« 家呑み-どぶろっく 純米活性にごり酒 | トップページ | 冬の嵐の十五夜 »

2011/02/17

家呑み-安芸虎 しぼりたて純米 無濾過生

高知県のお酒です。安芸市の有限会社有光酒造場で造られている「安芸虎」の新酒です。お店に寄った時、店頭で試飲させていただきまして、そのまま買っちゃいました。

110109_23580001

多分、呑むのは初めてのお酒です。開栓直後に華やかな香りが漂いました。うすく黄緑がかった色合いです。

キンキンに冷えた状態で先ずは一口目、口に含むとメロン?の様な香りと酸味を感じ、呑み込んだ後は旨味が口中に残ります。少し温んでくると、旨味が段々と出てきました。

新酒らしいフレッシュ感だけでなく、お米の旨味も味わえるお酒ですねぇ。裏ラベルを見ると日本酒度0なのでこれだけだと甘口かなと思ってしまいますが、酸味が全体の味わいを引き締めているのでキレを感じます。

器のお酒を呑み干してもまた1杯注いでしまう、呑むほどに酔うほどにお酒を注ぐ手が止まらなくなってしまい、これでは全部呑んでしまいそうで危険だと思い、開栓時の呑みは止め。


次に呑んだのは、開栓後約1週間経ってから。開栓時と比べてちょっと苦味が出てきたかな?瓶内でも発酵が進み、酒質もほんの少しですが変化したのかもしれません。

この時は、お燗に点けて温度による味の変化を唎いてみました。

30℃前後(日向燗)……酸味が弱まり旨味が出てきました。
35℃前後(人肌燗)……先ほどより酸が立ってきて、旨味とのバランスがチョイとアチキ好みになってきました。
40℃前後(ぬる燗)……香りが弱まり味わいが膨らんできましたが、口中で転がすと香りが強まります。
45℃前後(上燗)……口当たりはさらに円くなりましたが、酸味がちょっと強くなったかな。
50℃前後(熱燗)……ほんの少しだけ香りがします。上燗よりもさらにほっこりした味わいです。
55℃前後(とびきり燗)……何となくコクが出てきたかな?旨味は十二分に出ていますが、何となくお米以外の穀物を食しているような味もします。

あくまで個人的な感想ですが、温度を少し変えるとお酒の味わいや香りも変化していきました。今回試した中では、熱燗が最もアチキ好みに味わいになっていました。


今回は全部食後に唎きましたが、呑みが進んでいく内に鯵の開きやお新香が欲しくなってきました。このお酒、食中酒でも楽しめるかもしれません。


赤野 安芸虎 しぼりたて純米 無濾過生
  醸造元:有限会社有光酒造場(高知県安芸市)
  原料米:フクヒカリ,精米歩合:55%
  アルコール度数:16%,日本酒度:0
  酵母:記載なし,酸度:1.8,アミノ酸度:記載なし
  杜氏:尾木 芳之
  製造年月:2010年11月
  購入場所:はせがわ酒店グランスタ店,価格:1,330円(720ml,税込・当時)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 家呑み-どぶろっく 純米活性にごり酒 | トップページ | 冬の嵐の十五夜 »

お酒」カテゴリの記事

家呑み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家呑み-安芸虎 しぼりたて純米 無濾過生:

« 家呑み-どぶろっく 純米活性にごり酒 | トップページ | 冬の嵐の十五夜 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ