« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017/01/16

何が禁酒の日だ?

何処かで今日は禁酒の日だと言っているらしい。
何でも、1月16日が亜米利加で禁酒法ができた日だからだと。
んなの関係無いね。アチキは呑みたい時に呑む。
今宵は焼き鳥と文庫本を肴に瓶ビール。

誰もアチキの呑みは止められない。

禁酒の日なんか、どっかすっ飛んでけ❗️

2017/01/07

家呑み-来福 純米酒 五百万石 初しぼり

昨年末から呑んでいるお酒です。「来福(らいふく)」の純米酒初しぼりです。蔵元は茨城県筑西市の来福酒造株式会社で、酒米は同じ筑西市の契約農家が栽培した五百万石を使用しています。

Img_1801
栓を抜くと感じる上立ち香は、華やかな吟醸香です。お酒の色合いは、少し黄色がかった色です。

冷蔵庫で充分冷やした状態での一口目、滑らかな口当たりで少しガス感があります。柑橘系の酸味とお米の旨味を感じます。呑み込むと酸味が口中に残り、やがてゆっくりと消えていきます。

口中で転がすと、酸味が強まります。この酸味は少し温んでも出てきました。

雑味の無い奇麗な味わいです。柑橘系の酸味が、新酒ならではのフレッシュ感を感じさせます。アチキはもっぱら食後に呑んでましたが、もしかしたら脂ののった大トロを食べた後の口直しなど合うかも。

開栓から1週間程経つと少し苦味が出てきましたが、味を引き締めていてこれもまた心地よいです。

新酒をお燗につけるとどうなるか、チョイと試してみました。

30℃前後(日向燗)……冷酒よりもふくらみが出てきました。香りも立ち、酸味と旨味が程よく出ています。苦味はありません。
35℃前後(人肌燗)……ふくよかな香りです。旨味の後から酸味を感じます。冷酒とは異なって呑み込むと旨味が残っています。
40℃前後(ぬる燗)……口当たりの滑らかさが増した様な、旨味主体の味わいで呑み易いです。ただ、温度がチョイと下がると酸味が出てくるので、味わいが変わる微妙な温度帯かもしれません。
45℃前後(上燗)……旨味主体の味わいで、酸味は仄かに感じる程度です。和食と合わせても楽しいし、食後にゆるりと呑むのも楽しい味わいです。
50℃前後(熱燗)……味わいの傾向は上燗と同じですが、ふくらみがやや増した様に思いました。
55℃前後(飛びきり燗)……スパッと竹を割った様なキレが何故か出てきました。旨口の味わいですが、チョイと室内においただけで酸味が出てきます。微妙な温度変化で味わいが変わります。
燗冷まし(20℃位)……酸味が前面に出てきます。旨味はお燗につけてた時よりも少なくなってます。アチキの個人的な好みですが、余り多くは呑めないかも。

お酒の温度が上がると、酸味主体から旨味主体の味わいに変わっていきました。器に注いでから少し冷めただけで味わいが変わるところは、試していて面白かったですねぇ。

試した中で最も好みだったのは、上燗でその次は熱燗でした。この辺りだと、食中酒として十分に楽しめると思います。

冷酒での奇麗な感じと、熱めのお燗でのふくよかな旨味と、戴く温度帯で異なる味わいが楽しめるお酒でした。「来福」は外呑みで時たま戴いていますが、このお酒の美味しさを今回改めて味わう事ができました。


来福 純米酒 五百万石 初しぼり
  醸造元:来福酒造株式会社(茨城県筑西市)
  原料米:茨城県産五百万石, 精米歩合:59%
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載無し
  酵母:等農短醸分離株,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2016年11月
  購入場所:宮田酒店,価格:2,400円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ