« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/25

悲、哀

「嘘でしょー?」

月曜日の夜、電話で思わず叫んでしまった。

前の日、話題にしたばかりだったのに。

信じられなかった。


火曜日、そこに行くのを最後まで躊躇った。

出かける支度をするのがいやだった。

現実を直視したくなかったけど、行った。

やっぱり辛かった。

夕日がいつもより眩しく感じたのに、そこを出たら雨降りだった。


荻窪に戻り、いつか一緒に行きたかったお店、いつものお店に寄る。

お酒を呷る。

羽根屋、而今、花菱、雪の茅舎、御子鶴、磯自慢...

どんな感想を言ったんだろうな、と思いながら呑む。


以前、一緒に呑んだときも〆にラーメンを食べたのを思い出し、

いつものお店を出て、アチキが荻窪で一番好きなラーメンを出すお店に行く。

全部は食べきれなかった。


いつ、帰ったのか記憶がない。

起きたら、自宅だった。

虚脱感しか無かった。




楽器について、全幅の信頼を寄せていた方。

本当にお世話になりました。ありがとうございます。

でも、早すぎます。


P.S
月曜日、電話をくれた後輩ちゃん。
あの時は何も考えられず、一方的に話を終らせてしまって、申し訳なく思ってます。
ごめんなさい。

2010/11/18

家呑み-墨廼江 限定純米 中汲み ひやおろし

10月に呑んだ冷やおろしのお酒を今頃書きます。宮城県の「墨廼江(すみのえ)」、酒蔵は石巻市の墨廼江酒造株式会社です。

101023_01010001創業当時の江戸時代、蔵元があった地域(今の石巻市、北上川西岸一帯)は「墨廼江」と呼ばれていたため、それがお酒の銘柄になったそうです。実はこのお酒、過去に呑んだかどうか記憶が定かではありません。呑んだやうな初めて呑むやうな...


開栓しグラスに注ぐと、うっすら吟醸香が漂います。ほんの少し黄緑がかった色をしています。

一口目、10℃位の冷えた状態では仄かな甘さに旨味と酸味がバランス良く混ざりあっていて、色々な味を楽しめます。口当たりも滑らかで、呑み易い感じがしました。

口中で転がすと果実の様な酸味が際だってきます。スキッとしていますが、呑んだ後も口中に味が残っているので、しばらくはお酒の余韻に浸る事もできます。


続けてお燗にして温度による味の変化を。

15℃位(所謂冷)……酸味主体の味わいになります。甘味は殆ど感じません。これはお燗ではなく、室内にしばらく放置してから呑みました。
35℃前後(人肌燗)……口当たりが少々硬く感じました。酸が立ってきて、旨味が陰に隠れてしまいました。
40℃前後(ぬる燗)……今回試した温度帯では、最も酸味が強かったです。口当たりの硬さは未だ感じます。
45℃前後(上燗)……呑んでません。温めすぎて温度超えちまいました。(^_^;)
50℃前後(熱燗)……硬さが取れて、落ち着いてきました。再び酸味と旨みのバランスが取れて、アチキ好みの味わいになりました。
最後に燗冷まし……酸味がまた強くなり、さらに苦味も少々出てきました。


個人的な好みとしては、冷酒かなぁ。ゆっくりと呑んで口中で味の変化を楽しみたい、そんなお酒です。お燗だと熱燗になりますかね。

もっと呑んでみてどんな呑み方がアチキに合うか試したかったのですが、とうに呑み干してしまいました。季節物の限定酒なのでどのお店も売り切れでしょうから、この続きは来年ですかね。


墨廼江 限定純米 中汲み ひやおろし
  醸造元:墨廼江酒造株式会社(宮城県石巻市)
  原料米:五百万石(ラベル記載無),精米歩合:60%,
  アルコール度数:16.0度以上17.0度未満,日本酒度:記載なし
  酵母:記載なし,酸度:記載なし,アミノ酸度:記載なし
  製造年月:2010年9月
  購入場所:髙原商店,価格:1,334円(720ml,税込・当時)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2010/11/15

演奏会のご案内(2010/11/20)

間際の告知ですが、今週の土曜日に出演するUDトラックス吹奏楽部の演奏会のご案内です。
==============================================================
UDトラックス吹奏楽部 第43回定期演奏会

日 時:2010年11月20日(土) 14:00開演(13:30開場)
場 所:上尾市文化センター大ホール
入場料:300円(小学生以下無料)
交 通:JR上尾駅東口より徒歩約13分, またはバス利用 上尾文化センター前下車
指 揮:納原 善雄(当部講師) 他
曲 目
・交響曲第5番ニ短調 作品47より終楽章/D.ショスタコーヴィチ
・歌劇「ファウスト」よりバレエ音楽/C.グノー
・船乗りと海の歌 (海の男達の歌)/R.W.スミス
・アラビアのロレンス/M.ジャール(A.リード 編曲)
・スーパーマリオブラザーズ/近藤浩治(星出 尚志 編曲)
・ジャパニズ・グラフィティーⅨ~いい日旅立ち(山口百恵メドレー)~/金山 徹 編曲

お問い合わせ
 E-mail:info@ud-wind.com ← @を半角に変えてください。
 吹奏楽部Web Site:http://www.ud-wind.com/

※駐車場に限りがございますので、ご来場には公共交通機関をご利用下さい。

今年の2月に社名が日産ディーゼル(株)からUDトラックス(株)に変更した為、吹奏楽部の名称もUDトラックス吹奏楽部に変更しました。演奏会の回数は昨年までのを引き継いでいます。

プログラム後半の特集はショスタコーヴィッチの交響曲第5番から連想される言葉をテーマに選曲しています。その他、吹奏楽オリジナル曲や歌謡曲からラテン音楽など、今年も様々なジャンルの曲を演奏します。

アチキは今年は全曲バスクラリネットを担当します。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。 m(_ _)m

2010/11/07

光の国から...

光の国から...
今日は立冬でしたが、小春日和で暖かく秋を感じさせる1日です。

荻窪界隈、午前中は曇ってましたが、段々と雲が消えて晴れてきました。

12時頃、外に出た際に撮影したのが、この写真。

雲に隠れた太陽の光が、四方に広がっているのが見えます。
光の筋が空からほぼ垂直に降りてくるように見えると、「天使の梯子」と言うそうですが、この場合は何て言うんですかね?

どうしてもMxx星雲からやって来る光の使者を想像するのはアチキだけか(^^;)


2,3日前に風邪を拗らせてしまい、今朝も喉の痛みが引かず予定を泣く泣くキャンセル。しばらく腐ってましたが、この光景を見て少しは気が晴れました。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ