« とある下手な呑み方についてチョイと考えてみる | トップページ | 今日の1杯目 »

2009/04/30

東京都立工業高等専門学校吹奏楽部 第46回定期演奏会

4月25日(土) 母校の都立高専で吹奏楽部が定期演奏会を開催し、アチキも吹奏楽部OBとして今年も出演しました。感想などをチラホラと書きます。

因みに拙Blogでの演奏会案内はこちらです→演奏会のご案内(2009/04/25)


当日のプログラムを詳細に書くとこんな感じでした。

《第1部》
☆部員たちによるアンサンブル
 ・ジュピター
 ・アメージング・グレイス
・トップ・オブ・ザワールド/R.カーペンター,J.ベティス
・創聖のアクエリオン/菅野 洋子
・コヴィントン広場/J.スウェアリンジェン
・ミュージカル「アニー」よりトゥモロー/C.ストラウス

《第2部》 指揮:浅海 伸夫(都立産業技術高専 講師)
・喜歌劇「こうもり」序曲/J.シュトラウス
・アメリカン・パトロール/F.W.ミーチャム
・シンコペーティッド・クロック/L.アンダソン (P.ヤング 編)
・ブルー・タンゴ/L.アンダソン
・「アルルの女」第2組曲より/G.ビゼー
 ・パストラーレ ・間奏曲 ・ファランドール

《アンコール》
・バレエ組曲「くるみ割り人形」より、「花のワルツ」/P.I.チャイコフスキー


今回、前半はここ最近の定期演奏会と比較しても小さな編成でポピュラー中心の選曲、後半は前半よりは人数を多くしシンフォニック系の曲を浅海先生の指揮で演奏しました。比較的明るくて親しみやすい旋律の曲が多かったと思います。

アチキの出番は今年は後半のみ。どの曲も過去にバスクラ/並クラで演奏したことがある曲で、全乗りした去年よりは楽かなぁと思いきや....世の中そんなに甘くは無いわな。どの曲もそれなりにしんどく今年も終演後には息があがってしまいました。(>_<) もう年かもしれません。(-_-;)

前半は会場で演奏を聞いてましたが、本番が一番聴きやすい演奏になってたと思います。これはいつも練習を指導しにいらっしゃるOBの方の助言で、舞台の高さを本番前週の練習時から変えたのも良かったんじゃないかなと思いました。

毎年書いているような気がしますが、練習に参加しはじめた3月末頃は「こんなんで大丈夫か??」と色々と心配になってしまうのですが、本番はそれなりに聴ける演奏になってるんですよね。欲言えば、もう少し早くからまとまっていると良いんですが...


この日は楽器や衣装を持って外に出るのがちょっと気が滅入る様な雨でした。そんな中、OB/OGをはじめ演奏会を聴きにいらした皆様、どうもありがとうございました。


おまけ
終演後は当然打ち上げに参加、今年もまた朝帰りで日曜日は終日ダウン(>_<)
進歩のない奴です。

« とある下手な呑み方についてチョイと考えてみる | トップページ | 今日の1杯目 »

音楽」カテゴリの記事

都立産技高専吹奏楽部(旧 都立高専吹奏楽部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都立工業高等専門学校吹奏楽部 第46回定期演奏会:

« とある下手な呑み方についてチョイと考えてみる | トップページ | 今日の1杯目 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ