« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015/10/28

家呑み-雪の茅舎 山廃純米 ひやおろし

家呑みしていた2015年の冷やおろしの一酒です。秋田県由利本荘市にある老舗、株式会社齋彌酒造店の「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)」の山廃純米ひやおろしです。

Img_0878

開栓した直後の上立ち香は柔らかくてリンゴを思わせるような香りです。お酒の色は黄緑色系です。

いつも通り、冷蔵庫で十分冷やしてからの一杯目。滑らかな口当たりです。程良い旨味と仄かに酸味を感じます。山廃のお酒でしばしば感じる強い香りはしません。呑み込むと少しの間味の余韻に浸った後、味わいスーッと消えていきます。

口中で転がすと酸味が少し強調され、若干苦味も感じます。この苦味が心地よいアクセントになっています。室内に置いてお酒が温んでくると、やはり酸味が前面に出てきました。

開栓してから10日ほど経って再度冷酒で呑んでみましたが、味わいに大きな変化はありませんでした。

お燗にするとどうなるか、色々試してみました。

30℃前後(日向燗)……やや酸味が出てきますが、きつくないので呑み易いです。香りは少し飛んでしまったかもしれません。
35℃前後(人肌燗)……口当たりが柔らかく、旨味と酸味の混ざり方がアチキ好みになってきました。
40℃前後(ぬる燗)……まるで綿を触ったような口当たりで、少し旨味も増してきました。
45℃前後(上燗)……易しい旨味が味の主役で酸味はその引き立て役。呑んでいると身体が芯から暖まってきます。秋のお酒ですが、真冬に呑みたい味わいです。
50℃前後(熱燗)……上燗と同様、旨味が味わいの中心です。少しキレが増したかもしれません。
55℃前後(飛びきり燗)……お酒がかなり温まってもお米の旨味を充分に感じます。だれていません。呑んでいて体中が暖まります。それとも呑みすぎか?
燗冷まし(20℃位)……口当たりが柔らかく、旨味と酸味を程良く感じます。一通りお酒を呑んだ後の〆も一献として呑みたくなる易しい味わいです。


冷酒からお燗まで色々な温度帯で呑み比べてみましたが、上燗が最も好みの味わいでした。その次は燗冷ましですね。

柔らかい呑み口と旨味と酸味のバランスが絶妙で、ついつい呑み進めてしまいます。料理と合わせるもよし食後にゆるりと呑むのもよし、様々な場面で呑みたいお酒です。

好きな銘柄のお酒なので、どうしても贔屓目になってしまいました。


雪の茅舎 山廃純米 ひやおろし
  醸造元:株式会社齋彌酒造店(秋田県由利本荘市)
  原料米:米(国産), 精米歩合:65%
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2015年8月
  購入場所:髙原商店,価格:2,300円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2015/10/26

家呑み-大信州 秋の純吟 山田錦

2015年も秋になり、冷やおろしのお酒を外呑みは勿論のこと家呑みでも楽しんでいます。こちらは家呑みしていた冷やおろしのお酒の一酒、長野県の「大信州」純米吟醸です。蔵元は長野県松本市の大信州酒造株式会社です。

大信州 秋の純吟 山田錦

開栓すると、吟醸香がうっすらと漂います。お酒の色は黄緑色系です。

先ずは冷蔵庫で十分冷やしてからいただきます。口当たりは柔らか、旨味が主体の味わいで控えめながら酸味も感じ取れます。呑み込むと少し苦味を感じますが、これが心地よい後味で、その後すーっと消えていきます。口中で転がすと、やや酸味が前面に出てきます。

しっかりとお酒の味を感じますが、食中酒向きのお酒かなと思いました。

実際、戻り鰹の刺身やポン酢醤油味の野菜炒め等やや濃い味の料理と一緒に呑んでても、お酒の味をちゃんと感じつつも料理の味も引き立てていて、この日の食事が楽しかったです。


別の日にお燗に点けて呑んでみました。

30℃前後(日向燗)……香りはうっすら、味が濃くなり、その中でも酸味が少し強くなりました。
35℃前後(人肌燗)……日向燗と比較して酸味がやや弱くなりました。旨味と酸味のバランスがアチキ好みです。食中酒よりは食後に呑みたくなる味わいです。
40℃前後(ぬる燗)……味わいの傾向は人肌燗と変わりませんが、何となく味が練れてきた感じがしました。円くなってきたんでしょうか。
45℃前後(上燗)……口当たりが柔らかくなってきて、ふわっとした感触でした。酸味がより落ち着いてきました。
50℃前後(熱燗)……これまでのお燗酒と打って変わり、酸味が主役の華やかな味わいになりました。
55℃前後(飛びきり燗)……華やかな味わいですが、酸味は少し和らぎ旨味が前に出てきました。
燗冷まし(20℃位)……口当たりは冷酒より柔らかく円やか。冷酒に近い味わいだが、酸味は控えめになって、より呑み易くなりました。

今回も色々な温度帯で呑み比べてみましたが、最も好みの味わいだったのが燗冷ましでした。その次は人肌燗からぬる燗の温度帯でのお燗でした。熱燗以上で味わいに変化が出てきたのも楽しい発見でした。

秋のお酒らしく、口当たりが柔らかくて呑み易いお酒でした。冷えているときは食中酒として、食後にゆるりと呑みたいときはお燗で呑むのが、アチキ流のこのお酒の楽しみ方でした。温度帯によって味わいに変化があるので、好みの温度帯を見つけながら呑み進めるのも楽しいかもしれません。


大信州 秋の純吟 山田錦
  醸造元:大信州酒造株式会社(長野県松本市)
  原料米:播州産山田錦, 精米歩合:55%
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2015年4月(瓶詰め年月), 蔵出年月:2015年9月
  購入場所:髙原商店,価格:2,600円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2015/10/18

Hory、今から奏でるってよ!

UDトラックス吹奏楽部の定期演奏会本番当日、
リハーサルが終わり昼食のお弁当も全部たいらげて
寝るとすっかな、ぢゃなくて本番の準備ですね、はい。









衣装着られるかなぁ、
ぢゃなくて身体を衣装に合わせるんでしたね、はい。

んでは演奏を楽しむとしましょう。

2015/10/09

演奏会のご案内(2015/10/18)~UDトラックス吹奏楽部~

昼間は暖かいのですが、朝晩はだいぶ涼しくなってきました。
そんな秋に毎年開催している、UDトラックス吹奏楽部の演奏会のご案内です。
==============================================================
UDトラックス吹奏楽部 第48回定期演奏会

日 時:2015年10月18日(日) 14:00開演(13:30開場)
場 所:上尾市文化センター大ホール
入場料:300円(小学生以下無料)
交 通:JR上尾駅東口より徒歩約13分, またはバス利用 上尾文化センター前下車
指 揮:石井 敬人(当部講師) 他
曲 目
・歌劇「イーゴリ公」より「だったん人の踊り」/A.ポロディン(M.ハインズレー編)
・スラブ舞曲 作品72第2番/A.ドボルジャーク (平石 博一 編)
・ハンティンドン・セレブレーション/P.スパーク
・トリビュート・トゥ・カウント・ベイシー・オーケストラ/真島 俊夫 編
・スターダスト/H.カーマイケル (P.ヨーダー 編)
・行進曲「秋空に」/上岡 洋一
・ブルー・タンゴ/L.アンダソン

お問い合わせ
 吹奏楽部Web Site:http://www.ud-wind.com/

※駐車場に限りがございますので、ご来場には公共交通機関をご利用下さい。

UDトラックス吹奏楽部は、UDトラックス(株)のグループ社員・吹奏楽愛好者で構成され、定期演奏会の開催や上尾市民音楽祭への参加などの活動をしています。

今年もクラシック音楽の編曲物、吹奏楽オリジナル曲やマーチ、ジャズなど、ヴァラエティに富んだプログラムをお送りします。

アチキは今年も全曲バスクラリネットを担当します。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

2015/10/01

徒然に

アチキが好きな日本酒で、本当にお世話になった方のお通夜でした。
自分は何処の関係者だっけ、ちょっと躊躇してしまいました。

この方に出会っていなければ、こんなにも日本酒を好きにならなかったかもしれません。
楽しく呑み交わせる友人達と出会わなかったかもしれません。

日本酒のことを、色々と教えていただきました。
笑顔が素敵な方でした、特にお孫さんのことを話されている時。
そして、お客様を常に第一に考えていらっしゃる方でした。

楽しい出会いと時間をありがとうございました。


でも、未だ、何処か、現実を受け入れられないアチキがいます。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ