« 家呑み-雪の茅舎 純米吟醸 生酒 | トップページ | 家呑み-菱湖 純米吟醸 無濾過生 »

2020/04/22

家呑み-白鴻 辛口純米酒65 黒ラベル 生原酒

おそらく初めていただくお酒です。広島県呉市にある盛川酒造株式会社の「白鴻(はくこう)」辛口純米酒の生原酒です。
Img_3155
開栓すると上立ち香は殆ど感じません。器に注いだお酒は無色です。

先ずは冷蔵庫で充分冷やした状態で一口目、少しキリッとした口当たりです。口に含むと直ぐさま酸味が口中に拡がり、遅れて旨味とお酒の辛さを感じます。いやな雑味はありません。呑み込むと、お酒の辛さと酸味が口中に残ります。

口中で転がすと、酸味を感じた後にバナナの様な香りが鼻腔を抜けてゆきます。室内において少し温ませると、口当たりが滑らかになって旨味が出てきました。

酸味と旨味を程よく感じられますが、お酒の辛さもあってややドライな印象のお酒です。食事に合わせやすそうだなとも感じました。和食は勿論のこと、チーズを使った料理などと合うかもしれません。

その後はほぼ1週間置きに呑んでいましたが、味わいに大きな変化はありませんでした。

開栓時に感じた温度帯と味わいの違いが気になって、久しぶりにお燗に点けてみました。

20℃位(所謂冷や)……冷酒よりも香りが高くなり、旨味が主体の味わいになりました。チョイと苦味も出てきました。
30℃前後(日向燗)……口当たりが柔らかくなりました。旨味と酸味が出てきて、苦味は冷やよりも弱まりました。
35℃前後(人肌燗)……旨味がより前に出てきました。これまでよりも呑み易くなりました。
40℃前後(ぬる燗)……やはり旨味主体の味わいですが、口当たりがより円やかになりました。なんだか暖まる味わいです。
45℃前後(上燗)……人肌燗よりも酸味が少し出てきました。呑み易い味わいです。
50℃前後(熱燗)……酸味がさらに前に出てきました。旨味も程よく感じられます。
55℃前後(飛びきり燗)……優しい味わいですが、酸味が前面に出て主張しています。
燗冷まし(20℃位)……旨味主体の味わいですが、少し固さ、辛さが戻りました。お燗を味わうと、少し物足りなさも感じます。

お燗では温度帯によって味わいに変化がありました。低めの温度帯では旨味主体の味わいだったのが、温度を上げると酸味が段々と前に出てきました。味わいの好みは人それぞれでしょうが、アチキはぬる燗が最も好みで次いで人肌燗でした。先にも書きましたが、この辺りの温度帯では、呑んでいて身も心も暖まりました。

どの温度帯でも酸味や旨味、辛さや苦味などが過度に主張すること無く、「程よく」感じられるお酒でした。様々な温度帯で試して、自分の好みの味わいを探すのが楽しかったですねぇ。


白鴻 辛口純米酒65 黒ラベル 生原酒
  醸造元:盛川酒造株式会社(広島県呉市)
  原料米:広島県産八反錦, 精米歩合:65%
  アルコール度数:17度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年2月
  購入場所:三ツ矢酒店,価格:2,900円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

« 家呑み-雪の茅舎 純米吟醸 生酒 | トップページ | 家呑み-菱湖 純米吟醸 無濾過生 »

お酒」カテゴリの記事

家呑み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家呑み-雪の茅舎 純米吟醸 生酒 | トップページ | 家呑み-菱湖 純米吟醸 無濾過生 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ