« 武蔵野市民交響楽団アンサンブル・ダ・カーポ 第73回吹奏楽定期演奏会 | トップページ | 家呑み-美丈夫 舞 うすにごり »

2007/03/06

磯自慢 蔵見学

3月4日(日)は荻窪いちべえのイベントに参加。静岡県焼津市まで出かけ、磯自慢酒造(株)を訪ねて蔵内を見学させていただきました。

アチキは昨年初めて参加して今回は2回目です。交通手段は往復観光バスで、荻窪を午前11時頃出発して東名道を走り、午後1時45分頃現地到着。蔵は海の近くにあり、正面玄関には酒林が飾ってありました。

070304_13450001_1


蔵内を参加者全員で見学するのは難しかったので、二手に分かれました。待っている間は今年醸したお酒の試飲です。特別本醸造から純米大吟醸まで7種類、中には搾りたての大吟醸もありました。唎き酒なので本来は吐き出すのですがそんなの勿体ない、呑み込んでしまいました。どれも美味しかった~。至福の時です。

蔵内を案内していただいたのは社長の寺岡さんです。建物は古くからあるものではなく、何年か前に立て直したそうです。外観は小さな工場のような感じです。先ずは1階を見学、上槽する部屋ではこの日の朝から大吟醸(だったと思ふ)を搾り始めていました。上槽の方法は品種によって替えているそうです。

次に見学したのは醪タンクの部屋。

070304_15180001_1

タンクの上から覗かせていただきましたが、ぷつぷつと泡が立っていて発酵が進んでいるのが判ります。温度管理には大変気を配っていて、醪タンクの部屋等は部屋全体が一定の温度に保たれています。部屋の中にしばらくいると寒いです。タンク個別には氷を抱かせたりしています。

麹室も見させていただきました。蔵元独自の工夫があって大変興味深かったです。写真は波模様を作って乾燥させている段階のものです。出来上がった麹も見させていただきましたが、栗のような香りが仄かにしていました。

070304_15350001_1

続いて酒母、ここでも温度管理が徹底しています。お米を蒸す甑(こしき)や洗米機等も見せていただきました。最後は倉庫を。この蔵では基本的に瓶熟成だそうで、倉庫内は出荷を待つお酒が沢山あり圧巻です。

見学の後は場所を変えて宴会です。場所はやはり海のすぐ近くにある海賊料理「船小屋」。海の幸を中心にした料理にお酒は勿論磯自慢です。

070304_17580001_1

いやぁ美味しかったです。美酒と美味に舌鼓を打ってまったりとしてました。
日帰りでしたが、楽しい時を過ごしました。


【2012/5/2追記】
磯自慢酒造(株)さんの蔵見学は酒販店さん経由のみ受け付けているとの事だそうです。

« 武蔵野市民交響楽団アンサンブル・ダ・カーポ 第73回吹奏楽定期演奏会 | トップページ | 家呑み-美丈夫 舞 うすにごり »

お酒」カテゴリの記事

コメント

なんとっ!磯自慢蔵見学ですかっ!
(この記事、見落としていました。今になって気がついた:汗)
良いなぁ〜。
2年前の静岡の旅では蔵の前まで行っただけでした(涙)。
蔵の横の川沿いにあった水飲み場の水飲んで、これが磯自慢の仕込水か〜、なんて思ったり(^^;)。

>地酒星人さん

いやぁ、良かったですよ。蔵見学。
焼津のお水は美味しいらしく、清涼飲料の工場も多いそうです。

磯自慢酒造の見学は個人では受け付けていないそうです。今回も酒販店さんのご尽力で実現したそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 磯自慢 蔵見学:

« 武蔵野市民交響楽団アンサンブル・ダ・カーポ 第73回吹奏楽定期演奏会 | トップページ | 家呑み-美丈夫 舞 うすにごり »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ