« 家呑み-江戸開城 純米吟醸 原酒 | トップページ | 演奏会のご案内(2019/11/17) ~UDトラックス吹奏楽部第52回定期演奏会~ »

2019/10/22

家呑み-寿喜心 純米吟醸 雄町 ひやおろし

2019年に呑んでいる秋のお酒の一酒です。愛媛県西条市にある首藤酒造株式会社の「寿喜心(すきごころ)」純米吟醸ひやおろしです。酒米は雄町が使われています。銘柄の「喜」ですが本来は草書体(十と七を二つ)なのですが、ネット上では表示できない事もあるので、ここでは「喜」を使います。
Img_2998
抜栓した際に立ち上る上立ち香は、優しいフルーツ系の香りです。器に注いだお酒は。ほんのうっすらと黄色味がかっています。

先ずは冷蔵庫で充分冷やした状態での一口目、滑らかな口当たりです。程よい濃さの旨味を感じた後に、柔らかい酸味が出てきます。ほんのり甘味も感じます。呑み込むと旨味と酸味が暫く口中に残ります。

口中で転がすと、旨味がチョイと前に出てきて、心地よい香りが鼻腔を抜けていきます。室内において温ませると、酸味が薄まって旨味が出てきました。

優しい味わいだな、封開けで戴いた時の第一印象です。味の濃さも程よく、呑み易いです。和食には合うかと思いますが、食中酒よりは食後のまったりした時に月夜を眺めながらゆるりと呑みたくなりました。(できなかったけど...)

開栓後はほぼ一週間置きに呑んでいましたが、味わいに大きな変化は無く、旨味と柔らかい酸味が相まった優しい味わいでした。やっぱり食後に呑んでましたねぇ。

あくまで個人的な感想ですが、繰り返し書いている様に食後向きなお酒だと思います。せかせかと速いペースで大量に呑むのではなく、器に注いだ一杯をゆっくりと呑んでお酒の味を楽しみたい味わいでした。

お酒のラベルですが、今までは銘柄の「寿喜心」を毛筆で書いたものでしたが、今年令和元年8月から写真のラベルに変更したそうです。以前のラベルも好きでしたが、新しくなったラベルは柔らかい印象を受けますので、今回いただいたお酒の味わいに合っているなと思いました。


寿喜心 純米吟醸 雄町 ひやおろし
  醸造元:首藤酒造株式会社(愛知県西条市)
  原料米:雄町, 精米歩合: 55%
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2019年8月
  購入場所:髙原商店,価格:2,871円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 家呑み-江戸開城 純米吟醸 原酒 | トップページ | 演奏会のご案内(2019/11/17) ~UDトラックス吹奏楽部第52回定期演奏会~ »

お酒」カテゴリの記事

家呑み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家呑み-江戸開城 純米吟醸 原酒 | トップページ | 演奏会のご案内(2019/11/17) ~UDトラックス吹奏楽部第52回定期演奏会~ »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ