« 家呑み-長陽福娘 山田錦純米酒ライト | トップページ | 家呑み-江戸開城 純米吟醸 原酒 »

2019/09/25

家呑み-吉田蔵 純米酒

石川県白山市にある株式会社吉田酒造店の限定品になります「吉田蔵(よしだくら)」純米酒です。
Img_2973
栓を抜くと、心地よい吟醸香が漂います。ほんの少し黄緑がかった色合いのお酒です。

一口目は冷蔵庫で充分冷やした状態で、少しキリッとした口当たりです。先ずふくよかな旨味を感じ、その後から酸味が出てきます。バナナを思わせる味わいです。呑み込むと舌上に酸味が残ります。

口中で転がすと旨味が前に出てきますが、少し苦味も出てきました。室内において温ませると、酸味は薄まり旨味主体の味わいになりました。温んだ状態ては鰹のたたきとの相性が良かったですねぇ。

キンキンに冷えた状態では酸味がチョイと強いのですが温むと旨味が前に出てきますので、お酒の温度で味わいの違いを楽しむことができます。

開栓後はほぼ一週間置きに呑んでいましたが、酸味が少しずつ薄まって旨味主体の味わいに変わってきました。開栓から3週間ほど経つと、熟成感も少し感じました。1ヶ月過ぎると味わいは落ち着いてきました。

お米の旨味が充分出ていて呑み応えある味わいでした。食中酒として和食に合わせて呑むと、食との呑みが進むかもしれません。お酒の温度帯によって味わいに違いがあるので、今回は試しませんでしたがお燗につけたらどうなるか、いつかやってみたいと思います。

「吉田蔵」は2018年に造りをリニューアルしたそうで、地酒本来の姿を追求し、地元石川県産のお米と酵母を使用しているそうです。お酒本来の味を追求しているな、呑んでいてそう感じました。上から目線で失礼しました。


吉田蔵 純米酒
  醸造元:株式会社吉田酒造店(石川県白山市)
  原料米:五百万石, 精米歩合: 60%
  アルコール度数:15度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2019年5月
  購入場所:髙原商店,価格:2,200円+消費税(1800ml)
  ※原料米は蔵元Websiteから転記


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 家呑み-長陽福娘 山田錦純米酒ライト | トップページ | 家呑み-江戸開城 純米吟醸 原酒 »

お酒」カテゴリの記事

家呑み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家呑み-長陽福娘 山田錦純米酒ライト | トップページ | 家呑み-江戸開城 純米吟醸 原酒 »

フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ