« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020/08/30

家呑み-花の香 純米吟醸 九號生酛 菊花

拙ブログで初めて熊本県のお酒を取り上げます。熊本県玉名郡和水町の花の香酒造株式会社の「花の香(はなのか)」純米吟醸 菊花です。生酛造りのお酒で、酵母は熊本9号酵母を使用しています。
Img_3277
開栓すると、注ぎ口からほんのりと吟醸香が香ります。無色透明なお酒です。

冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目、穏やかな口当たりです。口に含むとパインの様な酸味が主でジューシーな味わいです。呑み込んだ後も、ジューシーさが暫く口中に残ります。

口中で転がすと、酸味が増して華やかな香りが鼻腔を抜けていきました。温んでもパイン風の酸味に旨味が出てきました。また、コクの様なものも感じます。

生酛のお酒ですが、味がキツくなくて呑み易い方だと思います。食事に合わせるよりは、食後に一息つきたい時に呑みたい味わいです。

開栓してから1週間後に再び呑んでみると、ジューシーさが弱くなって少し落ち着いてきた印象でした。その後は4日から1週間おきに呑んでましたが、味わいの傾向に変化はありませんでした。

蔵元のWebsiteを見ると、仕込水は勿論のこと酵母やお米も地元熊本産に拘っているようです。ラベルには原料米の品種が書いてませんでしたが、調べてみると熊本県産の山田錦を使っているようです。

生酛のお酒というと、以前は味が濃くて酸味が強いという印象がありましたが、最近は程よい味の濃さで呑み易いお酒に出会うことが多くなりました。今回呑んだお酒もそういったお酒で、生酛故の味わいを楽しみながら食後に呑んでました。


花の香 純米吟醸 九號生酛 菊花
  醸造元:花の香酒造株式会社(熊本県玉名郡和水町)
  原料米:米(熊本県産),精米歩合:麹米:50%,掛米:60%
  アルコール度数:15度,日本酒度:記載無し
  酵母:熊本9号酵母,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年6月
  購入場所:宮田酒店,価格:2,570円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2020/08/23

家呑み-上喜元 純米吟醸 月夜

山形県酒田市の蔵元、酒田酒造株式会社の「上喜元(じょうきげん)」の夏酒、純米吟醸 月夜です。
Img_3263

栓を抜くと、フルーティーな上立ち香が注ぎ口から漂います。器に注いだお酒は無色透明です。

いつもの様に一口目は冷蔵庫でキンキンに冷やした状態で、滑らかな口当たりです。口に含むとメロンの様な旨味に酸味、そして甘味を感じます。呑み込むと柔らかい酸味と旨味がしぱらく口中に残ります。

口中で転がすと、酸味が少し前に出てきました。室内に置いて温ませると、旨味主体の味わいに変わってきました。

呑み易いお酒です。冷えている状態では、食前酒向きの味わいかなと思いましたが、温んで旨味主体の味わいでは食事中にいただくのもありでしょう。アルコール度数は低めですが水っぽくなく、程よく味が出ています。

開栓後はほぼ1週間おきに呑んでましたが、メロン様な味わいは変わらずですが少しずつ旨味が前に出てきた様に感じました。

食事時に呑む事が多かったのですが、〆鯖と合わせた際は食事も呑みも進みましたねぇ。

「上喜元」を家呑みしたのはこのお酒が3回目で、ほぼ4年振りでした。前回呑んだのは秋あがりのお酒でしたが、今回同様呑み易いお酒の印象でした。他の造りのお酒も呑み易いイメージがあるので、ここの蔵元さんの造りの特徴なのかもしれません。

酷暑が続く中でこのお酒を呑むことによって、一時的にも涼を得る事ができました。


上喜元 純米吟醸 月夜
  醸造元:酒田酒造株式会社(山形県酒田市)
  原料米:麹米:富山県山田錦,掛米:秋田県吟の精,精米歩合:55%
  アルコール度数:13度,日本酒度:+1
  酵母:記載無し,酸度:1.9,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年7月
  購入場所:髙原商店,価格:2,500円+消費税(1800ml)
  ※原料米,日本酒度,酸度は酒販店Websiteより転記


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2020/08/16

家呑み-無想 心静 辛口純米吟醸生原酒

前回ガツンとくるお酒の記事でしたので、再び夏向けのお酒を。新潟県の北端に位置する村上市の蔵元、大洋酒造株式会社の限定酒、「無想(むそう)」辛口純米吟醸生原酒です。
Img_3264
抜栓すると、注ぎ口から吟醸香がうっすらと漂います。器に注いだお酒は無色透明です。

冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目、キリッとした口当たりです。少しシュワシュワとした感触にサイダーの様な酸味とお酒の辛味を感じた後に、旨味が口中に拡がります。呑み込むと旨味が口中に残りますが、それもスーッと消えます。キレがありますねぇ。

口中で転がすと、酸味が増してジューシーな味わいになりました。お酒の辛さも健在です。温んでくるとお酒の辛さは消えて、旨味に加えて甘味も感じます。

冷えている状態ではキレがあって爽やかな味わいですが、お酒の温度が上がると旨味主体の味わいに変化します。呑み進めていくに従って味わいの変化を楽しむのも一興かと思います。

開栓から1週間後に再び呑んでみるとシュワシュワ感は薄まりましたが、味わいに大きな変化はありませんでした。その後も味わいは殆ど変わりませんでした。

冷えている状態では食前酒に向いているかなと思いました。温んで旨味主体の味わいでは食中酒向きで、蒸した野菜をレモン醤油に浸けて食べた後に呑むと野菜の味わいがより引き立って、食事が楽しくなりました。

濃すぎずまた水っぽくもないアチキにとっては程よい味わいでした。温度差による味わいの変化を楽しんでいました。「無想」は通年酒ではなく、季節毎に造りを微妙に変えて出しているようです。機会があったら他の季節のお酒も呑んでみたいですねぇ。


無想 心静 辛口純米吟醸生原酒
  醸造元:大洋酒造株式会社(新潟県村上市)
  原料米:岩船産 越淡麗,精米歩合:55%
  アルコール度数:15度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年6月
  購入場所:三ツ矢酒店,価格:2,727円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2020/08/09

家呑み-信濃錦 天墜 特別純米生原酒

夏向きの爽やかなお酒の家呑みが続いたので、趣向を変えてしっかりとした辛口のお酒をば。長野県伊那市にある合資会社宮島酒店の「信濃錦(しなのにしき」の特別純米 生原酒「天墜(てんおつ」、H30BYの2年古酒です。
Img_3259
栓を抜くと、熟成した香りがほんのりと感じます。器に注いだお酒は、薄く黄色系の色合い、女郎花(おみなえし)が近いでしょうか。

いつもの様に一口目は冷蔵庫でキンキンに冷やした状態で、やや固めの口当たりです。口に含むと、お酒の辛さとカカオ風の酸味を伴った旨味を直ぐさま感じます。また、干し草の様な熟成香が鼻腔を抜けていきます。呑み込んだ後も、旨味とお酒の辛さが口中に残ります。

口中で転がすと、お酒の辛さがより出てきました。室内に置いて温ませると、口当たりが少し柔らかくなって旨味や熟成感が増してきました。

ガツンとした味わいです。旨味がありながらお酒の辛さも前面に出ていて、加えて2年寝かせた熟成感が味わいに複雑さを与えています。

開栓後はほぼ1週間置きに呑んでいましたが、味わいの変化は殆ど感じませんでした。鱧の湯引きと合わせた時は、料理とお酒の双方の旨味が引き立ってて楽しかったですねぇ。

「信濃錦 天墜」は、1x年前に荻窪某所で初めていただきました。端麗な辛口とは違って、ガツンとくる味わいがくせになって、何度もいただいていました。今回、久しぶりに呑みましたが、骨太な印象は変わらず最初口にした時は、チョイと懐かしさもありました。

万人受けする味わいではなく、ガツン系の味を楽しみたい方向けのお酒です。アチキはこういうお酒も好きです。


信濃錦 天墜 特別純米生原酒 H30BY
  醸造元:合資会社宮島酒店(長野県伊那市)
  原料米:長野県上伊那産 美山錦,精米歩合:61%
  アルコール度数:19%,日本酒度:+12
  酵母:記載無し,酸度:2.0,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年5月
  購入場所:髙原商店,価格:2,760円+消費税(1800ml)
  ※日本酒度と酸度は蔵元Websiteより転記


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2020/08/02

家呑み-来福 純米吟醸 夏の酒

茨城県筑西市にある来福酒造株式会社の「来福(らいふく)」純米吟醸 夏の酒です。
Img_3250
栓を抜くと、少し華やかな上立ち香を感じます。無色透明なお酒です。

先ずは冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目、口当たりは滑らかで、お酒を口に含むとメロンの様な酸味と旨味そして仄かに甘味を感じます。呑み込んだ後も旨味が口中にしばしの間残ります。

味が濃すぎず、呑んでいて爽やかな印象を与えてくれます。また、多く呑んでも呑み疲れしにくいかな、とも思いました。あくまで個人的な感想ですが。

口中で転がすと、メロンの様な酸味と旨味が主張してきました。温んでくると旨味と甘味中心の、優しい味わいになりました。

料理とも合わせやすいと思います。封開けの日は、伊佐木のお刺身や小松菜とシメジのわさび和え等を食べながら呑んでましたが、料理とお酒の相性が良かったですねぇ。

開栓後はほぼ1週間置きに呑んでいましたが、味わいの変化は殆ど感じませんでした。水っぽくなくお酒の味が程よく出ているので、食事中に呑む事が多かったです。

「来福」と言えば酵母に花酵母を使用しているのがお酒造りの特色ですが、今回いただいた夏酒はネットで調べてみると、しゃくなげの花酵母を使っているようです。やはりネットで調べましたが、原料米は兵庫県産の渡船だそうです。

開栓時から吞み終えるまで、終始爽やかな夏向けの食中酒でした。


来福 純米吟醸 夏の酒
  醸造元:来福酒造株式会社(茨城県筑西市)
  原料米:国産米,精米歩合:55%
  アルコール度数:15度,日本酒度:記載無し
  酵母:東農大分離株,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年5月
  購入場所:宮田酒店,価格:2,695円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ