« 家呑み-ゆきの美人 純米吟醸 夏しぼりたて生酒 | トップページ | 家呑み-長陽福娘 山田錦純米酒ライト »

2019/09/07

家呑み-るみ子の酒 純米酒 無濾過生 29BY

久しぶりに呑んだお酒です。三重県伊賀市にある合名会社森喜酒造場の「るみ子の酒(るみこのさけ)」の夏酒です。表ラベルは純米酒無濾過生と書いてありますが、裏ラベルを見ると、無濾過あらばしり生原酒に加水してアルコール度数を14%にまで低くしているそうです。んでもって29BYですから、1年熟成させてから出荷したお酒になりますね。
Img_2946栓を抜くと、若干の上立ち香を感じます。お酒は少し黄色味がかった色です。

冷蔵庫で充分冷やした状態での一口目、少しキリッとした口当たりで、お酒を口に含むと豊かな酸味と旨味を感じます。呑み込むと、口中に酸味が残ってゆっくりと消えていきます。

口中で転がすと、少しお酒の辛さが出てきました。室内において温ませると、旨味が前に出てきてほんのり甘味も感じます。

加水して低めのアルコール度数ですが、水っぽくなくお酒の味を充分味わえます。冷酒と温んだ状態では味わいに違いがあるので、味わいの変化も楽しめます。

開栓後から数日後に呑んでみたところ、冷えていると熟成香の様な香りが口中に拡がり、味わいに少し変化が出てきました。温むと甘味を伴った旨味主体になるのは開栓時とほぼ変わらずです。

その後はほぼ一週間おきにいただいていましたが、冷えている時は熟成香と酸味主体の味わいで、温むと甘味を伴う旨味はほぼ同じでした。2020年の夏にいただいていた夏酒では最も味が強かったので、食事に合わせるよりは、食後にゆるりと呑む事が多かったです。冷酒と温んだ状態での味わいの変化を楽しんでいました。

このお酒をいただいたのは6年振りで、当時も感想を拙Blogに書いてました。
 家呑み-るみ子の酒 純米酒 無濾過 生 24BY
6年前と違うのは、今年いただいたお酒は1年熟成させている事。当時の感想を読むと、軽やかな印象のお酒でしたが、今年いただいたお酒は熟成感もあって味が充分出ていました。1年おいたお酒を夏酒として出すなんて、なんて楽しい「お遊び」をしてるんでしょう(^o^)


るみ子の酒 純米酒 無濾過生 29BY
  醸造元:合名会社森喜酒造場(三重県伊賀市)
  原料米:酒母米,麹米:徳島県産山田錦, 掛米:長野ひとごこち, 精米歩合: 60%
  アルコール度数:14%,日本酒度:+8
  酵母:協会9号,酸度:1.5,アミノ酸度:1.0
  杜氏:豊本理恵
  製造年月:2019年5月
  購入場所:髙原商店,価格:2,650円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 家呑み-ゆきの美人 純米吟醸 夏しぼりたて生酒 | トップページ | 家呑み-長陽福娘 山田錦純米酒ライト »

お酒」カテゴリの記事

家呑み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家呑み-ゆきの美人 純米吟醸 夏しぼりたて生酒 | トップページ | 家呑み-長陽福娘 山田錦純米酒ライト »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ