« アホなWindows update | トップページ | 家呑み-赤武 AKABU 純米酒 »

2017/07/15

家呑み-長龍 四季咲 竹笋生 純米吟醸 無濾過生原酒 露葉風

4月から呑んでいたお酒の感想を今頃書きます。奈良県葛城郡広陵町の長龍酒造株式会社が醸す「長龍(ちょうりゅう)」の季節品で、「四季咲 竹笋生(しきざき ちくじゅんしょう)」です。

Img_1983
抜栓した時の上立ち香は穏やかな吟醸香、お酒の色合いはほぼ無色です。

冷蔵庫で十分冷やした状態での一口目。滑らから口当たりで、柑橘系の酸味とお米の旨味が混じりあったジューシーな味わいです。呑み込むと後味として酸味が残りますが、さっぱりしてします。

口中で転がすと酸味が引き立ちます。温んでくると、味が少し薄まって落ち着いてきた感じになります。

ジューシーさが際立つ味わいですが後味はさっぱりとしているので、少し汗ばむ初夏にいただくと心地よかったです。

その後1週間から10日置き程度に呑んでいましたが、ジューシーさや酸味は少しずつ納まってきて、旨味が前面に出てきました。徐々に落ち着いてきた感じです。

開栓から約1ヶ月程経つと、味わいの変化を殆ど感じなくなり安定してきました。呑み始めは食後や食前酒に向いているかなと思い主に食後に呑んでいましたが、味が落ち着いてくると料理(和食)に合わせる事が多くなりました。

「長龍」の「四季咲」シリーズは、厳寒期に丁寧に限定醸造したお酒を低温瓶貯蔵し、季節ごとに美しく花を咲かせるように、一年を通じて最良の状態でお届けするというコンセプトのお酒です。販売時期の季節に合わせて7種類あるそうです。今回いただいた「竹笋生」は、晩春から初夏にいただくのに相応しい、爽やかな味わいのお酒でした。このシリーズで違う季節のお酒も呑んでみたくなりました。

長龍 四季咲 竹笋生 純米吟醸 無濾過生原酒 露葉風
  醸造元:長龍酒造株式会社(奈良県葛城郡広陵町)
  原料米:露葉風,精米歩合:55%
  アルコール度数:16度以上17度未満,日本酒度:+1.0
  酵母:記載無し,酸度:1.7,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2017年3月
  購入場所:三ツ矢酒店,価格:3,000円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« アホなWindows update | トップページ | 家呑み-赤武 AKABU 純米酒 »

お酒」カテゴリの記事

家呑み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家呑み-長龍 四季咲 竹笋生 純米吟醸 無濾過生原酒 露葉風:

« アホなWindows update | トップページ | 家呑み-赤武 AKABU 純米酒 »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ