« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017/04/15

家呑み-川鶴 特別純米 限定生原酒 Wisdom~継承~

香川県観音寺市にある川鶴酒造株式会社の「川鶴(かわつる)」特別純米 限定生原酒です。

Img_1866
呑み始めはいつもの様に冷蔵庫で充分冷やしてから。栓を抜くとフローラル系の香りがします。うっすらと黄緑色がかった色合いです。

では一口目、滑らかな口当たりです。初めに酸味を感じた後に旨味が口中に拡がります。何となくメロンの様な味わいです。呑み込むと旨味が口中に残りますが、消えてゆくのも早いです。

二口目、今度は酸味主体の味わいになりました。少しガス感の様なものも感じます。以後は酸味主体の味わいでした。チョイと空気に触れただけで、味わいが微妙に変化するんですねぇ。

口中で転がすと酸味が拡がりますが、奥から若干苦味が出てきます。室内において少し温ませると、再び旨味主体の味わいになり酸味は味の引き立て役に移りました。

お酒の置かれている状況で、味わいが微妙に変化していきました。好みの味わいを見つけるのも一興でしょう。

このお酒も、開栓後は1週間から10日間隔で呑んでいましたが、旨味が段々強まってコクの様なものも出てきました。味がしつこくないので、様々な料理やおつまみと合わせて呑んでいました。最近だと初鰹のお刺身をいただきながら呑んだ時は、味わいが絶妙で楽しかったですねぇ。

「川鶴」を家呑み用に購入したのは今回が初めてです。過去に外呑みでいただいたのは5年も前の事でしたから、本当に久しぶりに呑みました。生原酒故、開栓してから日が経つにつれて味わいが変わっていきましたが、料理の邪魔をしない味わいは一貫していました。

蔵元のWeb Siteを拝見すると、今期H28酒造年度から造りの体制を変えたとの事。新しい体制で初めての造られたお酒でしたが、美味しくいただきました。今後、造りや味わいがどう「継承」されて、どう変わっていくのか、注目したいと思います。

川鶴 特別純米 限定生原酒 Wisdom~継承~
  醸造元:川鶴酒造株式会社(香川県観音寺市)
  原料米:麹米:山田錦 掛米:オオセト,精米歩合:麹米50%, 掛米55%
  アルコール度数:17度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2017年2月
  購入場所:髙原商店,価格:2,750円+消費税(1800ml)
  ※原料米は酒販店Web Siteから転記


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2017/04/14

今日の東京タワー(2017/4/14)

今日は暖かな春の陽気でした。
職場近くから見える東京タワーもいい眺めでした。
Img_1978

夜のライトアップはランドマークライト
Img_1980
こちらもいい眺めでした。

こんな景色を見られるのもあと何回ですかねぇ。

2017/04/11

2017年の荻窪界隈の夜桜

東京ではソメイヨシノがそろそろ散り始め、今日は「桜雨」の一日でした。
この時期、あちこちから「桜便り」が届いていますが、アチキはと言うと今年はゆっくりと桜を眺める時間が無く、「花散らし」なんか夢またの夢といったところでしょうか。
そんな忙しい中で見た荻窪界隈の夜桜を何枚か。

荻窪駅北口駅前広場の桜、多分彼岸桜かと思います。
Img_1957
開花がソメイヨシノよりも早くかなり長く見ることができますが、植わっているのがタクシー待機場にあるので、近づけないのがチョイと難点。
この桜はx年前に昼間撮影し、記事にしていました。

こちらは、某ビル裏手の明治天皇御休息所跡にあるソメイヨシノ。
Img_1964
結構年月が経っていると思われ、立派な樹です。
こちらも過去に何回か記事にしています。
今回は撮影しませんでしたが、ここから荻窪駅よりにあるコンビニの側のソメイヨシノも綺麗でしたねぇ。

そして、荻窪某所で見た桜;p
萩の鶴
この時期、桜をあしらったラベルのお酒をよく見かけます。
このお酒も美味しゅうございました(^_^)

2017/04/02

家呑み-白露垂珠 純米吟醸 無濾過本生 おりがらみ 雪ほのか

4月になって陽気は春めいてきましたが、「雪」の文字を銘に使用したお酒の感想です。山形県鶴岡市の竹の露合資会社が醸す「白露垂珠(はくろすいしゅ)」の純米吟醸おりがらみ「雪ほのか」です。

Img_1847
抜栓する前に冷蔵庫で充分冷やした瓶を逆さまにして澱を均一にします。少し甘めの上立ち香がします。澱の割合はさほど多くなく、うっすらと白みがかった色合いです。

一口目、酸味が前面に出てきて旨味は引き立て役です。うすにごりですが済んだ味わいで、スーッと体に浸みていきます。呑み込んだ後は、後味が口中に少しの間残ります。

口中で転がすと旨味と酸味が少し出てきます。室内において少し温ませると、やはり旨味が出てきました。食中酒として呑んでもいいかもしれません。

酸味主体ですが、派手さは無くしっとりした味わいです。足跡一つ無い雪景色の様な印象です。白身魚のお刺身など淡泊な味の料理と合わせて呑むと、どちらの味が引き立てられて食事が楽しかったです。

開栓後は1週間から10日間隔で呑んでいましたが、味わいに大きな変化は無く酸味主体が吞み終えるまで続いてました。食中酒として呑む事もあれば、食後にまどろみながら呑む事もありました。

銘柄の「雪」を感じさせる優しい味わいで、呑んでいて気持ちが安らぐお酒でした。

白露垂珠 純米吟醸 無濾過本生 おりがらみ 雪ほのか
  醸造元:竹の露合資会社(山形県鶴岡市)
  原料米:掛米:出羽燦々,麹米:美山錦,精米歩合:60%
  アルコール度数:15.5度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2016年12月
  購入場所:髙原商店,価格:2,500円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ