« 2011年の中秋の名月 | トップページ | 家呑み-手取川 特別純米酒 氷清 氷熟蔵出し生酒 »

2011/09/14

心地よい疲れ・・・・武蔵野市民交響楽団アンサンブル・ダ・カーポ 第82回吹奏楽定期演奏会

日曜日の本番(MCSO吹奏楽定期演奏会)の振り返りをば。

拙Blogでの演奏会案内はこちらです→演奏会のご案内(2011/09/11)

アチキはコントラバス・クラリネットの担当、降り番はフルート協奏曲のみでした。結構コントラバスクラorコントラアルトクラパートがある曲が並びました。チョイと嬉しかったです。

フルート協奏曲は舞台袖で聴いていましたが、どうしたらあんな演奏ができるのか...ただただ凄いにつきます。


毎度のことですが、MCSOの吹奏楽定期演奏会は、難曲・大曲が並びます。

中でも「華麗なる舞曲」は、楽譜を渡された当初は「こんなんコントラバスクラでできるのか??、しかもEs譜だし...」と弱腰でしたが、本番が近づくとそれなりに格好がついてきました。まあ、華麗にはほど遠い熱い演奏だったかもしれませんが。

後半の「白鳥湖」は、これまでMCSOの吹奏楽定期で演奏した曲の中では、最長(約45分)かもしれません。
今回演奏した編曲版の内数曲は他団体でもバスクラで演奏した事があり、あの時同様、低音パートの難しさをつくづく感じました。


そんな気力と体力勝負の本番、小事故もあり終演後の疲労度はかなりのものでしたが、何処か心地よく充実感がありました。

この演奏会を皮切りに年内はあちらこちらで本番がありますが、毎回心地よい疲れを味わいたいですね。

« 2011年の中秋の名月 | トップページ | 家呑み-手取川 特別純米酒 氷清 氷熟蔵出し生酒 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011年の中秋の名月 | トップページ | 家呑み-手取川 特別純米酒 氷清 氷熟蔵出し生酒 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ