« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011/07/30

まだ見慣れない建物

まだ見慣れない建物
ヤボ用で錦糸町に来ています。

JRのホームから2,3年前には無かった建物が見えました。


ブラウン管や写真等では何度となく見てますが、肉眼ではまだ見慣れていないので、チョイと違和感が有ります。


錦糸町は小一時間程いましたが、今日の目的外で欲しくなった物が多く、危うく散財する所でした。(^_^;)

危険な店だわ〜:p

2011/07/25

地上アナログ放送が終わっても

Photo

我が家はブラウン管TVのままです。

CATVに加入してるんで、CATV局でデジタル/アナログ変換している放送を、視聴しています。チャンネル構成も従来のまま、テレビ東京は12chです。杉並区のエリアでは、地上波はTVKだけCATVのセット・トップ・ボックス経由でないと見られなくなる様です。


24日の正午にアナログ波からデジタル波へ完全移行しましたが、何か変化あるのかなとチョイと期待してましたが、デジアナ変換で視聴中では全く変わった様子もなく、当たり前と言えば当たり前だしチト残念だったり。


デジアナ変換のサービスは2015年3月末までなので、我が家は当面ブラウン管TVのままです。


地上波放送のデジタル完全移行は、電波利用の効率化も少しは考慮しての事だと小耳に挟んだけど、少し性急だったんじゃないかな、と何となく思ってます。ほぼ全国一斉にに切り替える必要はあったんですかねぇ。

2011/07/24

家呑み-冩楽 純愛仕込純米酒

6月に購入した福島県会津若松市のお酒です。宮泉銘醸株式会社の「冩楽」(写楽)の一回火入れの純米酒です。瓶火入れと書いてあるので、生貯蔵酒になりますね。

110620_23520001_2

開栓したのは6月半ば、無色透明なお酒はうっすらと吟醸香がします。

いつもの通り冷えた状態での一口目、滑らかな口当たりです。お米の旨味がジュワっと感じた後から酸味が静かに現れます。呑み込むと体中にお酒がゆっくりと染み込んでいく感じがします。

嫌な雑味は無く、お米の旨味が十分に引き出されています。ほんの僅かですが甘味もありますね。温んでくると旨味や酸味が濃くなりましたが、きつく感じることはありません。


一遍に呑み干すのが勿体なくて、少しずつ呑んでいます。一週間後、二週間後、・・・・一ヶ月後と呑み続けていますが、旨味がギュッと詰まった様な味わいは殆ど変わっていません。安定した造りです。


口に含んだ時の旨味と酸味を楽しみながら、呑み込んだ後もその余韻に浸りながら、ゆっくりとゆっくりと、その味わいを楽しみたいお酒です。


冩楽(写楽) 純愛仕込純米酒
  醸造元:宮泉銘醸株式会社(福島県会津若松市)
  原料米:会津産夢の香100%,精米歩合:60%
  アルコール度数:16度,日本酒度:記載なし
  酵母:記載なし,酸度:記載なし,アミノ酸度:記載なし
  製造年月:2011年5月
  購入場所:はせがわ酒店グランスタ店,価格:1,155円(720ml,税込・当時)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2011/07/16

真夏の夜の満月

真夏の夜の満月
22時頃のハママッチョ駅。

今宵は満月、雲一つ無く、明るく輝いている月が臨めます。

最近、十五夜は曇りや雨ばかりで、こんな綺麗な満月が見られたのは久方振りです。

一週間の疲れがチョイと取れた気がしました。

けど、明日からの三連休は、完全休養の予定です。

2011/07/12

ブログの誘惑

今日も残業で、只今中央線快速で帰宅とちぅ。

携帯で何気なく見た某店のブログ。

最新記事は、今日ののおすすめ料理。


帰宅が遅くて最近野菜が不足気味のアチキにとっては、正直、惹かれるものばかり(*^_^*)

寄ろうか寄るまいか悩みちぅ。


後少しで荻窪到着。

どうしよう………。(^^;)

2011/07/11

最近の週末自炊

週末、外呑みしないで自炊する際に決まってやっている事。

110504_20420001
土鍋ご飯です。

きっかけは震災でした。電力不足の情報(その頃は額面通り信じていました)や無計画な計画停電があったもんだから、何か電気使わない方法無いかな、てな事を考えていたら思いついたのがこれでした。

それまで土鍋を使って自分でご飯を炊いた事は無く、ネットで炊き方を調べて先ずは2合炊きで。

ちゃんと炊けるかチト不安でしたが、今使用している安物の炊飯器よりも数段美味しく炊けてました。ほんのり甘味もあって、同じお米なの?と訝るほど。この日は普段よりも多く食べてしまいました。

翌朝、残ったご飯を冷めたままで食べましたが、これまたやはり美味しい。

土鍋で炊いたご飯が美味しい事は百も承知でしたが、(安物の)炊飯器と比べてこうも違うとは、チョイと目から鱗でした。今まで使ってた炊飯器は何だったんだと。


我ながら、美味しく炊けたじゃん。これなら毎日やるか....なんて考えてみましたが、やはりそれは時間と手間がかかるので挫折。以来、週末に外呑みしないで自炊の時には、ほぼ毎回土鍋でご飯を炊いています。


白米だけでなく、こんな炊き方もしてみました。
110507_2136000116穀ご飯や。

110521_20380001ひじきの炊き込みご飯。

どちらも炊飯器よりも甘味が増してて美味しく炊けてました。秋になったら焼いた秋刀魚やの栗などで炊き込みご飯を作ってみるか...しばらく土鍋ご飯にはまりそうです(^_^)。



使用しているの土鍋の大きさは8号。去年の初め、実家の都営住宅を引き払う際にお袋様から「大は小を兼ねるんだから持っていけ。」と、半ば無理矢理渡された物です。

もらったものの、一人で鍋料理をするにはやはり大きすぎてずーっと押入に眠っていましたが、ようやく日の目を浴びることになりました。今更ながら、お袋様には感謝です。
110504_20390001

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ