« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019/07/22

家呑み-うごのつき 涼風 純米吟醸

広島県呉市の相原酒造株式会社が醸す「雨後の月(うごのつき)」の夏の限定酒です。 
Img_2913
栓を抜くと、柔らかい感じの上立ち香が仄かに漂います。無色透明なお酒です。

先ずは冷蔵庫で充分冷やした状態での一口目、キリッとした口当たりです。口に含むとジューシーでライチかパインを思わせる酸味とうっすらと甘味を感じます。呑み込むとジューシーさが暫く口中に残ります。

口中で転がすと、お酒の辛さが少し出てきます。室内において温んでくると、口当たりがソフトになって旨味が少し出てきます。チョイと味が濃くなったかも。

冷えた状態ではジューシーな味わいに際立っていますが、少し経つと味が落ち着いてきて印象が変わるのが、呑んでいて楽しくなります。温んでくると感じるお酒の辛さが、味を引き締めています。

開栓後はほぼ1週間毎に呑んでいましたが、味わいに大きな変化は感じられませんでした。安定してますねぇ。

呑むと口中をスッキリさせてくれますので、食事と併せたり食後に呑む事が多かったです。鰹のたたき併せた時は、鰹を炙った香ばしさや旨味がより強調されて、食事も呑みもすすみました(^o^)。

アルコール度数が15度なので、無濾過生原酒等を呑み進めると感じる呑み疲れの様なものは、アチキは感じませんでした。呑んでいて一服の涼を感じさせるお酒でした。

うごのつき 涼風 純米吟醸
  醸造元:相原酒造株式会社(広島県呉市)
  原料米:麹米:山田錦. 掛米:八反錦, 精米歩合:55%
  アルコール度数:15度,日本酒度:+5
  酵母:協会901号,酸度:1.5,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2019年5月
  購入場所:はせがわ酒店グランスタ店,価格:2,800円+消費税(1800ml)
  ※原料米,日本酒度,酵母,酸度は蔵元Websiteから転記


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2019/07/13

家呑み-繁桝 純米大吟醸 夏に夢る雪 にごり

2019年に呑んでいた夏酒の1酒です。福岡県八女市にある株式会社高橋商店の「繁桝(しげます)」純米大吟醸のにごり酒です。「夢る」と書いて「みる」と読むそうです。 
Img_2928
開栓する前に瓶を逆さまにして澱を均一にします。栓を抜くと、ほんの少し甘い香りが漂います。澱を均一にしたお酒は白く濁っていますが、少し透明感も感じます。

いつもの様に冷蔵庫で充分冷やした状態での一口目、少しふわっとした口当たりです。口に含むと旨味を感じますが、少し甘味もあります。その奥から酸味も出てきます。呑み込むと旨味がスーッと消えた後に酸味が口中に残ります。

口中で転がすと旨味がより前面に出てきますが、ほんのり苦味も感じます。室内において温ませると、香りが少し出てきます。旨味と酸味のバランスがアチキ好みになりました。

派手さはありませんが、お米の旨味を充分に感じられる他、酸味や甘味もあって呑み易いお酒です。

開栓してからはほぼ1週間毎に呑んでいましたが、味わいの傾向が変わることはありませんでした。口に含む際に感じるふわっとした感覚が、淡雪を連想させてくれます。

呑みやすいお酒ですので、場面を選ばすいただけると思います。白身魚(ほうぼう)のお刺身や生しらすと合わせた時は相性が良く、食事もお酒も楽しくいただきました。

初夏から梅雨へと季節が移り蒸し暑さを感じる頃、淡雪を思わせるこのお酒をいただくと、一服の涼を得られた様に感じました。夏のにごり酒というもの乙なものです。

繁桝 純米大吟醸 夏に夢る雪 にごり
  醸造元:株式会社高橋商店(福岡県八女市)
  原料米:夢一献米, 精米歩合:50%
  アルコール度数:16度以上17度未満,日本酒度:-2~0
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2019年4月
  購入場所:髙原商店,価格:2,450円+消費税(1800ml)
  ※原料米と日本酒度は蔵元Websiteから転記


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ