« 今頃感想:2013/1/26放送 テレ東「出没!アド街ック天国」 荻窪 | トップページ | 演奏会のご案内(2013/2/17)~武蔵野市民交響楽団 吹奏楽定期~ »

2013/01/31

家呑み-臥龍梅 純米吟醸生原酒 五百万石 袋吊り雫酒

2013年の正月から呑んでいたお酒その2です。静岡県静岡市の三和酒造株式会社が醸す「臥龍梅(がりゅうばい)」の純米吟醸生原酒です。酒米は五百万石を使用しています。

130101_19340001
いつもの通り、冷蔵庫でキンキンに冷えた状態で開栓してからいただきました。

甘い上立ち香がします。一口目、滑らかな口当たりにフレッシュな酸味(柑橘系??)に続いて旨味を感じます。呑み込んだ後はちょっと苦味を感じます。しかし、いつまでも口中に味が残るのではなく、スーッと消えていきます。キレがありますね。

きれいな味わいです。味が濃すぎず2杯、3杯と呑めてしまいそうです。

少し温むと苦味が無くなり、やや旨味が出てきました。色々な料理に合いそうな味わいです。

このお酒も元日だけで呑み干しそうになりましたが、思いとどまって後日も味わうことにしました。

開栓してから10日程度経ってから再度呑み。味わいに大きな変化は感じられませんでした。甘い香りに爽やかな酸味と旨味を十分味わう事ができました。


また、お燗に点けて味の変化も試しました。30℃以下は試すのを忘れてました。

30℃前後(日向燗)……冷酒よりも味は穏やかになりますが、柔らかい口当たりは健在です。
35℃前後(人肌燗)……旨味が少し出てきました。料理と合わせてもいいかもしれません。 
40℃前後(ぬる燗)……酸も出てきました。食事を一通り食べた後にゆるりと呑みたい味わいです。
45℃前後(上燗)……味がさらに濃くなってきた様な。この温度帯で多く呑むのは少々キツイかな。
50℃前後(熱燗)……再び円やかな味わいになりました。不思議なものです。
55℃前後(飛びきり燗)……この温度も試すの忘れてたあぁぁ。
燗冷まし(15℃位)……何か、少し苦味が出てきました

温度の違いによって味わいが微妙に変わってきました。その中でもアチキの好みはぬる燗でした。

友達と呑み交わすよりはゆるりと静かに呑みたい、素敵なお姉さんがお酌を注いでくれたりしたらたまんないですねぇ(*^_^*) そんな妄想をしながら呑み干してしまいました。

アチキはそんな妄想独り呑みでしたが、人によってはこのお酒を大勢の方達とワイワイガヤガヤ呑み交わすのも一興でしょう。旨口のお酒が苦手でなければ、このお酒は多くの方が楽しめるのではないでしょうか。

醪を袋に詰めて吊るし、圧力をかけずに自然に落ちる雫だけを集めて瓶詰めされたお酒です。残念ながらこの冬に造られた分は既に完売だそうです。他の品種のお米で造られたお酒で楽しむか、今年の年末まで待つしか無いようです。


臥龍梅 純米吟醸生原酒 五百万石 袋吊り雫酒
  醸造元:三和酒造株式会社(静岡県静岡市清水区)
  原料米:富山県産五百万石,精米歩合:55%
  アルコール度数:16度以上17度未満,日本酒度:+5
  酵母:記載無し,酸度:1.3,アミノ酸度:記載無し
  製造年月:2012年11月,杜氏:南部杜氏 菅原富男
  購入場所:髙原商店,価格:1,523円(720ml,税込・当時)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 今頃感想:2013/1/26放送 テレ東「出没!アド街ック天国」 荻窪 | トップページ | 演奏会のご案内(2013/2/17)~武蔵野市民交響楽団 吹奏楽定期~ »

お酒」カテゴリの記事

家呑み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家呑み-臥龍梅 純米吟醸生原酒 五百万石 袋吊り雫酒:

« 今頃感想:2013/1/26放送 テレ東「出没!アド街ック天国」 荻窪 | トップページ | 演奏会のご案内(2013/2/17)~武蔵野市民交響楽団 吹奏楽定期~ »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ