« 演奏会のご案内(2012/2/19)~武蔵野市民響 吹奏楽~ | トップページ | 冬晴れの東京タワー »

2012/02/07

家呑み-すっぴん るみ子の酒 特別純米酒 袋搾り無濾過生原酒あらばしり 9号酵母

2012年の正月から家呑みしていたお酒の1酒目です。三重県伊賀市の合名会社森喜酒造場が醸す「るみ子の酒」の新酒、搾ったままで何も手を加えていない正しく「すっぴん」のお酒です。

120101_23160001
元日朝に開栓、爽やかな酸を感じさせる上立ち香がしました。お酒の色はほんの少しだけ黄色味がかっています。

キンキンに冷えた状態での一口目、口に含むと青リンゴの様な酸味がします。呑み込むと旨味が口中に残りますが、チョイと苦味も感じます。お酒が少し温むと苦味は薄まりました。

爽快な味わいです。日本酒度は+6なので辛口ですが、薄っぺらな辛さでなく酸味がちゃんと自己主張していて、お酒の味を十分楽しめます。

開栓時は食事をしながら呑んでましたが、以後は食後に寛いでいる時に呑む事が多かったです。その方がアチキには合ってましたねぇ。週末、撮り貯めしていた時代劇を観ながらこのお酒をゆるりと呑む....至福でした(^o^)

お燗にも点けてみましたが、温度によって口当たりが円くなったり苦味の感じ方が少し変わったりする程度で、味はぶれる事無く一貫していて、大きく変化する事はありませんでした。アチキは、お燗よりも冷えた状態の方が好みでした。

また、開栓してから日が経っても味わいは殆ど変わりなく(但し冷蔵保存はちゃんとしてます)、呑みきるまでの1ヶ月近くこの酒を楽しんでました。


造りが安定しているお酒です。蔵元の「こんなお酒を造りたい」といった想いが詰まっている、呑んでいてそう感じました。


すっぴん るみ子の酒 特別純米酒 袋搾り無濾過生原酒あらばしり9号酵母
  醸造元:合名会社森喜酒造場 (三重県伊賀市)
  原料米:米(国産) 麹米…阿波産山田錦/掛米…信州産ひとごこち
  精米歩合:麹米60%/掛米60%
  アルコール度数:17.8%,日本酒度:+6
  酵母:協会9号,酸度:1.7,アミノ酸度:1.1
  杜氏:蔵元兼任
  製造年月:2011年12月
  購入場所:髙原商店,価格:3,045円(1800ml,税込・当時)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2019/9/7記載
 蔵元Websiteのリンク先を修正しました。

« 演奏会のご案内(2012/2/19)~武蔵野市民響 吹奏楽~ | トップページ | 冬晴れの東京タワー »

お酒」カテゴリの記事

家呑み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 演奏会のご案内(2012/2/19)~武蔵野市民響 吹奏楽~ | トップページ | 冬晴れの東京タワー »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ