« 家呑み-ゆきの美人 純米酒 秋しぼりたて生酒 | トップページ | 普通に過ごす事 »

2014/01/21

家呑み-雁木 純米無濾過生原酒 初搾り新酒

この冬の新酒の一つです。山口県岩国市の「雁木(がんぎ)」の純米無濾過生原酒の初搾りです。蔵元は山口県岩国市の八百新酒造株式会社です。昨年末からちびちびと呑んでいるお酒です。

131207_22210001
冷蔵庫で十分冷やしてから開栓、いつもの通りです。上立ち香は上品で華やかな香りです。ほんのうっすらと黄緑がかった色をしたお酒です。

期待しての一口目、直ぐさま濃醇な味わいです。口中で転がすと、酸味を感じた後に旨味も出てきます。呑み込んでから少しの間後味が残りますが、それもすーっと消えていきます。キレがありますねぇ。

お酒が少し温むと、濃醇な味わいが増した様に思えました。もしかすると、燗上がり?

キンキンに冷えた状態では濃醇ながらもスッキリした味わいが室内に少し置くと味が増す傾向は、開栓後何日か経っても殆ど変わりませんでした。冷えていると若干苦味が出てきたかな。ともあれ、鮪やこの時期旬の鰤のお刺身などと併せていただくと、食事が楽しくなります。


燗上がり?な印象でしたので、お燗も試しました。

30℃前後(日向燗)……冷酒よりもふわっとした柔らかい口当たりになりました。酸味よりも甘味や旨味が出ています。
35℃前後(人肌燗)……少し酸味が戻ってきました。日向燗で感じたふわっとした口当たりは残っています。
40℃前後(ぬる燗)……酸味と旨味とでは、やや酸味が出ています。アチキにとっては、人肌燗よりは呑みやすいです。口に含んだ時に甘い香りもします。
45℃前後(上燗)……旨味主体の味わいになりました。口に含む時、唇にピリリとした感触がありました。アチキには少し濃いかも。
50℃前後(熱燗)……呑みやすいです。旨味が程よく出ていて、上燗よりも濃い印象はありません。色々な料理に合わせやすいかもしれません。
55℃前後(飛びきり燗)……ここまで温度を上げられず、また未確認(T_T)
燗冷まし(15℃位)……酸味は控えめで旨味に少し甘味を足した様な味わいですが、奥から苦味が顔を出してきます。この苦味、アチキはチョイといやかも。

微妙な温度差でお酒の味わいが変わってきました。最も好みだったのは、熱燗でした。

色々と試してみた結果、冷蔵庫から出してからしばし置いてから呑むか、熱燗に点けるか(殆ど1回火入れに近いかも(^_^;)がアチキ好みでしょうか。


雁木 純米無濾過生原酒 初搾り新酒
  醸造元:八百新酒造株式会社(山口県岩国市)
  原料米:山田錦, 精米歩合:60%
  アルコール度数:17度以上18度未満,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2013年12月
  購入場所:髙原商店,価格:2,625円(1800ml,税込・当時)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 家呑み-ゆきの美人 純米酒 秋しぼりたて生酒 | トップページ | 普通に過ごす事 »

お酒」カテゴリの記事

家呑み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家呑み-雁木 純米無濾過生原酒 初搾り新酒:

« 家呑み-ゆきの美人 純米酒 秋しぼりたて生酒 | トップページ | 普通に過ごす事 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ