« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016/10/30

家呑み-上喜元 純米吟醸 おりがらみ 中秋の風花

2016年に呑んでいる冷やおろし・秋上がりのお酒の一つです。山形県酒田市の酒田酒造株式会社が醸す「上喜元(じょうきげん)」純米吟醸おりがらみ 中秋の風花(なかあきのかざはな)です。

Img_1597
抜栓する前に瓶を逆さまにして折りを均一にします。栓を抜くと上品な吟醸香が漂います。おりがらみなので、色合いは乳白色です。

十分に冷えた状態での一口目、やや固めの口当たりです。旨味に続いてフルーティーな酸味、そして少し感じる渋味が味わいのアクセントになっています。呑み込むと酸味がしばし残ってから、スーッと消えていきます。

少し温むと少し丸くなった感触になりました。酸味も柔らかくなり且つ前面に出てきました。口中で転がすと、やはり酸味が強調されます。

冷やおろしなのにおりがらみだからでしょうか、味わいに爽やかさがあります。アルコール度数も14度位と低めなので、すいすいと呑めてしまいます。

その後、数日間隔で呑んでいました。酸味がやや下がって旨味が出てきましたが、爽やかさに陰りはありませんでした。

食事中よりも食後の一息ついた頃にゆるりと呑みたい味わいで、実際そんな場面で呑んでいました。

呑み始めたのがまだまだ暑さが残っていた9月上旬、この頃は爽やかな味わいに涼を感じましたが、それから夜も長くなった頃は月を見上げて呑みたくなりました。できなかったですが(^^;)

冷やおろしなのにおりがらみの一風変わったお酒、爽やかな秋空を思わせる味わいでした。


上喜元 純米吟醸 おりがらみ 中秋の風花
  醸造元:酒田酒造株式会社(山形県酒田市)
  原料米:米(国産), 精米歩合:55%
  アルコール度数:14度~15度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2016年9月
  購入場所:髙原商店,価格:2,600円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2016/10/20

今日の東京タワー(2016/10/20)

快晴で気持ちの良い午後です。
青空に東京タワーは映えます。

このまま一眠りしたい(( _ _ ))..zzzZZ
仕事の休み時間の独り言。

2016/10/10

家呑み-天上夢幻 旨口 特別純米

初めて呑むお酒です。宮城県加美郡の蔵元、株式会社中勇酒造店の「天上夢幻(てんじょうむげん)」旨口特別純米酒です。「夢幻(むげん)」の方が有名かもしれません。

Img_1586
栓を抜き器に注いだほぼ無色透明のお酒からは、少し甘めの香りがしました。

冷蔵庫で十分冷やした状態での一口目、滑らかな口当たりです。先ず感じるのは旨味、遅れて大粒の葡萄の様な酸味です。開栓時は酸味の方がやや強めでした。呑み込むと旨味がしばらくの間、口中に残ります。

少し温むと酸味がより出てきますが、口当たりもさらに柔らかくなりました。口中で転がすと、やはり酸味が出てきて葡萄を思わせる香りが鼻に抜けていきます。

しっかりと味が出ているお酒です。お酒が料理に寄り添うのでは無く、料理の味を引き立てて且つお酒の味わいも堪能できる食中酒向きのお酒てす。肉料理や案外中華料理も合うかもしれません。

開栓から2週間程は味わいの傾向は変わりませんでした。3週間位経つと熟成香の様な香りが少し出てきましたが、不快な香りではありません。

その後、約1ヶ月程で吞み終えましたが、少し熟成香を伴った旨口の味わいに大きな変化はありませんでした。

開栓から呑み干すまで若干変化はありましたが、旨味主体で食中酒向きの味わいは一貫していました。今回は試せなかったのですが、お燗酒でも楽しめたかもしれません。


天上夢幻 旨口 特別純米
  醸造元:株式会社中勇酒造店(宮城県加美郡加美町)
  原料米:米(国産), 精米歩合:60%
  アルコール度数:15度以上16度未満,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2016年7月
  購入場所:宮田酒店,価格:2,400円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2016/10/09

ししとうロシアンルーレット

荻窪の鳥もとさんで呑む時、しばしば注文するのがこちら。
Img_1668
ししとう焼きです。

ピリッとした辛さがたまりません。でも、ごくたまにものすごく辛いのに遭遇します。
それは舌が痛くなるほど辛く、段々と体中が火照ってきて汗が出てきます。
辛さを抑えるため水分(ビールですが)を取りますが、辛さは中々消えてくれません。
涙が出てきそうになります。

こんな辛いししとうに出会う事は滅多に無いのですが、アチキはししとうを頼むのを「ロシアンルーレット」と称して、大辛なししとうに「当たる」のを秘かに楽しんでいます。

先日呑んだ時(上の写真)は、一つ目で久々に「当たり」ました。
ええ、辛かったです。一緒に頼んだつくねの味はあまり覚えていません(^^;)

瓶ビール1本呑み干す頃に、ようやく辛さは治まりました。

悶絶ものの辛さですが、また出会いたくなってます。
ししとうロシアンルーレット、またやってしまいそうです。


《どうでもいい追記》
中原めいこさんの「ロ・ロ・ロ・ロシアンルーレット」は好きだったなぁ。

2016/10/02

快晴!

雲一つない快晴、久し振りです。
いつ以来でせう?

少々暑いけど気持ちのいい「たいくつな午後」です。

2016/10/01

10月1日だから

今日は日本酒の日、てな訳では無いのですが、今日も呑み。

今宵は家呑みでこれからお燗酒。
Img_1659

これまで冷酒でいただいていたお酒。銘柄は内緒。

温めるとどんな風になるのか、期待半分戸惑い半分。

これもお酒の楽しみの一つです。

これからも美味しくて楽しいお酒が呑めますやうに。

お酒の楽しみを教えていただいた方に感謝しつつ、また一献。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ