation BLUE
  醸造元:笑四季酒造株式会社(滋賀県甲賀市)
  原料米:滋賀県産米,精米歩合:50%
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載無し
  酵母:K6系自社酵母,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年4月
  購入場所:宮田酒店,価格:2,550円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2021/01/10

家呑み-大信州 ヒカリサス 其ノ弐

2021年もダラダラと不定期に酒呑みの感想を書いていきます。長野県松本市にある大信州酒造株式会社の「大信州(だいしんしゅう)」の限定販売酒です。このお酒は、出品純米大吟醸クラスから辛口特別純米酒クラスまで全ての仕込みを試験仕込みし、ブレンドしたお酒との事です。
Img_3394
抜栓すると、果実系の香りを少し感じます。無色透明なお酒です。

一口目は冷蔵庫でキンキンに冷やした状態で。やや柔らかい口当たりです。口に含むと先ず旨味を感じ、奥から果実系の酸味が現れます。呑み込むと酸味が口中に残りますが、ほんのチョイと苦味も感じます。

口中で転がすと、酸味が拡がって果実系の香りが鼻腔を抜けていきます。室内に置いて温ませると、口当たりがさらに柔らかくなって旨味が前に出てきました。

柔らかい酸味と旨味が程よく混じり合って、優しい印象のお酒です。食事と合わせ易いと思います。

開栓後はほぼ1週間置きに呑んでいましたが、味わいに大きな変化はありませんでした。

食事中に呑む事が多く、鱸の切り身でアクアパッツァを作った際は、白ワイン代わりにこのお酒を呑みましたが、料理との相性がよかったですねぇ。

このお酒は果実香に柔らかい酸味と旨味による優しい味わいが、呑み終わるまで大きく変わること無く、味わいが安定していました。尚、原料米ですが、ネットで調べてみると長野県産の「ひとごごち」が使われているようです。日本酒のブレンド酒をいただくことはあまりないのですが、酒質が安定していて味わいがアチキ好みでしたら、こういうお酒も有りかなと思いました。


大信州 ヒカリサス 其ノ弐
  醸造元:大信州酒造株式会社(長野県松本市)
  原料米:国産米,精米歩合: 記載無し
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年11月
  購入場所:髙原商店,価格:2,700円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ