« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017/02/26

前いた楽団の演奏会

ぽっかり時間が空いた日曜日の昼間。
以前所属していた楽団の吹奏楽演奏会を聴きに行きました。

仕事が忙しくて一昨年の夏に休団その後退団したので、かなり久しぶりに足を運びました。しかも吹奏楽定期演奏会を客席で聴いたのはいつ以来でしたかねぇ。

会場はいつもの武蔵野市民文化会館が改修工事で使えなく三多摩方面、初めて訪れたホールでした。

プログラムは2部構成、前半は懐かしいのから最近の吹奏楽オリジナル、後半はポピュラーで今回はヒーローヒロイン特集。

前半の演奏に圧倒されて後半は奏者が楽しんでいるのを感じながら、アチキも楽しい時間を過ごすことができました。

今度聴きに行けるのは何季でしょうかねぇ。
Img_1887


2017/02/24

荻窪着

徹夜明けと列車遅延でようやく荻窪着。
もうこんな時間だから、昼食でも食べるとしましょうか。

かなり疲れている週末のお昼前。

2017/02/13

一人反省会

日付は変わったので昨日ですが、UDトラックス吹奏楽部でチョイと本番がありました。
上尾市民音楽祭 吹奏楽・器楽祭で2曲+開会のファンファーレを演奏。

アチキ自身、練習に中々参加できなかったので、練習不足&会場が乾燥していてリードが乾いちまってかなりヒヤヒヤもんの演奏でした。

んでもって、荻窪に戻ってから鳥もと本店さんで一人反省会してました。
Img_1864
いつもの様に大瓶ビールを呑みながら探偵小説を読みつつ焼き鳥を食べた後は、この季節限定のたこまんま!!

今年は漁の関係で入荷が少し遅れてこの時期に。
それでも今年も美味しゅうございました(^o^)

探偵小説も読みが進んで、読み終えてしまいました。
ここんとこ読んでいたのは、春に放映されるTVドラマの原作。
原作者の傑作と言われている一作ですが、アチキはまだ読んでいませんでしたので、急いで一読。
頁をめくると物語にどんどん引き込まれて、読みが進んでました。面白かったー。

んなこんなで1時間強の一人反省会、今日も楽しく過ごせましたとさ:p


2017/02/07

家呑み-遊穂 純米生原酒おりがらみ ゆうほのしろ H28BY

2017年元日から呑んでいるお酒です。「遊穂(ゆうほ)」の純米生原酒おりがらみ「ゆうほのしろ」です。蔵元は石川県羽昨市の御祖(みおや)酒造株式会社です。

Img_1811
栓をゆっくりと抜くと、シュッとガスが抜ける音がします。おりがらみですので、白を基調とした印象的なラベルに違わない乳白色です。

冷蔵庫で十分冷やしてからの一口目、口に含むとピリリとしたガス感を感じます。お米の旨味を感じてから酸味が後に続きます。呑み込むと酸味が少し残り、静かに消えてゆきます。

口中で転がすと酸味が拡がります。室内において少し温ませると、口当たりがふわっとした感じになり柔らかい酸味が前に出てきました。

お米の旨味と爽やかな酸味のバランスが取れているお酒です。しっかりとお酒の味を感じつつも、発酵起因の炭酸ガスと酸味が爽快感を与えています。

元日に開栓してからは、ほぼ1週間置きに呑んでいました。当然ながらガス感は徐々に薄まりましたが、味わいの変化は殆ど感じません。

おりがらみのお酒ですが酸味よりもお米の旨味を十分に感じられるお酒ですので、比較的濃厚な味付けの料理とも合わせやすいかと思います。

「ゆうほのしろ」は、友人達との宴席などで持ち込んだ際に、多くの方から「美味しい」と言っていただきました。当然ながらアチキも「美味しい」と思うからこそ勧めている訳で、毎年この時期には何処かで呑んでいます。今年も味わいにブレが無く、美味しく頂きました。

遊穂 純米生原酒おりがらみ ゆうほのしろ H28BY
  醸造元:御祖酒造株式会社(石川県羽昨市)
  原料米:能都ひかり75%五百万石25%,精米歩合:55% 60%
  アルコール度数:17度,日本酒度:+6.5
  酵母:記載無し,酸度:2.1,アミノ酸度:記載無し
  杜氏:横道 俊昭(能登杜氏)
  製造年月:2016年12月
  購入場所:髙原商店,価格:2,556円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ