« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012/03/31

演奏会のご案内(2012/4/14) ~都立産業技術高専吹奏楽部 第49回定期演奏会~

今日は電車が止まる位強くてはた迷惑な南風が吹きました。春間近ですね。
そんな春、母校都立産技高専(旧 都立高専)の吹奏楽部が定期演奏会を開催します。
以下、演奏会のご案内です。
==============================================================
東京都立産業技術高等専門学校吹奏楽部 第49回定期演奏会

日 時:2012年 4月14日(土) 14:00開演(13:30開場)
場 所:都立産業技術高専品川キャンパス 2F中央ホール
入場料:無料
交 通:りんかい線品川シーサイド駅(B出口=八潮橋出口)から徒歩3分,
     京浜急行 青物横丁/鮫洲駅から徒歩10分
曲 目:
《第1部》 ステージ演奏
・軍艦行進曲/瀬戸口 藤吉
・美女と野獣/真島 俊夫 編
・エル・クンバンチェロ/R.フェルナンデス (岩井 直溥 編)

指揮:平井 志郎(都立産業技術高専 講師)
・ゲールフォース/P.グレイアム
・千の風になって/新井 満 (小島 里美 編)
・ペルシス/J.ホゼイ
・コンサート・マーチ「アルセナール」/J.ヴァン=デル=ロースト

《第2部》 フロア・マーチング・ショー
...曲目は内緒!!!

※校内の施設で開催しますが、一般の方もご入場できます。
※一応2部構成ですが、ステージ演奏の途中で休憩を挟むらしいので、実質3部構成ですかね。
※ステージ演奏とマーチング・ショーの間で会場の配置変更を実施します。(椅子を準備・舞台のセッティングをいたします)
 配置変更の間、ご来場のお客様は一旦ホール外のロビーに移動していただきます。
 恐れ入りますがご理解ご協力の程、宜しくお願いいたします。

吹奏楽部のWeb Siteです。↓
 都立産技高専吹奏楽部Web Site
 何故か「都立産技高専吹奏楽部」では検索されにくい様です。
 このページを踏み台に使って、どうぞご覧下さい。
 【2012/04/03追記】
 今日確かめたら、ちゃんと検索される様になってました。よかった良かった。

昨年は震災の影響で第48回定期演奏会は中止となってしまったので、2年振りの開催となります。
アチキは今年もOBとして第1部に出演、バスクラリネットを担当します。
やや手強い曲がありチョイと焦ってます(^_^;

皆様のご来場を心よりお持ち申し上げます。

PS.
吹奏楽部OB・OG、関係者の皆さん、本記事の内容は引用・転記OKです。どんどん宣伝して下さい。
今日、高専の敷地内の桜が1.2輪咲いていました。来週末あたりは満開かもしれませんね。

2012/03/30

昨日の呑み-荻窪いちべえ(2012/3/29)

久し振りに外呑みの記録をば。
荻窪駅を降りてから何処で呑もうか考えた末、よく行く荻窪いちべえへ。

小生ビールで喉を潤し、冷や奴、しめ鯖、焼き筍を食しながらいただいたお酒は、

 ・辻善兵衛 純米吟醸雄町 槽口直汲 生
 ・春陽墨廼江 限定純米中汲み
 ・冩楽 純米吟醸
 ・手取川 冬 純米辛口
 ...他

先ずは辻善兵衛
120329_20520001
確か、この日が封開けだったはず。華やかな香りとジューシーな味わいが印象的でした。
お酒の奥に写っているのは焼き筍です。美味しかった(^_^)

その次は春陽墨廼江
120329_21130001
去年の震災で被災した蔵です。今季が心配でしたが、酒造りはできる様になったそうです。
酸味と旨みの調和がとれたお酒でした。

続いて冩楽
120329_21320001
昨年から呑む機会が増えたお酒です。この日飲んだお酒は、記憶にある味わいとはチョイと違った、硬めの印象でした。

んでもって手取川の冬の限定純米酒。
120329_22070001
雪景色に兎と赤い寒椿の花のの絵が印象的なラベルです。スキッとしたキレのある辛口のお酒でした。


これら4酒以外にも呑んだのですが、記憶に無く....。
勿体無いというかしゃぁないというか、進歩の無い奴です、ハイ。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2012/03/27

桜はまだかいな

桜はまだかいな
暖かな春の陽気です。

職場近くの公園にあるソメイヨシノのつぼみも大分膨らんできました。

先のあたりがピンク色です。

開花までもうチョイですかね。

2012/03/21

家呑み-清泉 純米吟醸 しぼりたて

たまには新潟県のお酒などを。新潟県長岡市は久須美酒造株式会社の「清泉(きよいずみ)」純米吟醸しぼりたて、12~1月だけ販売している限定酒です。ポップなラベルは従来の日本酒のイメージとは異なった印象を思わせます。

120107_21410001

開栓直後ですが、上立ち香はそれ程感じませんでした。お酒は無色透明です。

いつもの様にキンキンに冷えた状態で呑んだ一口目の感想は、「うわーっ、まるでお米のジュースだぁ」

程良く酸味が効いていて旨味も感じますが、濃くないのでクイクイと呑めます。また、口中で転がしても嫌な雑味は感じませんし、ほんのり甘味もあります。

濃い味の料理を食べた後にこのお酒を呑むと、口中がさっぱりとして次の食事も楽しめるんじゃないかと思います。


開栓時は「控えめな香りだけどジューシーなお酒」といった印象でしたが、しばらく日を開けて呑んでみると、香りが以前より立ち円やかな味わいに変わってきました。酸味から旨味が前面に出てきています。

最初は緊張していた新人さんが持ち場に慣れてきて落ち着いてきた、そんな感じでしょうか。

開栓時のフレッシュさを楽しむのも良し、少し日を置き味わいの変化も楽しむのも良し、呑み方を考えるのが楽しくなるお酒でした。


ここの蔵元は、尾瀬あきら氏の漫画「夏子の酒」のモデルとなった蔵元です。他のお酒も機会があったら呑んでみたいと思います。


清泉 純米吟醸 しぼりたて
  醸造元:久須美酒造株式会社 (新潟県長岡市)
  原料米:米(国産),精米歩合:55%
  アルコール度数:15度以上16度未満,日本酒度:記載なし
  酵母:記載なし,酸度:記載なし,アミノ酸度:記載なし
  製造年月:2011年11月29日
  購入場所:宮田酒店,価格:1,450円(720ml,税込・当時)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2012/03/18

家呑み-九頭龍 純米吟醸燗酒

福井県は「黒龍」で有名な黒龍酒造株式会社がお燗専用に造ったお酒、「九頭龍(くずりゅう)」の純米吟醸です。

120101_23190001
渋いラベルです。無色透明で開栓した時の上立ち香は殆ど感じません。

いきなりお燗に点けるのではなく、チョイとひねくれて先ずはキンキンに冷えた状態からいただきます。

旨味主体の味でコクがかなりあり、後味もかなり残ります。

口中で転がすと酸味を伴った旨味を感じますが、奥からほんのちょっぴりカラメル様な甘味もあります。

何となく熟成酒の様な味わいなのは、長期熟成したお酒だからでしょうか。

冷えているとチョイと呑み手を選びそうな味わいで、アチキはそう多くは呑めないかもしれません。



冷えたままでの呑みはこの辺にして、それではお燗に点けてみましょうか。温度による味の違いはこんな感じでした。

30℃前後(日向燗)……酸味が出てきて冷えているときよりも濃い味わいになりますが、口当たりは柔らかくなるので反って呑み易かったです。
35℃前後(人肌燗)……旨味と酸味のバランスが取れて、日向燗よりも呑み易くなります。
40℃前後(ぬる燗)……もっと味が出てくるかと思ってたら、何だか落ち着いてきました。後味の程良く残っていて、心地よいです。
45℃前後(上燗)……味わいが変わってきました。酸味はほんのチョイと感じるだけ、後から旨味が口中に拡がります。口当たりの柔らかさも増し、さらに呑み易くなりました。
50℃前後(熱燗)……味の傾向は上燗と似ていますが、少し味が落ち着いた?薄まった感がありました。幾らでも呑めそうで、ある意味ヤバイです(^_^;)
55℃前後(飛びきり燗)……熱燗と殆ど変わらない味わいでした。

お燗用に造られたお酒だけあって、やはりお燗での味わいは格別でした。アルコール度数も低いので、お燗でも呑み疲れする事は少ないんじゃないかな、と思いました。

温度を変えて色々試しましたがて、上燗辺りで味わいが変わってきたのが面白かったです。食中酒として呑むから上燗から熱燗、食後は少し温度を下げてぬる燗や人肌燗でいただくのが、アチキの流儀になりそうです。

寒い日の仕事帰り、ふと立ち寄った居酒屋できれいな女将さんにこのお酒をお燗に点けてもらったりしたら....身も心も暖まるかもしれませんねぇ(*^_^*)


九頭龍 純米吟醸燗酒
  醸造元:黒龍酒造株式会社 (福井県吉田郡永平寺町)
  原料米:国産酒造好適米100%,精米歩合:55%
  アルコール度数:14.5度,日本酒度:記載なし
  酵母:記載なし,酸度:記載なし,アミノ酸度:記載なし
  製造年月:2011年10月
  購入場所:髙原商店,価格:2,783円(1800ml,税込・当時)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ


いやぁ、あの時は本当に暖まりました。

2012/03/13

42回目を迎えての戯れ言

この数年、3月12日が過ぎると「また1年生きてこられた」って思う様になりました。

大病を患っているわけではなく、身体はメタボ予備軍ながら健康体です。

そう感じるのも私の場合、ずっと前に鬱になった頃、「楽になりたい=死」としか考えていなかった時期があり、今は上手くつきあっている鬱がいつまた前面に出てきて自分の気持ちを支配するかもしれない不安はあるからです。
波はあるけど気持ち・心が疲れきってしまわない様に生きていくのは結構大変です。

だから、何とか1年間過ごせると、「生きてこられた、また来年も」と思うのです。


今年はこれまでよりも一層強く思いました。

1年前の震災で一時無力感に襲われました。それでも何とか気持ちを切り替えてやってこれました。
ちょっと油断すると気持ちが奈落の底に落ちやしないか、そうならない様にもがいていた気がします。
不安は拭いきれませんが、普通に過ごす事に対して今まで以上に有り難く思うようになりました。

2011年3月11日以前の日常には戻れないけど、できるだけ普通に過ごしていきたいと思います。
どう考えてもど阿呆としか思えない事は反対していきます。


戯れ言でした。


末筆ですが、先の震災・原発事故で被害に遭われた皆様に、改めて心からお見舞い申し上げます。

2012/03/10

dancyu 2012年4月号

先日、勢いで買っちまったdancyu 4月号をようやく読みました。

今年の日本酒特集のテーマは、「ちゃんと知りたい!日本酒Q&A特集
日本酒ビギナーからの質問に日本酒通の方達が答えるといった内容です。

日本酒通に聞く、この1本や
初めての日本酒居酒屋での注文の仕方(ここで造りの違いについて、ちょこっと触れています)
料理との合わせ方と
お燗酒のやり方や
杜氏さんについて等

テーマにある様に、日本酒に興味有るんだけど何だか難しそうで...と躊躇されている方への入門書としても、それなりに呑んでいる輩向けにはこんな料理と合わせるの?とかこのお酒呑んだこと無いなぁとか興味を引く内容でした。

その中でもアチキが一番惹かれた記事は、去年の震災で蔵を失った蔵元が新天地で復活にかける話。読んでいて思わずうるっときました。あの日から明日で1年か。


にしても、今月号の表紙。
冷蔵庫に保管されているお酒の銘柄を見て、最初は荻窪某店か?でも扉のデザインが違うなと思っていたら、記事に掲載されているお店を見てナルホド!、と納得しました。

やるじゃん、でも、これで満足するんじゃなくて、もっともっと精進しなよ。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2012/03/07

買っちまった

買っちまった
昨日、昼食を買いにファミマへ寄ったら雑誌売り場にdancyuの最新号が。

毎年この頃に特集しているのは、日本酒。

今年はどんな内容かなと近寄ってみると、


あらま、箸が付いてる。しかもファミマ限定。


棚にあったのは1冊のみ、限定に惹かれて即買い。

まんまと策に引っかかってしまいました。

ちょうど、新しい箸が欲しいな、と思ってたので、よしとします。

後でわかったんですが、dancyuとファミマは結構コラボしてるんですねぇ。


肝心の記事の内容ですが、まだ読んでいないのでわかりません。

今晩読みます。多分。

2012/03/06

どうして来たの?

去年あんなに、もう二度と来ないでってお願いしたのに。

どうして今年も来たの?

どうしてこんなにアチキを苦しめるの?

どうして暖かくなるとやって来るの?

お願いだからまとわりつかないで!!

スギ花粉!

雨があがったら一気に飛び回りやがって。

おかげで鼻や喉が辛いんだよ。


当分、マスク常用しなくちゃいけないじゃないか!


こんちきしょうめ!

2012/03/04

油断してました

今日は、次の本番に向けて初見大会だったMCSOの練習。

いつもより時間が短かったMCSOの練習。

いつもより早く荻窪に着き、真っ直ぐ自宅に向かう帰り道。

約1曲が非常にヤバく、どうしようか対策を考えていた帰り道。

ふと、声をかけられて慌てて周囲を見渡すと、

声の主は、頻繁に寄らせて頂いているお店の店長さんでした。

最初、すれ違いざま声をかけられたのに全く気付かず、危うく通り過ぎる所でした。

開店前は百も承知、その時間は多分仕込み中だと思っていたのですが、油断してました。

きっと、ボンヤリして歩いてるな、と思われたはず。

そんでもって、ようやくアチキが事の次第を理解してから、別れ際店長さんの一言

「それでは、後ほど〜。」

アチキも思わず

「それでは、後ほど〜。」
「えっ、えー?」


さらに油断してしまいました。


今夜は家呑みしようかと思ってましたが、結局、今、そのお店で呑んでます。(^_^;)

真っ直ぐそのお店に寄るのはチョイと癪だから、懐かしい歌謡曲が流れるお店でホロ酔いになってから、2軒目で寄ってますっていつもの事か:p


あ、でも、そのお店で呑むのが楽しいから寄ってる訳で、決して無理くりではない事は、ちゃんと書いておきます。

ゆるりとした時間の流れを感じる事ができるのが楽しいんですよねぇ。


今夜も口福です。

2012/03/03

春を感じる頃

春を感じる頃
都立産技高専吹奏楽部の定期演奏会が4月14日、2年振りに開催する事になり、アチキも先週から練習に参加しています。

卒業してから20年以上経ちますが、ほぼ毎年の行動。

桜のつぼみは固くて小さいので、咲くのはまだまだ先ですが。

高専へ足を運ぶ様になると、春が近づいてるんだなと感じてます。

さてと、楽譜をさらうとしましょうか。

【2012/04/01追記】
演奏会案内掲載しました。こちら↓をご覧下さい。
 演奏会のご案内(2012/4/14) ~都立産業技術高専吹奏楽部 第49回定期演奏会~

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ