« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年5月

2012/05/25

ある日の東京タワー

一昨日開業した東京スカイツリーが巷を賑わしている中、東京タワーはと言うと、
_20120523

尖端の部分が何となく見慣れないやうな。拡大してみると。
Photo
古~い携帯電話のデジカメではこれが限度ですが、何か覆われているのが判ります。

東京タワーのオフィシャルサイトを見ると、地上アナログ放送終了に伴う塔体上部の改修工事を現在実施しているとの事。大きく覆われている部分は足場が組まれているそうです。

併せて放送局の放送設備を撤去したり去年の震災で罹災した最頂部も交換するので、工期は3年間、平成26年末までかかるそうです。

工事に伴い、特別展望台の営業時間やライトアップの時間も変更されるとの事。

いつもとはチョイと見慣れぬタワー上部の姿は期間限定ですね。

2012/05/12

今日の呑むお酒たち

今日の呑むお酒たち
今日明日はUDトラックス吹奏楽部の合宿。

本日の練習は終了、これから宴。

写真は宴で呑む予定のお酒たち、みんなで持ち寄り、アチキも1本供してます。


さて、楽しむとしましょうか(^-^)


追記
この日は1本を除いて呑み干してしまいました。どれも美味しゅうございました(^o^)

2012/05/03

家呑み-天明 本生純米 槽しぼり

福島県河沼郡会津坂下町の曙酒造合資会社の「天明(てんめい)」本生純米槽しぼりです。このお酒は外でも家でも呑む事が多いお酒の一つです。

120316_22540001
いつもの通り、先ずは冷蔵庫で十分冷やしてからいただきます。

開栓したてをグラスに注ぐと、うっすらと緑色をしたお酒から漂う香はどことなく甘い感じがします。

一口目、フレッシュな酸味と旨味が口中に拡がります。呑み込んだ後は辛さと少し苦味が残ります。アルコール度数はやや高めですが、それを余り感じさせない軽さがあります。

二口、三口と呑むにつれ辛さは影を潜め、口中には酸味と旨味が残りました。時折甘味も感じる事があります。また温んでくると酸味が味の全体を包みこみ、味わいの変化がチョイと楽しめます。


開栓から10日程過ぎると、旨味や辛さが前に出てきて、酸味は引き立て役にまわっています。フレッシュ感は殆ど感じず、少し味が練れてきた感があります。

今回購入したお酒、食事中ではなく食後に少しずつ呑むのがアチキ好みかなと想い、決まって食後酒にしていました。また、これも何となくですが冷酒から冷や酒(つまり常温)の方が楽しめるかなと思い、お燗には点けませんでした。

開栓してから1ヶ月半程度の間、少しずつ変わってゆく、練れてくる味の変化をチビチビと呑みながら楽しんでました。


昨年の地震では瓶詰めしたお酒が多数割れてしまい、またその後の人災(アチキはそう思っています)による原発事故の影響もあり、大変なご苦労をされたそうです。アチキの様な単なる普通の酒呑みにできるのは、そんな逆境の中でも一所懸命に蔵元が造られたお酒を、普段通りに戴く事なんだと思っています。

この記事を書いている時に呑み納め、最後の20滴まで呑み干しました。美味しいお酒をありがとうございました。


天明 本生純米 槽しぼり
  醸造元:曙酒造合資会社 (福島県河沼郡会津坂下町)
  原料米:米(会津産),精米歩合:60%
  アルコール度数:17度以上18度未満,日本酒度:記載なし
  酵母:記載なし,酸度:記載なし,アミノ酸度:記載なし
  製造年月:2012年1月
  購入場所:髙原商店,価格:2,604円(1800ml,税込・当時)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ