« 帰宅途中 | トップページ | 荻窪いちべえ 陸奥八仙 唎き酒会(2007年9月) »

2007/09/17

懺悔と反省・・・・武蔵野市民交響楽団アンサンブル・ダ・カーポ 第74回吹奏楽定期演奏会

もう先週の日曜日のことですが、出演した演奏会のことをば。ご案内はこちら。

武蔵野市民交響楽団(MCSO)の吹奏楽定期演奏会でした。アチキはアチキはコントラバスクラリネットとバスクラリネットで3曲ずつの全乗りでした。備忘録代わりに曲とパートを書くと、

コントラバスクラ:トリティコ、ブレッケンリッジ、交響曲第3番(ジャンニーニ)、アンコール
バスクラ:マスク、スリープ、オペラ座の怪人


演奏会の感想をと行きたいのですが、今回は懺悔と反省がいくつかありました。

・体調が万全でない状態で本番を迎えてしまいました。数日前に風邪をこじらせ、前日は熱出して寝込んでました。当日、熱は下がりましたが、喉が少し痛く時々咳が出る状態。しんどかったです。反省してます。体調管理気をつけます。

でも、風邪ひいたのは決して呑み歩いていたからではありません。本当だってば。

・「トリティコ」でフライングをしてしまいました。1楽章の冒頭部分、金管楽器が第一主題が演奏した後に木管楽器が半音階の上昇型で駆け上がって次の楽器群への橋渡しの役目をするのですが、そこで1小節早く出てしまいました。やってしまった時は一瞬何が起こったか訳が判らなくなりました。打ち上げで懺悔したのは言うまでもありません。ごめんなさい。

・今回、プログラムノートに曲目解説を何曲か書きましたが、ある曲で初演年の記載が曖昧だったため、お客様から指摘を受けました。推敲不足です。すみません。


今回の演奏会で自分なりの収穫はと言うと、ジャンニーニの交響曲を初めて演奏できたこと。この曲はオーソドックスな形式の4楽章からなる交響曲ですが、練習を重ねていくにつれてこの曲の面白さや奥深さに引き込まれていく感じを受けてました。完成された様式に基づいた音楽が吹奏楽でも充分に効果的に演奏できるんだな、と演奏終わった後は充実感でいっぱいでした。

派手さばかりが目立つ最近の(特に邦人の)吹奏楽曲だけでなく、こういった曲ももっと演奏されてもいいのでないかと思います。某プロ吹奏楽団の定期演奏会でも再び取り上げて欲しいなぁ。


さて、今回は久しぶりにコントラバスクラを担当したのですが、慣れるまでにかなり時間がかかってしまいました。またいつか担当したいです。はい。


にしても、タイトルなげぇなぁ。

« 帰宅途中 | トップページ | 荻窪いちべえ 陸奥八仙 唎き酒会(2007年9月) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

健康だけは気をつけましょうね。もう○くないんだから(笑)。自身が思っているより
へったっているものですよ。
また次回へ向けて楽しみましょう。

>スールーさん

返事が遅くなりました。
確かに四捨五入したらアチキも*0代ですから、大丈夫と思っても疲弊している様です。

次回は体調管理気をつけますです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰宅途中 | トップページ | 荻窪いちべえ 陸奥八仙 唎き酒会(2007年9月) »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ