« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020/02/23

家呑み-春霞 純米酒 赤ラベル 生

家呑みするのは初めてのお酒です。秋田県のお酒「春霞(はるかすみ)」純米酒 生酒です。蔵元は秋田県仙北郡美郷町の合名会社栗林酒造店です。
Img_3115
栓を抜くと感じる上立ち香は、うっすらとした吟醸香です。無色透明なお酒です。

先ずは冷蔵庫で充分冷やした状態での一口目、滑らかな口当たりです。柑橘系の酸味の後から、お米の旨味を感じます。ジューシーな味わいです。呑み込むと酸味が後味として残りますが、それもゆっくりと消えていきます。

口中で転がすと酸味がより拡がります。少し温んでくると、口当たりがより柔らかくなって旨味も少し出てきました。

味の濃さが程よくお酒単体で呑んでも楽しめますが、料理に合わせて呑んでも面白いと思います。実際、生牡蠣を食べながら呑んだ時は、牡蠣の旨味がより強調されました。また、蒸し野菜に柚子味噌や粗塩を添えて食べた後に呑んだ際は、野菜の味がより引き立つのを感じました。

開栓から数日後に再び呑んでみましたが、開栓時よりも旨味が少し出てきた様に感じました。その後は1週間から10日置きに呑んでいましたが、味わいに大きな変化はありませんでした。

食中酒として呑む事が多く、魚料理や野菜料理に肉料理と様々な料理に合わせて呑んでいました。お酒が料理の味を引き立ててくれるので、食も呑みも進みました(^o^)

新酒ですが派手な味わいではなく、どこか落ち着き感のあるお酒でした。様々な料理と合わせることができて、食事が楽しくなりました。


春霞 純米酒 赤ラベル 生
  醸造元:合名会社栗林酒造店(秋田県仙北郡美郷町)
  原料米:秋田県産美郷錦, 精米歩合:麹米:50%,掛米:60%
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2019年12月
  購入場所:宮田酒店,価格:2,500円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2020/02/11

家呑み-原田 特別純米酒 にごり酒 雪だるまラベル

2020年の元旦から呑んでいるお酒です。山口県周南市にある株式会社はつもみぢの「原田(はらだ)」の特別純米酒にごり酒です。
Img_3095
冷蔵庫で充分冷えた状態だと澱が酒瓶の底部に沈んでいるので、静かに瓶を逆さまにし澱を均一にしてから開栓します。上立ち香は余り感じません。少しとろっとしたお酒は当然ながら乳白色をしています。

一口目、ソフトな口当たりです。口中に含むと先ずは少しばかり甘味を伴った旨味が感じます。さらにヨーグルト風な酸味もほんのチョイとあります。呑み込んだ後も旨味がしばし残ります。

口中で転がすと酸味が仄かに拡がりますが、お米の旨味の主張も強まります。室内において温ませると、やはりお米の旨味がより出てきます。

嫌な雑味は無く、お米の旨味を充分に感じるお酒です。お節料理やお雑煮など、正月の料理と併せていただいても違和感はありませんでした。

元旦に開栓してから2.3日経つと、ヨーグルト風な酸味がほんの少し出てきた様に感じました。その後はほぼ1週間置きに呑んでいましたが、味わいは殆ど変わらず、旨味主体の味わいを酸味が脇で引き立てていました。

にごり酒の中には甘味が強くて料理と合わせるよりも食前や食後に呑みたくなるのもあるのですが、このお酒は料理との相性もよく、食と呑みが進みました。

真冬の時期(といっても2020年は暖冬ですが(^_^;)だけの限定酒、お米の旨味をしっかりと味わうことができるお酒でした。


原田 特別純米酒 にごり酒 雪だるまラベル
  醸造元:株式会社はつもみぢ(山口県周南市)
  原料米:山田錦, 精米歩合:60%
  アルコール度数:18度,日本酒度:-4
  酵母:記載無し,酸度:1.7,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2019年12月
  購入場所:髙原商店,価格:2,800円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ