« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020/11/29

家呑み-南 特別純米酒 中取り無濾過

前回に続いて高知県のお酒を取り上げます。高知県安芸郡安田町にある有限会社南酒造場の「南(みなみ)」特別純米酒です。
Img_3366
開栓すると、吟醸香がうっすらと感じます。器に注いだお酒は無色透明です。

一口目は冷蔵庫でキンキンに冷やした状態で。滑らかな口当たりです。口に含むと、旨味が口中に拡がり、遅れて柑橘系の酸味を少々感じます。呑み込むと旨味よりも酸味の方が残ります。嫌な雑味がありません。

口中で転がすと、酸味を感じた後に旨味が出てきます。加えてほんのチョイと渋味もあり、これが味わいのアクセントになっています。室内に置いて温ませると、味わいが円くなりました。

味わいに派手さはなく、お酒の味が静かに浸透していく感じです。優しい味わいなので、食中酒に向いていると思います。

開栓後はほぼ1週間置きに呑んでましたが、旨味主体の味わいに変わり酸味は味の引き立て役になりました。

食事中に呑む事が多く、オリーブぶりの刺身や蒸し野菜などと相性がよくて食事も呑みも進みました。

開栓時とその後では味に若干変化がありましたが、優しい印象は一貫していました。呑んでいるとどこかホッとした気分になるお酒でした。


南 特別純米酒 中取り無濾過
  醸造元:有限会社南酒造場(高知県安芸郡安田町)
  原料米:愛媛県産松山三井,精米歩合:60%
  アルコール度数:17度,日本酒度:0.0
  酵母:高知酵母,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年9月
  購入場所:髙原商店,価格:2,600円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2020/11/22

家呑み-安芸虎 朝日 純米吟醸

久しぶりに高知県のお酒を取り上げます。高知県安芸市の有限会社有光酒造場の「安芸虎(あきとら)」純米吟醸です。酒米は岡山県産の「朝日」が使われてます。
Img_3355
栓を抜くと、華やかな香りをうっすらと感じます。器に注いだお酒は無色透明です。

先ずは冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目。キリッとした口当たりです。口に含むと果実様で柔らかい酸味が口中に拡がって、後から旨味をほんのりと感じます。呑み込んだ後は酸味が残りますが、それもスッと消えてゆきます。キレがありますねぇ。

口中で転がすと酸味がより強調されますが、少し堅い印象になります。室内に置いて少し温ませると、旨味が前に出てきてチョイと円やかな味わいになりました。

柔らかい酸味が主体の味わいですが、アチキには程よい濃さでキレもあるので、食事中に口中をスッキリさせた時に呑みたくなります。

開栓後はほぼ1週間置きに呑んでましたが、口当たりが少し柔らかくなった他は味わいの傾向に変化は感じませんでした。

帆立貝柱や湯引きした黒むつの刺身などと合わせた時は、食が進みました。今回は試しませんでしたが、少しこってりした料理にも合うかもしれません。

「安芸虎」は何度かいただいた事がありますが、酒米に「朝日」を使用したお酒は初めてでした。このお酒だけで「朝日」で造られたお酒の特徴は判断できませんが、酸味が程よく出ていて呑み疲れしにくい印象のお酒でした。


安芸虎 朝日 純米吟醸
  醸造元:有限会社有光酒造場(高知県安芸市)
  原料米:朝日,精米歩合:60%
  アルコール度数:15.5%,日本酒度:0.0
  酵母:記載無し,酸度:1.6,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年9月
  購入場所:はせがわ酒店グランスタ店,価格:2,700円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2020/11/15

家呑み-寒菊 電照菊 純米大吟醸 山田錦50 超限定無濾過生原酒

千葉県山武市の蔵元合資会社寒菊銘醸が醸す生酒「寒菊(かんぎく)」シリーズの秋の限定酒「電照菊(でんしょうぎく)」純米大吟醸無濾過生原酒です。
Img_3348
栓を抜くと、穏やかな香が注ぎ口から立ち上がります。無色透明なお酒です。

一口目は冷蔵庫でキンキンに冷やした状態で。少しキリッとした口当たりです。口に含むと果物を思わせる酸味と旨味がジュワッと拡がります。少し遅れて甘味も感じます。また、舌上にピリピリとした感触もあります。呑み込むと旨味が残りますが、いつまでも残るわけでなくスッと消えます。

口中で転がすと、酸味と旨味が増します。温んでくると酸味は一歩下がって旨味が前に出てきました。

酸味と旨味が主張しすぎず、程よく混じり合っていてジューシーな味わいです。

開栓してから3,4日後に再び呑んでみましたが、口当たりが柔らかくなり舌上に感じたピリピリ感はありませんでした。また、味わいに大きな変化はありませんでした。その後ほぼ1週間置きに呑んでましたが、味わいの傾向は同じでした。

もっぱら食後に呑む事が多かったですねぇ。好きな音楽を聴きつつ、お酒の味を楽しみながらゆるりと呑んでました。

ここの蔵元のお酒をいただくのは、多分初めてだと思います。開栓時から味わいはほぼ変わらず、呑んでいてどこか優しく感じるお酒でした。


寒菊 電照菊 純米大吟醸 山田錦50 超限定無濾過生原酒
  醸造元:合資会社寒菊銘醸(千葉県山武市)
  原料米:山田錦,精米歩合:50%
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年10月
  購入場所:髙原商店,価格:3,100円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2020/11/08

家呑み-水鳥記 特別純米 ひやおろし

初めていただくお酒です。宮城県気仙沼市の蔵元株式会社角星の「水鳥記(みずとりき)」特別純米ひやおろしです。
Img_3346
栓を抜くと、うっすらとした吟醸香を感じます。無色透明なお酒です。

いつもの様に冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目。滑らかな口当たりです。口に含むとメロンに似た酸味と旨味を感じた後にほんのチョイと苦味があって、この苦味が味わいのアクセントになっています。呑み込むと旨味と酸味が暫く残り、静かに消えてゆきます。

口中で転がすと、爽やかな香りが鼻腔を抜けていきます。室内に置いて少し温んでくると、旨味が前に出てきます。

旨味と酸味の調和が取れていて、味の濃さも程よく呑み疲れしない味わいです。

開栓後はほぼ1週間置きに呑んでましたが、味わいの傾向は殆ど変わりませんでした。開栓時にチョイとあった苦味は、いつの間にか感じなくなりました。

食事と合わせても楽しめると思いますが、アチキは食後に呑む事が多かったです。秋の夜長にこのお酒でゆるりとした時間を過ごす、なんて事をしていました。

秋のお酒のお手本といった味わいでした。いつか、ここの蔵元の別のお酒も呑んでみたいと思います。


水鳥記 特別純米 ひやおろし
  醸造元:株式会社角星(宮城県気仙沼市)
  原料米:蔵の華,精米歩合:55%
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年8月
  購入場所:宮田酒店,価格:2,700円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ