« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015/02/28

家呑み-るみ子のお燗 純米酒 24BY

この冬にお燗酒として呑んでいるお酒です。三重県伊賀市にある合名会社森喜酒造場が醸す「るみ子のお酒」のお燗酒で、「るみ子のお燗」。2014年に仕込んだお酒を熟成させた2年古酒です。

Img_0386
お燗用のお酒と知りつつも開栓直後の一杯目は十分冷やした状態で。注ぎ口から漂う上立ち香は薄めですがスモーキーな香り、 少し山吹色をしたお酒です。

お酒を口に含むとドライフルーツの様な酸味にスモーキーな熟成香が口中に拡がります。如何にも熟成酒、といったパンチの効いた味わいです。呑み込んだ後はしばし後味が残りますが、やがてスーッと消えていきます。

練れてますねぇ。

冷えた状態(恐らく5℃前後の雪冷え状態)ではパンチの効いた味わいなので、チョイと呑み手を選ぶかもしれません。


いよいよお燗に点けて色々試します。

30℃前後(日向燗)……スモーキーな熟成香は薄まり、酸が立ってきました。冷酒の状態よりも呑み易くなりました。
35℃前後(人肌燗)……熟成香は殆ど感じません。酸味も円みを帯び、さらに呑み易くなってきました。
40℃前後(ぬる燗)……ふっくらとした感じになりました。旨味が少し顔を出してきました。
45℃前後(上燗)……酸味は形を潜め、旨味主体の味わいになってきました。料理にあわせやすい味わいに感じました。
50℃前後(熱燗)……おや、再び酸味が出てきました。旨味とのバランスが取れていて、上燗とは違った味わいです。
55℃前後(飛びきり燗)……また旨味主体の味わいになり熟成香も易しく復活。キレもあります。

40℃のぬる燗あたりから味わいの傾向に変化が出てきて、さらに5℃の違いで味わいが変わってきたのは、呑んでいて愉しかったですねぇ。

色々試してみて最も好みだったのは、上燗でした。このお酒を上燗でいただきながら料理を食す、例えば、ホタルイカの酢味噌和え、魚の切り身の粕漬け、塩麹を使った青菜の炒め物、エイヒレや練り物のあぶり焼き等々想像しただけでお腹が空いてきます(^_^;)

冷酒から低い温度帯のお燗では2年寝かしたお酒の熟成香を、高い温度帯のお燗では食中酒として料理のお供にと、その時の気分でお酒の味わいを楽しむ事ができるかと思います。

ここの蔵元のお酒を拙ブログで取り上げるのは、これで3回目です。どのお酒もしっかり腰を据えているような味わいに、いつも楽しくなります。


るみ子の酒 純米酒 るみ子のお燗 24BY
  醸造元:合名会社森喜酒造場(三重県伊賀市)
  原料米:麹米 阿波産山田錦、掛米 信州産ひとごこち, 精米歩合:60%
  アルコール度数:15.2%,日本酒度:+6
  酵母:協会7号酵母,酸度:1.8,アミノ酸度:1.2
  製造年月:2014年10月, 醸造年月:平成24年(2012年)3月
  購入場所:髙原商店,価格:2,650円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2019/9/7追記
 蔵元Websiteのリンク先を修正しました。

2015/02/27

夜勤明けの寄り道

夜勤明けの帰り道。
晴天の中、前夜の雨で使った傘を持ち歩く帰り道。
通り過ぎる人の視線が、傘に向けられているのが何となく気になる帰り道。
お腹が空いて自宅迄我慢しきれずに、荻窪駅を降りてからチョイと寄り道。


昨日オープンした荻窪のSUBWAYにて遅めの朝食。

店舗は都心でたまに見かけるファミリーマートとの共同店舗。
座席は完全分煙で合わせて45席ほど。
場所も1月に閉店したブックセンター荻窪だった所なので、荻窪駅北口を出た青梅街道沿いと駅近。

SUBWAYはファストフードでは好きなお店なので、ようやく荻窪にもできたか〜、といった感じでチョイと嬉しかったりして。

バイトさんのオペレーションはまだぎこちないけど、ま、そのうち慣れるでしょう。

さて、夜勤明けの今日は休みだけど明日も夜勤。
身体を夜型生活のリズムに慣れさせるため、そろそろ眠りに帰るとしましょうか。

帰り道の楽しみが増えました。


おまけ

 跡地が遊技店ぢゃなくてヨカッタヨカッタ(^_^)

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へ

2015/02/19

家呑み-明鏡止水 純米生酒 初しぼり 日本の冬

久々の家呑み備忘録です。2015年の正月から呑んでいるお酒で、長野県佐久市の蔵元、大澤酒造株式会社が醸す「明鏡止水(めいきょうしすい)」の純米生酒です。
Img_0385
開栓すると華やかな香りが漂います。お酒の色味はうっすらとした黄緑色系です。
先ずは冷蔵庫で十分冷やした状態で開栓直後の一口目、旨味主体ですが穏やかな味わいです。口当たりも柔らかく呑み易いです。

このまま穏やかな味わいなのかな、とお節料理やお雑煮を食しながら呑み進めると、次第に酸味が出てきて一口目より濃くなってきました。空気に触れて味が拡がってきた様です。呑み込んだ後もしばらくは味わいが口中に留まっています。

日を改めて呑んでみると、開栓後しばらくしてから感じた味わいから変化はなく、酸味がやや主張しつつも旨味も感じられる柔らかな感じでした。


少なめですがお燗も試してみました。

30℃前後(日向燗)……温度上げすぎて試せず(^_^;
35℃前後(人肌燗)……ここでも温度上げすぎて試せず(T_T)
40℃前後(ぬる燗)……香りは飛んで旨味主体の味わいに苦味が加わりました。呑み込んだ後、喉の奥に味が残る感じがします。
45℃前後(上燗)……苦味は消えて酸味がまた出てきました。ビロードの様な口当たりで呑み易いです。食中酒向きかなと思いました。
50℃前後(熱燗)……酸味より旨味が強めなバランスの味わいです。上立ち香が再び出てきて美味しいです。食後にゆるりと呑みたくなりました。
55℃前後(飛びきり燗)……ここまで温度を上げられず、また未確認(T_T)

5℃の違いで味わいに変化があって呑んでいて楽しかったです。試せた温度帯は少なかったのですが、その中で最もアチキ好みだったのは、上燗でした。


呑み易いお酒だと思います。しぼりたてのお酒が、温度や時間など環境によって味わいがどの様に変わっていくのか、そんなのを楽しむの一興でしょう。


明鏡止水 純米生酒 初しぼり 日本の冬
  醸造元:大澤酒造株式会社(長野県佐久市)
  原料米:長野県産酒造好適米, 精米歩合:60%
  アルコール度数:16度以上17度未満,日本酒度:+4
  酵母:記載無し,酸度:1.5,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2014年12月
  購入場所:髙原商店,価格:2,238円+消費税(1800ml)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2015/02/11

気がつけば11年目

日頃呑んでいるお酒を書き留めるための備忘録代わりに、そして時々は気になったことや趣味の音楽や読書等について書こうかなと、ふと思いついて2005年2月に始めたこのブログ。

気がつけば11年目突入していました。

ここ最近(特に去年)は仕事etcでブログを書く時間さえままならない事もありますが、この拙い駄文の羅列はこれからも続けていこうと思っています。

Ca390363


おまけで、荻窪いちべえさんにて近々に呑んだお酒の一部です。

Img_0379_2                  白露垂珠 純米吟醸 生詰美山錦24BY

Img_0380_2                 華鳩 純米吟醸 しぼりたて無濾過生原酒

Img_0381_2                 長珍 純米吟醸 無ろ過本生

Img_0383_2                 でわざくら 吟醸酒 桜花 本生

Img_0382_2                 忠臣蔵 純米吟醸 生酒仕込み7号

Img_0378_2                 一番上手くできたと思ふ天使の輪(^_^)

2015/02/05

演奏会のご案内(2015/2/15)~武蔵野市民交響楽団 吹奏楽定期~

2015年最初の本番、約10日後に開催する武蔵野市民交響楽団の吹奏楽定期演奏会のご案内です。
==============================================================
武蔵野市民交響楽団アンサンブル・ダ・カーポ 第89回吹奏楽定期演奏会

日 時:2015年 2月15日(日) 14:00開演(13:30開場)
場 所:武蔵野市民文化会館(ARTE)大ホール
入場料:前売り券700円、当日券1,000円(全席自由,未就学児は無料)
交 通:JR三鷹駅北口より徒歩13分,吉祥寺駅北口よりバス市民文化会館前下車
指 揮:上原 宏(東京佼成ウインドオーケストラ ホルン奏者)
曲 目:
《第1部》
・鷲が舞うところ/S. ライニキー
・交響組曲/C. ウィリアムズ
・アミティー・アンド・スウィートネス/T. デハース
・ドラゴンの年/P. スパーク

《第2部》
・荒野の七人/E. バーンスタイン (S. リチャード 編)
・ミッション インポッシブル/L. シフリン (J. トーマス 編)
・アンチェインド・メロディ ~映画「ゴースト/ニューヨークの幻」より/A. ノース (J.G. モルティマー 編)
・パリのアメリカ人/G. ガーシュイン (F. チェザリーニ 編)

お問い合わせ
 E-mail:info@mcso.jp ← @を半角に変えてください。
 楽団Web Site:http://mcso.jp/

※前売り券は武蔵野市民文化会館にて販売しています。未就学児は無料です。
※13:40頃より、指揮者による音楽プレトークがあります。
※小さいお子さま連れの方にご利用いただける親子席(16席、先着順)がございます。

今回のプログラムは2月の演奏会でここ2,3年続けている構成で、前半は吹奏楽オリジナル曲を、
後半はポピュラー音楽中心の構成です。

アチキは、今回も曲りクラ二刀流ですが、前半は少し降り番があります。(助かった....意味不明)

皆様のご来場を心からお待ち申し上げます。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ