« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016/11/23

家呑み-石鎚 特別純米 ひやおろし 槽搾り

そろそろ新酒入荷の声が聞こえてきそうですが、まだまだ2016年に呑んでいる冷やおろし・秋上がりのお酒の感想です。「石鎚(いしづち)」特別純米ひやおろし槽搾りです。蔵元は愛媛県西条市の石鎚酒造株式会社です。

Img_1657
開栓すると感じる上立ち香は穏やかな吟醸香です。お酒はチョイと黄緑色がかっています。

冷蔵庫で十分に冷やした状態での一口目、口当たりは円やかで少しとろみを感じます。初めに旨味が出てきて、遅れて酸味を感じます。若干苦味もしますが、味を引き締めるアクセントの様なものです。呑み込むと旨味主体の味わいがゆっくりと消えていきます。

室内にしばし置いて温んでくると旨味がさらに前に出てきますが、少し口当たりが固くなった様に思います。口中で転がすと穀物系の香りと酸味が出てきます。

味は決して濃すぎず程よい感じで、料理を引き立てる味わいです。茸の炊き込みご飯に焼き魚などがお酒と一緒にお膳に上がっていたら、食も呑みもどんどん進んでしまいそうです。

抜栓後はほぼ週1程度で食事中に呑むことが多かったです。味の傾向に大きな変化は無く、旨味が前面に出てきて酸味と苦味が下支えしている様な味わいでした。食事が進んでいったのは、言うまでもありません(^_^)

一度、食後に呑んでみましたが、その時はキリッとしたお酒の辛さを感じました。

呑む場面は、やはり食事中それも和食を戴いている時が適当だと思います。料理の邪魔はしませんが、お酒の味わいもちゃんと主張していました。


石鎚 特別純米 ひやおろし 槽搾り
  醸造元:石鎚酒造株式会社(愛媛県西条市)
  原料米:岡山県産備前雄町21%, 愛媛県産松山三井79%, 精米歩合:備前雄町55%, 松山三井60%
  アルコール度数:16度以上17度未満,日本酒度:+5
  酵母:熊本系自家培養酵母,酸度:1.6,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2016年9月
  購入場所:中川商店,価格:2,800円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2016/11/14

家呑み-るみ子の酒 純米酒 伊勢錦 秋上がり

このお酒も2016年の冷やおろし・秋上がりのお酒です。「るみ子の酒(るみこのさけ」純米酒 秋上がりです。蔵元は三重県伊賀市の合名会社森喜酒造場です。酒米は、伊賀産の三重錦を96%、徳島産山田錦を6%の割合で使用しているとの事です。

Img_1593
開栓すると上立ち香は殆ど感じません。お酒の色合いは少し色づいた黄緑色系です。

冷蔵庫で充分冷やした状態での一口目、キリッとした口当たりです。ヨーグルトの様な酸味とナッツの様な香りにほんのりと甘味、そしてふくよかな旨味を感じます。呑み込むと少し遅れて苦味が心地よく味を引き締めてくれます。

地に足がついていて、落ち着いた印象のお酒です。熟成感がありますねぇ。暖かい和食、例えば旬のお魚の塩焼き、肉じゃがやおでん等も合いそうです。

口中で転がすと、ナッツの様な香りが引き立ちますが、少し苦味も出てきます。温んでくると開栓時よりもさらに落ち着いてきて、旨味がゆっくりと体に染みこんでゆく感じでした。

海戦後は4,5日程度置いて呑んでいましたが、味わいの傾向は殆ど変わりませんでした。安定してますねぇ。

このお酒はお燗でも楽しめるのでは?、と思い、呑み始めてからしばらく後、お燗も試してみました。

30℃前後(日向燗)……試すの忘れてしまった(-_-)
35℃前後(人肌燗)……旨味を感じた後から酸味が出てきました。呑み易い味わいです。
40℃前後(ぬる燗)……これも旨味主体です。少しふっくらとした口当たりになり、さらに呑み易くなりました。どんな場面でも合わせやすそうな味わいです。
45℃前後(上燗)……味わいはぬる燗と同じですが、人によっては敬遠しそうなえぐ味も無く、何倍でも呑んでしまいそうです。
50℃前後(熱燗)……味わいの傾向が少し変わり、穀物系(麦??)の香りが出てきました。若干苦味も出てきましたが、これはこれで楽しいかもしれません。
55℃前後(飛びきり燗)……また味わいが変わり、柑橘系の酸味を感じた後に穀物系の香りに旨味がしてきました。
燗冷まし(20℃位)……熟成した感じがまた戻ってきましたが、けれん味が無くなって呑み易くなりました。

お燗にすると、温度帯によって味わいにも変化が出てきたので、面白かったです。今回試した中で最もアチキ好みだったのは、上燗でした。お燗でも和食と合いそうな味わいに感じました。

アチキにとっては食中酒として呑むことが多かったです。秋の味覚に舌鼓を打ちながらこのお酒を呑む、何とも至福な一時でした。

「るみ子の酒」は好きな銘柄の一つです。拙ブログの家呑み記事に取り上げるのも、これが4回目です。今回もこの銘柄の特徴だと思っています、ふくよかな旨味を存分に楽しむことができました。


るみ子の酒 純米酒 伊勢錦無秋上がり
  醸造元:合名会社森喜酒造場(三重県伊賀市)
  原料米:伊勢錦・山田錦, 精米歩合:60%
  アルコール度数:15%,日本酒度:+10
  酵母:協会9号,酸度:1.4,アミノ酸度:1.2
  製造年月:2016年8月
  購入場所:髙原商店,価格:2,650円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2016/11/13

あれ?デジャヴュ?

仕事が休みで夜予定が無い時は、家呑みする事が多い近頃。

今宵も家呑み、録りだめしていた「響け!ユーフォニアム2」を6話分見ながら缶ビールを6本。
Img_1733

アチキはコンクールに出たことは無いけど、一つの本番にかける情熱は共感できます。
ただ音符の通りに演奏するのでは無く、気持ちを込めて演奏するということの大切さ。
誰かの為に演奏するという想い。

そんな熱い想いが映像にも音楽にも表れていたと思います。

なんて事を思いながら番組を楽しんでいたアチキ、チョイとまったりした後、

そして、次のお酒がはじまるのです:p
Img_1734

あれ?デジャヴュ?前にもあったやうな(^^;)

明日も休み、も少し録りだめした番組でも見よっと。

2016/11/05

めたるくらのある風景

UDトラックス吹奏楽部は、先月からイベントでの演奏が続いています。

先々週と今日は、UDトラックス社内でのイベントにて演奏。
演奏場所が屋外という事で、アチキの使用楽器はめたるくら
Img_1723

この楽器を演奏するのは、何年振りかしら。ちゃんと音が出るかチョイと心配しましたが、何とか音は出せました。

木管並クラと並べてみました。
Img_1693
こう見ると、めたるくらの方がずいぶん細いのが判ります。
クラリネットの内径に合わせて作られてるんですね。

UDトラックス吹奏楽部のイベント演奏は、今日で区切り。
めたるくらの活躍も、今日で一区切り。

次使うのはいつになるのでしょうかねぇ。

にしても、今日はチョイと暑かったですねぇ。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ