« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008/09/27

なみすけパン

杉並区のアニメキャラクターとしてなみすけが採用されて大分経ち、その間関連グッズなんかも発売されているそうですが、8月からは菓子パンも販売しているそうです。

これがそのなみすけパンです。今日のおやつに買いました。

080927_19320001


なみすけの顔を模った菓子パンです。直径が約10cmの円い白生地のパンで、中身はリンゴの果肉入りアップルカスタード、リンゴはなみすけの好物だそうです。目と口の部分はチョコ生地が使われています。

写真
080927_19330001

食べるとリンゴの香りが口中に拡がります。アップルクリームは程良い甘さと酸味で中々美味しいです。ただ、クリームが結構滑らかなので、気をつけないと垂れてきそうです。

なみすけパンは杉並区全域と中野区の一部のセブンイレブンで販売しています。1個135円(税込み)です。






おまけ

少し囓った状態の写真です。ちょっとえぐいですかね:p
080927_19340001

2008/09/25

割れない割りばし

割れない割りばし
先端が割れてなくて、箸先までくっついてます。

わかりますか?

この箸でどうやって食べるんじゃ(-_-#)

この箸は下げてもらい、他の箸を使いました。


某蕎麦屋にて。

2008/09/14

久しぶりの武蔵野

久しぶりの武蔵野
市民文化会館に来てます。武蔵野市民響の吹奏楽定期、今日は聴く方です。

2008/09/09

荻窪いちべえ 辻善兵衛 唎き酒会

荻窪いちべえさん月例の唎き酒会報告です。9月は栃木県真岡市の老舗株式会社辻善兵衛商店が醸す「辻善兵衛」と「桜川」です。辻善兵衛商店は創業宝暦四年(1754年)と歴史が古く、現在杜氏を務める辻寛之氏は16代目の32歳、将来有望な下野杜氏第2期認定者です。

19時半開始に合わせてお店に向かうと、ビルの入口のこんなのぼりが...

080908_19310003_2

期待してお店に入って待つこと数分で会の始まり。出品酒は純米酒の「辻善兵衛」5種とアルコール添加の「桜川」3種の計8種。

080908_19380002_2

簡単に感想を書くと...

辻善兵衛 純米大吟醸 山田錦40% 19BY
……乾杯酒です。穏やかな香りに柔らかい口当たり、酸と旨味のバランスが良く呑みやすいお酒です。
辻善兵衛 純米吟醸 雄町
……常温でいただきましたが、雄町らしい濃醇な味わいです。やや感じる辛みがアクセントになっています。
辻善兵衛 純米吟醸 活性にごり 雄町
……辻善兵衛の活性にごりは何度か呑んだ事があります。酸とガス感のバランスが良く、もろみの味もします。開栓時のガスの勢いは相変わらず凄いです。
辻善兵衛 純米吟醸 中取り 生 五百万石
……酸味主体の味わいですが、バランスが良いです。呑み込んだ後から感じる旨味と僅かな苦味も心地よいです。
辻善兵衛 純米 生原酒 五百万石
……やや温んだ状態だと酸味が程良く強調されています。さらに温んでくると旨味中心の味わいが段々としてきます。

桜川 吟醸 美山錦
……純米酒の「辻善兵衛」と比べてやや辛めです。アルコール添加からくる華やかな味わい・香りがします。
桜川 大吟醸 山田錦50%
……思ったより濃醇な味わいです。アル添酒らしい香りはしますが、控えめです。ぬる燗にしたら味にふくらみが増した気がしました。燗上がりのお酒かな。
桜川 大吟醸 5年熟成酒 山田錦40%(参考出品)
……口に含むと仄かな熟成香が感じられます。辛さにほんのり苦味が加わる複雑な味わいですが、しつこくなくて思ったよりスッキリしています。

ここの蔵元が使用している仕込水は鬼怒川水系の伏流水で軟水、柔らかな口当たりです。「辻善兵衛」の方は仕込水の特徴を活かした柔らかい口当たりが印象に残りました。一方の「桜川」は、「辻善兵衛」の良さにアルコール添加から来る華やかさが加わった感じ。それぞれの造りの違いが楽しめました。

最近、栃木県のお酒を呑む機会が増えました。増えただけでなくいつも楽しませてくれます。この蔵もその一つ、これからも呑んで楽しくなるお酒を造っていただきたいです。

今回も60名位集まりましたでしょうか、毎回盛況です。ちょっと早い重陽の節句でした。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2008/09/06

今日は

今日は
荻窪いちべえにて常連さんが集いお酒持ち寄りの会におこぼれを預かりに。
H&A夫妻所有の悦凱陣の古酒がうんまいです。


しんあわせ〜〜




現実逃避、現実逃避

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

醤油を呑むの?

醤油を呑むの?
ちゃいます。ちゃんとしたお酒です。
造りの詳細は不明、古酒のやうな味わいがしますです。

うんまいです。(^o^)

荻窪いちべえにて

ささ、現実逃避、現実逃避

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

夏の終わり、秋の気配はまだ

夏の終わり、秋の気配はまだ
蝉の鳴き声がやけに大きいと思ったら、自宅の壁面に1匹のアブラゼミが.....

まだまだ残暑は続くのか、秋の気候に変わるのか....




引き続き現実逃避してよ。

妖精反応

ではなく、陽性反応だ。力士の大麻騒動、再検査でも出たそうです。報知新聞のWeb Siteに速報載ってました。11時:26分の記事です。

 日本相撲協会関係者によると6日、簡易尿検査で大麻に陽性反応を示した幕内の露鵬と十両の白露山は、検査機関での精密検査でも陽性反応を示したことが、分かった。  関係者によれば、検査機関の三菱化学メディエンスから5日夜に相撲協会に通知された。  簡易尿検査で大麻に陽性反応を示したことについて、露鵬、白露山は一貫して使用を否定。白露山の師匠でもある相撲協会の北の湖理事長(元横綱)は検査を新たにやり直す意向を示している。

師匠として弟子の言うことを信じたい気持ちは判るが、ここまで来たら言いようが無いだろう。再検査なんて言っている状況ではない。協会として然るべき判断をするべきです。残念ですが。

それに、もう今の体制・組織で日本相撲協会を運営するのは無理だろう。現職を固持するのだったら悪あがきにも程がある。自らの進退をハッキリさせるべきでしょう。どっかの理事長。

ここまで来て上が何も変わらないんだったら、下流から変わろうとする気概を見せて欲しいです。親方衆。

 

現実逃避中(この時期にクリスマスシーズンの音楽聴いてる:p)に見つけた話題でした。

さ、引き続き現実逃避してよ。

9月8日追記

問題の両力士は再検査を拒否したため検査は終了、大麻疑惑は「クロ」となりました。大麻の検出濃度から副流煙ではなく「直接吸引」の可能性大だそうです。 協会は両力士を解雇しました。

で、北の湖理事長は辞任しました。当然と言えば当然、今回のみならずこれまでの不祥事の対応からして、協会の長としての器は無く、遅すぎる辞任だと思います。

日本相撲協会は不祥事が起きた時の危機管理が無さ過ぎです。会見や対応等もお粗末です。これから選出されるであろう新理事長には協会の改革、外国人力士は勿論の事、力士の教育・指導を徹底していただきたいです。

続きを読む "妖精反応" »

2008/09/01

夜勤明けの朝は じゃなくて昼だよ

夜勤明けの朝は じゃなくて昼だよ

昨晩からの勤務が、ようやく終わり(*_*)、横須賀の滞在先に帰宅して落ち着いたところです。

実は4月後半から続いた24時間対応の業務が8月末で終了し、アチキはお役御免となりました。ロートルは去り行くのみです。
その為、夜間作業後に関係部署への挨拶に日勤者との引継や雑談等を済ませて、こんな時間になってしまいました。ふぅ。



振り返ると、今回の現場は、4ヶ月ちょっとでしたが長かったような短かったような。

少ない人数での3交代勤務、誰か一人でも体調崩して休んだりしたら、シフトは崩壊、大迷惑になりますから体調管理には気をつけてました。
作業内容があやふやなままスタートしたこの仕事、6月までは作業の都合や何やかんやで変則ぎみのシフトで、それなりにきつかったです。業務内容やシフトが安定したのは、7月に入ってからでした。
現場では皆で「しんどいねぇ」と愚痴るも、それでも終わってみれば誰一人も病欠無しでした。当たり前かもしれませんが。

まあ、アチキはお酒を「普通(^o^)」に呑んでましたけど、休日中心でしたが。

東京に戻れるのは嬉しい反面、業務内容がほぼ固まりシフトも安定した頃に終わりとはちょっと残念な気がしてます。ま、しょうがないか。


で、次の現場の話は聞いてますが、まだ決定ではありません。暫くは事務所で次の業務に向けて準備する事になります。


今日は少し休んでから荷物をまとめて、明日引っ越しです。
その後は…………………………少し遅い夏休みです。
もしかすると現実逃避してるかもしれません。その時は、










…………………………探さないで下さい:p


おまけ
写真は現場の最寄り駅、勤務地はYRP(横須賀リサーチパーク)でした。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ