« 夜勤明けの朝は...東京駅の | トップページ | 家呑み-遊穂 純米吟醸(山田錦・美山錦55) 19BY »

2008/11/09

家呑み-陸奥八仙 純米吟醸 瓶火 無濾過原酒

今月初めの某所の宴に持っていくお酒をどうしようかと思い、10月末に2酒購入。その内の1酒です。

081103_12480001

青森県八戸市の八戸酒造株式会社が醸す「陸奥八仙」の純米吟醸で火入れしたお酒です。「瓶火」とありますので、タンクに貯蔵している時は火入れせず、瓶詰め時に火入れした「生貯蔵酒」です。

冷蔵庫で冷やした状態で呑みました。開栓すると辺りに吟醸香が穏やかに立ち込めます。お酒はほんのりと薄緑色をしています。

柔らかい口当たりです。口中で転がすと、青リンゴかな?と思わせる爽やかな酸味が拡がります。呑み込むと酸味と旨味が程良いバランスで喉元を通り過ぎます。原酒でアルコール度数が高めですが火入れしているので、落ち着いた感じの味わいです。

室内に置いて少し温度が上がると、旨味が前に出てきてさらに味わい深くなります。料理と合わせて呑んでもいいですし、最後の一献として呑んでも楽しいかと思います。

「陸奥八仙」はここ2,3年で呑む機会が増えました。行きつけの荻窪いちべえさんでは昨年に引き続き、今年の9月に唎き酒会を催していて、その時のたわいない感想はこんな感じでした。このお酒は唎き酒会にも供されてましたが、今回と似たような感想でしたね。

宴に持っていくお酒は最後まで決まらず、再度酒屋さんを訪ねた時はこのお酒は売り切れでした。よってもう一方のお酒を購入しました。そのお酒の感想は近々...


陸奥八仙 純米吟醸 瓶火 無濾過原酒
  醸造元:八戸酒造株式会社(青森県八戸市)
  原料米:華吹雪(青森県産),精米歩合:55%
  アルコール度数:17度以上18度未満,日本酒度:+0
  酵母:記載なし,酸度:1.8,アミノ酸度:記載なし
  仕込水:蟹沢伏流水,杜氏:伊藤賢一(南部杜氏)
  製造年月:2008年7月
  購入場所:髙原商店,価格:1,575円(720ml,税込・当時)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 夜勤明けの朝は...東京駅の | トップページ | 家呑み-遊穂 純米吟醸(山田錦・美山錦55) 19BY »

お酒」カテゴリの記事

家呑み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家呑み-陸奥八仙 純米吟醸 瓶火 無濾過原酒:

« 夜勤明けの朝は...東京駅の | トップページ | 家呑み-遊穂 純米吟醸(山田錦・美山錦55) 19BY »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ