« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013/01/31

家呑み-臥龍梅 純米吟醸生原酒 五百万石 袋吊り雫酒

2013年の正月から呑んでいたお酒その2です。静岡県静岡市の三和酒造株式会社が醸す「臥龍梅(がりゅうばい)」の純米吟醸生原酒です。酒米は五百万石を使用しています。

130101_19340001
いつもの通り、冷蔵庫でキンキンに冷えた状態で開栓してからいただきました。

甘い上立ち香がします。一口目、滑らかな口当たりにフレッシュな酸味(柑橘系??)に続いて旨味を感じます。呑み込んだ後はちょっと苦味を感じます。しかし、いつまでも口中に味が残るのではなく、スーッと消えていきます。キレがありますね。

きれいな味わいです。味が濃すぎず2杯、3杯と呑めてしまいそうです。

少し温むと苦味が無くなり、やや旨味が出てきました。色々な料理に合いそうな味わいです。

このお酒も元日だけで呑み干しそうになりましたが、思いとどまって後日も味わうことにしました。

開栓してから10日程度経ってから再度呑み。味わいに大きな変化は感じられませんでした。甘い香りに爽やかな酸味と旨味を十分味わう事ができました。


また、お燗に点けて味の変化も試しました。30℃以下は試すのを忘れてました。

30℃前後(日向燗)……冷酒よりも味は穏やかになりますが、柔らかい口当たりは健在です。
35℃前後(人肌燗)……旨味が少し出てきました。料理と合わせてもいいかもしれません。 
40℃前後(ぬる燗)……酸も出てきました。食事を一通り食べた後にゆるりと呑みたい味わいです。
45℃前後(上燗)……味がさらに濃くなってきた様な。この温度帯で多く呑むのは少々キツイかな。
50℃前後(熱燗)……再び円やかな味わいになりました。不思議なものです。
55℃前後(飛びきり燗)……この温度も試すの忘れてたあぁぁ。
燗冷まし(15℃位)……何か、少し苦味が出てきました

温度の違いによって味わいが微妙に変わってきました。その中でもアチキの好みはぬる燗でした。

友達と呑み交わすよりはゆるりと静かに呑みたい、素敵なお姉さんがお酌を注いでくれたりしたらたまんないですねぇ(*^_^*) そんな妄想をしながら呑み干してしまいました。

アチキはそんな妄想独り呑みでしたが、人によってはこのお酒を大勢の方達とワイワイガヤガヤ呑み交わすのも一興でしょう。旨口のお酒が苦手でなければ、このお酒は多くの方が楽しめるのではないでしょうか。

醪を袋に詰めて吊るし、圧力をかけずに自然に落ちる雫だけを集めて瓶詰めされたお酒です。残念ながらこの冬に造られた分は既に完売だそうです。他の品種のお米で造られたお酒で楽しむか、今年の年末まで待つしか無いようです。


臥龍梅 純米吟醸生原酒 五百万石 袋吊り雫酒
  醸造元:三和酒造株式会社(静岡県静岡市清水区)
  原料米:富山県産五百万石,精米歩合:55%
  アルコール度数:16度以上17度未満,日本酒度:+5
  酵母:記載無し,酸度:1.3,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2012年11月,杜氏:南部杜氏 菅原富男
  購入場所:髙原商店,価格:1,523円(720ml,税込・当時)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2013/01/30

今頃感想:2013/1/26放送 テレ東「出没!アド街ック天国」 荻窪

先週土曜日1/26に放送した、テレ東の出没!アド街ック天国が取り上げた街は「荻窪」。
前回荻窪を取り上げたのが2004年1月17日だから、9年ぶりになります。諸事情により外呑みしてたので、放送は録画して別日に見ました。

コンセプトは「中央線一と呼び声高い美食タウン」。
何でも3年で50店もの飲食店がオープンしているのだとか。

順位はこちらです。↓
出没!アド街ック天国2013年1月26日放送分

以後は極めて個人的な感想です。

続きを読む "今頃感想:2013/1/26放送 テレ東「出没!アド街ック天国」 荻窪" »

2013/01/26

意志の弱い奴です

今日は一日中予定のないノンビリとした休日です。

昼間荻窪駅周辺を歩いていたら、某店の店長さんとすれ違い、

お互い第一声は「あっ..。」

んでもってすかさず店長さんは
「後ほど~」

それに対してアチキは
(杉下右京風に)「はい?」
(言葉尻を下げて)「はい」

夕食は自炊してノンビリ家呑みでもしようかと思ってたのですが、

ほんの数秒で今夜の予定は変更です。
ホント、意志の弱い奴です。


そんな一瞬の出来事でしたが、
何となく通りすがりの方達の

「何?この人達?」

みたいな空気を感じたのは、気のせいでせうか?


さてと、駄文はこの位にして、そろそろ某店へ伺うとしましょうか。




このネタ、前も書いたかな:p...。

2013/01/24

大した意味の無い

大して残業も無く早く帰れる時に、

これから自社で大した内容も無い会議がある。

今週は昨日までチョイと忙しかったから、

早く職場を出られる時は早くかえりたい。


現在移動中。多分終わるのは21時を回る。

1秒でも出たくないから、歩みはいつもよりのろく。

大して時間稼ぎにはならないんだけど。
それでもチッとはましか。


大した意味の無い時間を過ごす勿体無い夜。

2013/01/23

家呑み-獺祭 発泡にごり酒 50 シャンパン瓶

2013年の元日に封開けしたお酒です。山口県の銘酒「獺祭(だっさい)」の発泡にごり酒、蔵元は山口県岩国市の旭酒造株式会社です。「獺祭」は全量純米大吟醸クラスで酒米は山田錦を使用しています。

130101_10210001
銘柄にある50は精米歩合が50%だからだそうで、「獺祭」の発泡にごり酒はこの他に精米歩合39%まで磨いたお米を使用したお酒もあるとの事です。

このお酒は生酒で発泡性が強いので、呑む直前まで冷蔵庫で十分冷やす、静かに栓を抜く等開栓時の注意事項を漫画で書いたリーフレットが添付されていました。

漫画に習って買ってきてから直ぐには呑まず(購入は前年12月末)、数日間冷蔵庫で静かに保管してから抜栓しました。慎重にシャンパン栓を抜いた瞬間は「ポン」と大きな音が。発酵によって炭酸ガスが充満していたのが判ります。栓をちゃんと持っていないと飛んでいってしまいそうな勢いでした。

幸いにもお酒は吹きこぼれず(^_^)v 抜栓してから少しの間、澱が均一になるまで待ってから、器に注いでいただきました。

乳白色をしたお酒は、口に含んだ瞬間に炭酸ガスのピリピリ感と爽やかな酸味を感じます。その後にお米の旨味が口中に拡がりますが、仄かに甘味も感じます。キレもあり、呑み込んだ後も爽やかな感じがします。しっかりと味があるのに、瓶内発酵による炭酸ガスが爽快感を演出しています。

次に呑んだのは元日から10日程経ってから。栓を抜く時のガス圧は健在でした。炭酸ガスのピリピリ感やヨーグルト風?な酸味に仄かな甘味、お米の旨味にキレの良さなど、味わいの変化は殆ど感じません。ちゃんと冷蔵庫に保管してたからから酵母菌が大人しくしていたのかもしれませんね。クイクイと呑み進めて、いつの間にか呑み干してしまいました。


数ある濁り酒の中でも爽やかな味わいです。アルコール度数も生酒としてはやや低めの15度ですから、比較的多くの方が呑み易いお酒かなと思いました。

呑み進めながら、この時期の何処ぞの宴席に供するのも一興かなとふと考えましたが、抜栓までどの程度静置しておけば安全なのか想像できなかった為却下しました。抜栓時に爆発させて迷惑かをけたくないですから。

美味しくて取り扱い注意なお酒です。


獺祭 発泡にごり酒 50 シャンパン瓶
  醸造元:旭酒造株式会社 (山口県岩国市)
  原料米:米(国産),精米歩合:50%
  アルコール度数:15度,日本酒度:記載無し
  酵母:記載無し,酸度:記載無し,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2012年12月
  購入場所:髙原商店,価格:1,680円(720ml,税込・当時)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2013/01/14

首都圏大雪で鳥たちは

東京はこの冬初めての雪、爆弾低気圧のせいで大雪です。

自宅界隈、積雪12cm越えました。
今の住まいに引っ越して4年目の冬ですが、初めて雪かきもしました。

天気予報によるとこの大雪は10年に1度の多さで、夜9時頃まで降るそうです。
明日の通勤がかなり心配です。

近所の善福寺川にて、1枚。
Ca390461

今日は何だかじっとしてて雪や寒さを耐えているようにも見えます。鳴き声も聞こえてきません。
やっぱり鳥たちも寒いのかな?

2013/01/11

普通?少ない?

先日の記事の続き。
ビール同様に年末年始用として日本酒も買ってた訳で。

130110_22220001

半分は開栓済みの呑みかけですが、

極々普通の本数ですよね?

それとも普通の酒呑みとしては少ない????


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ


2013/01/07

買いすぎ?

年末年始の休暇も昨日で終わって、今日は仕事始め。
またいつもの戻りたくない現実へ。

今回の休みは後半ダウンしてたんで、いつもよりは大人しい日を過ごしてました。

折角買ったお酒やビールも大分呑めずじまい。

因みにビールは一体どれだけ買ったかというと....
130107_22500001
冷蔵庫にあったビールを各酒1本ずつ並べてその数13酒。
これらが2,3本ずつあるから全部では...

やっぱ、買いすぎでしたかね(^_^;)


にほんブログ村 酒ブログへ


今月中に呑みきれるかなぁ? チョイと難しいかもしれないなぁ。

2013/01/01

2013年元日の善福寺川緑地

何だか不透明な1年だった2012年も過ぎ、2013年の元日、アチキは例年と変わらず初詣は大宮八幡宮へ、善福寺川沿いを往復歩いて行きました。

東京は雲が殆ど見あたらない快晴でした。
Ca390445

善福寺川を行き交うカモを3枚ほど
Ca390442
Ca390443
Ca390444

花をつけている木や草は殆ど見あたらないのですが、サザンカが何本かありました。
Ca390457

地面を覆っているのは枯葉ばかりの中、がほんの少しだけ銀杏の黄色い絨毯が残っていました。
Ca390453_2

桜の花芽はまだ固く閉じています。
Ca390451
春はまだまだ先です。

毎年見かける風景できれいだなぁと思っていましたが、神通橋から西田橋の間の「なかよし広場」周辺ではいつもと違う光景がありました。

続きを読む "2013年元日の善福寺川緑地" »

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ