« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020/04/29

家呑み-菱湖 純米吟醸 無濾過生

久しぶり(8年振り!!)に新潟県のお酒を家呑みしました。新潟県新潟市の老舗蔵元峰乃白梅酒造株式会社の限定流通酒「菱湖(りょうこ)」純米吟醸 無濾過生酒です。酒米は山形県産の出羽燦々が使われています。
Img_3168
栓を抜くと、柔らかくて少し華やかな香りが漂います。無色透明なお酒です。

冷蔵庫で充分冷やした状態での一口目、滑らかな口当たりです。舌上にピリピリとしたガス感を少し感じ、メロンを思わせる酸味にほんのチョイと甘味を伴った旨味が口中に拡がります。呑み込むと旨味が残りますが、いつまでも残ること無くスッと消えていきます。

口中で転がすと、酸味が前に出てきました。室内において少し温ませると、ピリピリ感は無くなり旨味がより強調されました。僅かですが苦味を感じました。

優しい印象のお酒です。旨味が味わいの中心にあって、それを酸味やほんのチョイとの甘味が味を引き立てています。

開栓してから1週間後に再び呑みましたが、開栓時に感じたピリピリ感はしませんでした。それ以外に味わいの変化は感じられず、その後も味わいが変わることはありませんでした。

料理それもお刺身と合わせることが多く、初鰹や関アジ、イワシクジラのどれもと相性が良くて、食事が楽しかったですねぇ。

淡麗辛口ではなく荒々しさや尖った感じもありません。呑んでいると、その優しい味わいに身も心も緩んできてリラックスさせてくれるお酒でした。


菱湖 純米吟醸 無濾過生
  醸造元:峰乃白梅酒造株式会社(新潟県新潟市)
  原料米:出羽燦々, 精米歩合:60%
  アルコール度数:16度,日本酒度:+2
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年1月
  購入場所:髙原商店,価格:3,000円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2020/04/22

家呑み-白鴻 辛口純米酒65 黒ラベル 生原酒

おそらく初めていただくお酒です。広島県呉市にある盛川酒造株式会社の「白鴻(はくこう)」辛口純米酒の生原酒です。
Img_3155
開栓すると上立ち香は殆ど感じません。器に注いだお酒は無色です。

先ずは冷蔵庫で充分冷やした状態で一口目、少しキリッとした口当たりです。口に含むと直ぐさま酸味が口中に拡がり、遅れて旨味とお酒の辛さを感じます。いやな雑味はありません。呑み込むと、お酒の辛さと酸味が口中に残ります。

口中で転がすと、酸味を感じた後にバナナの様な香りが鼻腔を抜けてゆきます。室内において少し温ませると、口当たりが滑らかになって旨味が出てきました。

酸味と旨味を程よく感じられますが、お酒の辛さもあってややドライな印象のお酒です。食事に合わせやすそうだなとも感じました。和食は勿論のこと、チーズを使った料理などと合うかもしれません。

その後はほぼ1週間置きに呑んでいましたが、味わいに大きな変化はありませんでした。

開栓時に感じた温度帯と味わいの違いが気になって、久しぶりにお燗に点けてみました。

20℃位(所謂冷や)……冷酒よりも香りが高くなり、旨味が主体の味わいになりました。チョイと苦味も出てきました。
30℃前後(日向燗)……口当たりが柔らかくなりました。旨味と酸味が出てきて、苦味は冷やよりも弱まりました。
35℃前後(人肌燗)……旨味がより前に出てきました。これまでよりも呑み易くなりました。
40℃前後(ぬる燗)……やはり旨味主体の味わいですが、口当たりがより円やかになりました。なんだか暖まる味わいです。
45℃前後(上燗)……人肌燗よりも酸味が少し出てきました。呑み易い味わいです。
50℃前後(熱燗)……酸味がさらに前に出てきました。旨味も程よく感じられます。
55℃前後(飛びきり燗)……優しい味わいですが、酸味が前面に出て主張しています。
燗冷まし(20℃位)……旨味主体の味わいですが、少し固さ、辛さが戻りました。お燗を味わうと、少し物足りなさも感じます。

お燗では温度帯によって味わいに変化がありました。低めの温度帯では旨味主体の味わいだったのが、温度を上げると酸味が段々と前に出てきました。味わいの好みは人それぞれでしょうが、アチキはぬる燗が最も好みで次いで人肌燗でした。先にも書きましたが、この辺りの温度帯では、呑んでいて身も心も暖まりました。

どの温度帯でも酸味や旨味、辛さや苦味などが過度に主張すること無く、「程よく」感じられるお酒でした。様々な温度帯で試して、自分の好みの味わいを探すのが楽しかったですねぇ。


白鴻 辛口純米酒65 黒ラベル 生原酒
  醸造元:盛川酒造株式会社(広島県呉市)
  原料米:広島県産八反錦, 精米歩合:65%
  アルコール度数:17度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2020年2月
  購入場所:三ツ矢酒店,価格:2,900円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2020/04/05

家呑み-雪の茅舎 純米吟醸 生酒

好きな銘柄の一つですが、家呑みしたのは実に3年半ぶりです。秋田県由利本荘市の株式会社齋彌酒造店の「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)」純米吟醸 新酒生酒。酒米は秋田酒こまちと山田錦が使われています。
Img_3151
開栓して感じる上立ち香は果実香でややはっきりと感じます。器に注いだお酒は無色透明です。

以下、贔屓目で書きますのでご容赦を。
いつもの様に一口目は冷蔵庫で充分冷やした状態で、口当たりは柔らかく、口に含むとお米の旨味と柔らかい酸味を感じます。ほんのチョイと甘味もありますかね。呑み込むと旨味と酸味が暫し口中に残ります。

口中で転がすと、酸味を伴った旨味がより拡がります。温んでくると旨味が前に出てきて、何となくメロンの味わいを想像しました。

旨味と酸味を程よく感じさせて、口当たりも柔らかくて呑み易いお酒です。料理にも合わせやすいですし、食後にまったりと呑むのも一興でしょう。

開栓してからはほぼ1週間置きに呑んでいましたが、味わいに大きな変化はありませんでした。造りが安定してるからでしょうか。食事と併せて呑んだ時は、初鰹のお刺身との相性がよく食と呑みが進みました~(^o~)

好きな銘柄のお酒なので、止められずついつい呑んでしまいます。器が空いたら又次のお酒を注いで呑んだくれているアチキがそこにいました。やっぱ美味しいわ。


雪の茅舎 純米吟醸 生酒
  醸造元:株式会社齋彌酒造店(秋田県由利本荘市)
  原料米:あきた酒こまち,山田錦, 精米歩合:55%
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載なし
  酵母:自社酵母,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2019年12月
  購入場所:高橋商店,価格:2,800円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ