« 今日の東京タワー(2017/4/14) | トップページ | 家呑み-加賀鳶 純米吟醸 あらばしり生酒 »

2017/04/15

家呑み-川鶴 特別純米 限定生原酒 Wisdom~継承~

香川県観音寺市にある川鶴酒造株式会社の「川鶴(かわつる)」特別純米 限定生原酒です。

Img_1866
呑み始めはいつもの様に冷蔵庫で充分冷やしてから。栓を抜くとフローラル系の香りがします。うっすらと黄緑色がかった色合いです。

では一口目、滑らかな口当たりです。初めに酸味を感じた後に旨味が口中に拡がります。何となくメロンの様な味わいです。呑み込むと旨味が口中に残りますが、消えてゆくのも早いです。

二口目、今度は酸味主体の味わいになりました。少しガス感の様なものも感じます。以後は酸味主体の味わいでした。チョイと空気に触れただけで、味わいが微妙に変化するんですねぇ。

口中で転がすと酸味が拡がりますが、奥から若干苦味が出てきます。室内において少し温ませると、再び旨味主体の味わいになり酸味は味の引き立て役に移りました。

お酒の置かれている状況で、味わいが微妙に変化していきました。好みの味わいを見つけるのも一興でしょう。

このお酒も、開栓後は1週間から10日間隔で呑んでいましたが、旨味が段々強まってコクの様なものも出てきました。味がしつこくないので、様々な料理やおつまみと合わせて呑んでいました。最近だと初鰹のお刺身をいただきながら呑んだ時は、味わいが絶妙で楽しかったですねぇ。

「川鶴」を家呑み用に購入したのは今回が初めてです。過去に外呑みでいただいたのは5年も前の事でしたから、本当に久しぶりに呑みました。生原酒故、開栓してから日が経つにつれて味わいが変わっていきましたが、料理の邪魔をしない味わいは一貫していました。

蔵元のWeb Siteを拝見すると、今期H28酒造年度から造りの体制を変えたとの事。新しい体制で初めての造られたお酒でしたが、美味しくいただきました。今後、造りや味わいがどう「継承」されて、どう変わっていくのか、注目したいと思います。

川鶴 特別純米 限定生原酒 Wisdom~継承~
  醸造元:川鶴酒造株式会社(香川県観音寺市)
  原料米:麹米:山田錦 掛米:オオセト,精米歩合:麹米50%, 掛米55%
  アルコール度数:17度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2017年2月
  購入場所:髙原商店,価格:2,750円+消費税(1800ml)
  ※原料米は酒販店Web Siteから転記


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 今日の東京タワー(2017/4/14) | トップページ | 家呑み-加賀鳶 純米吟醸 あらばしり生酒 »

お酒」カテゴリの記事

家呑み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家呑み-川鶴 特別純米 限定生原酒 Wisdom~継承~:

« 今日の東京タワー(2017/4/14) | トップページ | 家呑み-加賀鳶 純米吟醸 あらばしり生酒 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ