« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008/06/11

楽器を故意に壊すのはパフォーマンスか?

つまらない事を一筆。

昨日の事です。朝帰りし、部屋のTVを何となく点けたら、あるバンドの今後のライブが延期になった話題を放送していました。何でもメンバーの一人がライブで腰の持病を悪化させてしまったそうで、原因ではないか??と思われる素行(愚行)の映像を流してました。

その映像は、アチキには見るに耐えないもので、ゴング(銅鑼)を倒す、ドラムセットのシンバルを放る、挙句の果てにはドラムに飛び込む.......途中でチャンネルを替えました。


楽器を壊す事はパフォーマンスでしょうか??
それが彼らの表現したい事の一部なんでしょうか??
演奏するジャンルが違えば許されるのでしょうか??


アチキはこう思います。

楽器を故意に壊す・乱暴に扱う人に音楽をする資格など無いと思います。
そんな愚行はパフォーマンスでは無いと思います。
単なる馬鹿のやる事だと思います。
ドラムに飛び込んで持病が悪化するなんて自業自得だと思います。

その時見た映像からは、楽器を壊すことに何ら意味は感じませんでした。他にも演奏中に楽器を壊してしまうのを見聞きしますが、それとは異なる行為だと思います。


このバンド、20年位前かな、ある歌番組でも演奏後に楽器やアンプを壊してました。その時、学生だったアチキは見ていて不愉快になったのを覚えています。

やってる事、変わって無いんですね。

アチキは理解しがたいです。たぶん、一生聞かないな。






このバンド、X JAPANでドラムに飛び込んだのはYOSHIKIさんだそうです。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ