« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020/07/21

家呑み-赤武 AKABU 純米 夏霞

うすにごりの夏酒です。岩手県盛岡市にある赤武酒造株式会社の「AKABU」純米 夏霞です。
Img_3248
開栓する前に瓶を静かに逆さまにして澱を均一にします。栓を抜くと、果実系の香りを少し感じます。器に注いだお酒は澱が舞って、うっすらと白みがかっています。

いつもの様に一口目は冷蔵庫でキンキンに冷やした状態で、滑らかな口当たりです。口に含むとお米の旨味を感じた後に、カルピス?ヨーグルト?の様な酸味がジュワッと拡がります。呑み込むと酸味が暫く口中に残ります。

旨味や酸味はちゃんと感じますが重たくなく、軽やかでさらりとした印象です。

口中で転がすと、酸味がより出てくるほかにコクの様なものも少し感じます。室内に置いて温ませると、旨味が前に出てきました。この味わいですと、少々濃い味付けの料理(例えば鰻の蒲焼きなど)にも負けないかと思います。

開栓後はほぼ1週間置きに呑んでいましたが、味わいの変化は殆ど感じませんでした。冷えている時は酸味が主張していて温むと旨味が出てくる、お酒の温度による味わいの変化を楽しんでました。この季節は直ぐに温みますからねぇ。

「AKABU」は3,4年位前から時々呑む機会がありましたが、今回いただいた純米夏霞は多分初めてのお酒です。ネットで調べると、酒米には岩手県産の「吟ぎんが」が使われているようです。梅雨時の蒸し暑い日に呑むと、心地よい爽やかさを運んでくれたお酒でした。


赤武 AKABU 純米 夏霞
  醸造元:赤武酒造株式会社(岩手県盛岡市)
  原料米:国産米,精米歩合:60%
  アルコール度数:15度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年5月
  購入場所:髙原商店,価格:2,600円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2020/07/11

家呑み-手取川 夏 純米辛口

石川県白山市にある株式会社吉田酒造店の「手取川(てどりがわ)」夏 純米酒 辛口です。一回火入れの無濾過原酒です。
Img_3226
栓を抜くと、少し華やかな上立ち香を感じます。無色透明なお酒です。

冷蔵庫でキンキンに冷やした状態での一口目、滑らかな口当たりです。口に含むと舌上にピリピリとしたガス感がします。メロンの様な少し甘味伴った酸味から、旨味を感じます。呑み込んだ後も、旨味や酸味が口中に残ります。

口中で転がすと酸味が強調されました。室内において温ませると、ピリピリ感は無くなって旨味と甘味が出てきました。

爽やかでジューシーな味わいです。食事の途中で口中をサッパリとしたい時に、このお酒を呑むといいかもしれません。

開栓後はほぼ1週間置きに呑んでいましたが、爽やかな印象は変わらずですが、ピリピリとしたガス感は無くなってジューシーさも薄まりました。少しお酒の辛さを感じることもありました。

大抵食中時に呑む事が多く鱧の湯引きに合わせた時は、お酒の爽やかさを感じた後に鱧の旨味が口中に拡がってきて、食事が楽しかったですねぇ。

呑み終えるまで爽やかな味わいは変わらず、夏場に呑みたくなるお酒でした。尚、ラベルに描かれているのは、蔵元の横を流れる蛍川とほんのり明かりをともしている蛍。味覚だけでなく視覚でも夏らしさを感じさせてくれました。


手取川 夏 純米辛口
  醸造元:株式会社吉田酒造店(石川県白山市)
  原料米:麹米:山田錦,掛米:五百万石,精米歩合:麹米50%,掛米60%
  アルコール度数:15度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年5月
  購入場所:三ツ矢酒店,価格:2,700円+消費税(1800ml)
  ※原料米は蔵元Websiteから転記


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ