« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007/01/31

いちべえ高瀬斉先生の日本酒講座(2007年1月)

1月27日に荻窪いちべえに於いて漫画家で日本酒評論家の高瀬斉先生による日本酒講座が催されました。今年最初の講座です。テーマは前回の続きで「日本語用語解説」。お酒に関する用語の解説でした。その中で幾つかを以下に書き抜きます。

続きを読む "いちべえ高瀬斉先生の日本酒講座(2007年1月)" »

2007/01/27

荻窪いちべえ 雪の茅舎 唎き酒会(2007年1月)

1月22日(月)、荻窪いちべえの今年初めての唎き酒会でした。今回は秋田県由利本荘市にある株式会社齋彌酒造店の「雪の茅舎」(ゆきのぼうしゃ)です。

070122_19220001

今回は盛況でした。参加者は約70名、お店の座敷席はほぼ貸し切り状態です。19:30頃に会が始まり、フルネットの中野社長と漫画家の高瀬斉先生のお言葉の後、蔵元のご挨拶そして大吟醸出品酒で乾杯です。

今回供されたお酒は純米から大吟醸まで全部で8種類。一通り呑んだと思いますが、1種類(雪の茅舎 純米吟醸)だけ感想が思い出せない(-_-; 7種類の感想をば書いてみます。

雪の茅舎 大吟醸 製造番号酒
……乾杯酒。原料米を35%まで磨き且つ自社酵母を使用したそうです。開栓直後に香しい吟醸香がします。冷えた状態で呑んだ時、仄かな苦みが心地よいです。酸度は1.2と高くないので酸味は余り感じずしっかりした味わいです。ぬる燗にすると苦みは消えて香りがより立ちます。
雪の茅舎 大吟醸
……旨味や酸味が強すぎず呑みやすい、甘みも少し感じられます。
雪の茅舎 秘伝山廃
……冷えた状態ではさわやかな酸味がします。燗では柔らかい呑み口ですが、後から旨味とコクを感じます。
雪の茅舎 純米吟醸 限定蔵出し
……冷えた状態では口当たりが柔らかくスッキリした中に仄かな旨味と酸味を感じます。
雪の茅舎 純米吟醸 生酒
……冷えた状態はキリッとした呑み口ですが、呑み込むと生酒の濃さを感じます。酸は余り感じませんでした。
雪の茅舎 山廃純米 生酒
……山廃らしい味わいがします。酸度が今回の出品酒の中で一番高く、酸味が強く感じます。
雪の茅舎 山廃純米
……冷えた状態はスッキリしたきれいな呑み口です。燗につけると甘みが少し感じられました。

どのお酒も旨味や酸味、辛さのバランスが取れていて呑みやすかったです。冷えた状態でも燗でも美味しくいただきましたが、どちらかというとお燗にした方がアチキの好みだったかな。どのお酒だったか、お燗にしてとびきり美味しかったのがありましたが思い出せない、不覚です。それだけ沢山呑んだ、と言うことなのでしょうか。

2007/01/26

一瞬の記憶の隙間(はしご酒)

昨日は今年最初のはしご酒。鳥もとで大瓶ビール2本に荻窪いちべえで日本酒5合。呑み食いしたのは2軒のつもりだったけど、財布の中に何故か牛丼屋のレシートが1枚、どうやらシメの一品で牛丼を食べたらしい。

 …………………………覚えてない(-_-)

呑みながら読んだ本の内容や呑んだお酒(乾坤一のお燗に志太泉美味しかった!!)はちゃんと覚えている、それにいちべえを出た覚えもあるから、その後の記憶がすっ飛んだか。どう頑張っても思い出せない、うーーん。

それでも自宅には帰っているから帰巣本能は正常だったらしい。

.......酒、少し弱くなったかな、アチキ。

2007/01/23

武蔵野市民交響楽団 第62回室内楽定期演奏会

1月21日(日)は武蔵野市民交響楽団の室内楽定期演奏会でした。場所は武蔵野市民文化会館(ARTE)小ホール。今回も降り番なので受付スタッフをしてました。当日のプログラムは次の通りです。

《クラリネット四重奏》
・ソナタト短調/T. アルビノーニ

《サクソフォーン アンサンブル》
・バーレスク/R.プラネル
・昔の歌/G.ピエルネ
・「Saxophone Paradise」より第3楽章/本多 俊之

《金管五重奏》
・金管五重奏曲第3番/V.エワルド

《金管三重奏》
・ホルン、トランペットとトロンボーンのためのソナタ/F.プーランク

《クラリネット五重奏》
・クラリネット五重奏曲 イ長調 KV.581/W.A.モーツァルト

演奏はスピーカー越しに聴いていたので細かいことは判りませんでしたが、Saxophone Paradiseのバリトン・サックスはかっこよかったですね。所謂音に名前が書いてあって、誰が演奏しているかすぐに判りましたけど。クラリネット四重奏は各パートのバランスが気になりましたけど、ホール内とスピーカー越しでは聞こえ方が違うのでどうだったのでしょうか。最後のクラリネット五重奏曲は良くまとまっていたかと思います。クラリネットの音色にも良い意味で奏者の名前が書いてありましたねぇ。

演奏会は無事終了、ちょっとサプライズな方もいらっしゃいましたが今回も多くのお客様に来ていただきました。もう少し増えるといいなぁ、とも思いました。

2007/01/20

納豆狂騒曲その2

またテレビでインチキ騒ぎです。讀賣新聞のサイトから

 納豆ダイエット実験ねつ造…手口悪質、番組打ち切りも

先日書いた納豆品薄の原因にもなったフジテレビ系「発掘!あるある大事典(2)」で1月7日に放送した「納豆を食べるとダイエット効果がある」は、ねつ造でした。制作者の関西テレビが今日記者会見を開いてねつ造だったことを明らかにしました。明日から番組は休止、このままだと打ち切りかもとのことです。被験者の中性脂肪値やアメリカでの取材もねつ造でした。

情報番組として致命的なことをしちゃいましたね。まぁ、これで納豆騒動が落ち着いてくれれば、普段から納豆を食べている奴としてはいいのですが。スーパーでは納豆売り場に「テレビで紹介されました」なんて張り紙がありましたが、明日には取り除かれるでしょう。

今見ているニュース番組でもこの話題を取り上げてます。
それにしても、本当にバカなことしたよな、制作者は。

2007/01/17

納豆狂騒曲

なんか最近、テレビで納豆を食べてダイエットができるなんて放映したそうで。そしたら、猫も杓子も納豆を買うので、どこの売り場も納豆が品薄/品切れだとか。

荻窪界隈も似たような状況です。昨日、いつもの西友へ買い物に出かけたら、納豆がほぼ売り切れ状態。3パック100円以下の特売品は勿論ありません。価格が高い商品だけ僅かに残っているだけ。テレビの影響はすごいです。昨年も似たような光景がありましたど、あれはコンニャクでしたっけ。

アチキは自宅で朝食を食べるときはほぼ決まって納豆ご飯1膳+時々おかず1品です。食が進むからってのが毎朝食べている理由です。一人暮らしを始めた頃は納豆とマヨネーズを和えて生野菜と一緒に食べたこともありました。日々納豆は欠かせません。

今回の騒動、とんだとばっちり、いい迷惑です。昨日は仕方なく未だ残っていた値段が高い商品を買いました。買えただけマシ、と言うことにしておきましょうか。テレビで紹介された食材が枯渇する現象、もう何度も目にしていますが、どれもこれも1,2ヶ月位すると落ち着きを取り戻していたと思います。今回もそれだけ我慢すればいいのでしょうか。

ふと、納豆を買ったアチキもダイエット目的だと思われてんのかなぁ。

ココログのメンテナンス、今回は...

毎度おなじみ「ココログ」のメンテナンスが実施されました。今回は昨年末の失敗を受けての再作業と言うことで、昨日の15:00から約24時間行ったようです。結果、予定時間を少しオーバーしましたが、無事終了したようです。

前回の作業では告知や進捗報告の対応の拙さなどココログユーザから相当批判されたので、今回はその点はある程度改善されてました。作業進捗はココログレスポンス問題お知らせブログで約3時間毎に報告され、コメント画面などは「メンテナンス中」とのメッセージが替わりに表示されていたようです。

テスト代わりにこの記事を書いてますが、今の所、本ブログについては不具合は無さそうです。一部のユーザのブログはアクセス解析ができない等の不具合があるようです。でも、これはアクセス集中によるものかもしれません。

さて、事前に@niftyからの連絡によると、今回のメンテナンスで実施した作業は、以下の2点です。
 システム拡張性確保のための準備(DB分割準備)
 ココログベーシック/プラス/プロのバージョンアップ
これによると、レスポンス悪化の解決策であるデータベース(DB)分割作業は準備のみで未だ実施していません。てことは、近いうちにまたメンテナンス作業がある、と言うことになりそうです。ふー。まぁ、本ブログは今のままでも問題なく作業ができるので、もう十分なんですけどね。

20:32追記
 アクセス解析の不具合は設定漏れだったようで、現在は復旧しています。

2007/01/12

アニメ「のだめカンタービレ」

昨晩、何気なくテレビのチャンネル回してたら「のだめカンタービレ」のアニメ版の第1回目が放映してました。アニメ版を制作しているのは知ってましたが、放映は今日からだったんですね。去年あんだけ話題になっていたけど、原作は読んだこと無いし昨年放映していたドラマ版も全く見てませんでしたので、先入観無しで見てみました。

結構笑えました。主人公二人のキャラクター設定が個性的で強烈なので、予備知識が殆ど無しでも理解し易かったです。絵が原作に忠実かどうかは知りません。動画は多少手抜きしている部分はあるのはしょうがないか。使われているクラシック音楽はドラマ版と一緒でプロの演奏による録音でしたっけ。

毎回リアルタイムに見るのは難儀なんで録画して見ようかと思います。ってこの時点で既にハマッていることになるよな。

2007/01/11

今日の呑み-荻窪いちべえ(2007/1/10)

日本酒の記事を書いたばっかりに呑みたくなったので、いつもより早い時間に毎度おなじみ荻窪いちべえへ。パトロールの結果です。カウンターに通されたら常連さんのE氏と相席に。談笑したりしながら食したのは、肉豆腐,山芋酢味噌和え,お新香盛り合わせ(小),丸干し,赤ダシの五品。それらに合わせたのは次の通りです。

 ・立山銀嶺
 ・山形正宗 純米吟醸 うすにごり 無濾過生原酒
 ・小笹屋竹鶴 純米原酒 2003年貯蔵
 ・遊穂 純米無ろ過 垂れ口直汲
 ・奈良萬 純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ
 他2品

かなり呑みましたなぁ。感想をば書いてみます。先ずは「山形正宗」。070110_21430001

「うすにごり」だけあってやや白い色をしています。相席になったE氏のお勧めで呑んでみました。口に含んでみると程よいリンゴの風味を感じさせる酸味とややコクのある旨味のバランスが呑み手を喜ばせてくれます。口直しのお酒に適しているかなと思います。

次に「竹鶴」、新酒では無くて2003年製の3年古酒です。薄い山吹色です。口に含むと程よい熟成香と旨味を感じます。古酒ならではのしっかりした味わいが楽しめます。今日はお燗にしなかったけど、次はお燗でも呑んでみたいですね。多分燗上がりするんじゃないかと思いました。「竹鶴」は雑誌やWeb等のメディアで最近取り上げられていて興味があるので、また何処かで呑んでみたいですね。

「遊穂」もここ最近お目にかかるお酒です。今日いただいた純米無ろ過 垂れ口直汲は多分初めて呑むお酒。口に含むと舌にピリピリとガス感を感じます。呑んでみるとキレがあってさわやかな酸味が心地よいです。口直しに呑むかシメにいただくのがいいかとアチキは思いました。

このお酒では飽きたらず次に呑んだのは、「奈良萬」のおりがらみ。昨年封開けを見ましたが、ガスが強くて勢いがあったのを覚えてます。濃い乳白色をしています。呑んでみると、奈良萬独特の乳酸の酸味と程よい旨味が感じられます。キレもあります。今日いただいたお酒は封開けして何日か経っていると思うのですが、まだピリピリとしたガス感も感じられます。美味しいです。「奈良萬」は元々好きな銘柄の一つですが、改めて好きになりました。願わくば毎回呑みたいですね。

こんな感じで今日も美味しいお酒に出会えて満足しました。

2007/01/10

「助六」vol.5 日本酒特集

先月買った雑誌「助六」の日本酒特集を一通り読みました。文字数がめちゃくちゃ多い、と言う訳では無く、ちょっと読んでは2,3日経っててな読み方なので、時間がかかってしまいました。

記事は、地酒居酒屋,日本酒好きの有名人や日本酒に関わっている人の紹介やインタヴュー、日本酒と食の関係、酒器の趣、海外(N.Y.とパリ)の日本酒事情等、日本酒を色々な角度から紹介しています。日本酒を余り呑んだことのない方に「日本酒の楽しさ」を紹介している入門編といった内容です。銘柄紹介の記事は余り多くないです。

個人的に興味を持ったのは表紙の永作博美さんのインタヴュー記事(^o^)の他、酒器の記事や江戸料理と酒に関する記事等です。酒器の写真を見て、こんなの欲しいなぁと思って値段はと言うと、ちょいと手が届かない代物だったりします。しょうがない、先ずは近所の陶器屋さんかデパートの陶器売り場を訪ねてみましょうか。江戸料理と酒については池波正太郎さんの「鬼平犯科帳」を引用して、料理と酒と男と女の粋な場面を書いています。料理のレシピも載っていたので今度作ってみましょうか。

長年日本酒とつきあっている玄人の方には少々物足りない内容かもしれませんが、日本酒を余り呑んだことのない方や全然知らない方が興味を持たれる切っ掛けになればいいんじゃないかなと思います。

こんな風に日本酒がメディアに取り上げられるのは嬉しいことです。

これを書いてたら、日本酒が呑みたくなってきました。(毎度のことか:p)さてと、今日はどの銘柄が入荷したかいつもの所へパトロールしに行くとしましょうか。

2007/01/01

去った2006年来た2007年

年越しはのんびりと自宅で。テレビ東京のジルベスター・コンサートを見ながら新年を迎えました。今年のカウントダウン演奏曲は、エルガーの行進曲「威風堂々」第1番。今までどの指揮者もカウントダウンは成功しているとのことで今回も楽しみながら見てましたが、指揮者と奏者はプレッシャーがかかってきつかったでしょうね。でも、今回もドンピシャでした、さすが。

元日の今日は午前中はまったりとしていて、お昼頃から行動開始。といっても食事の準備位で対したことしてませんが。軽くビールを呑みながら食事して、サッカー天皇杯決勝を聞いて、そろそろ夕飯の準備をしようか、てな頃合いです。正月は昼間から堂々とお酒が呑めるのでいい気分です。

ちょいと昨年の反省と今年の目標をば。昨年は完全浮上したいと思ってましたが、これは道半ば。今年こそは完全に浮上したいです。昨年の夏から行動を起こしている月1Kgペースのダイエットは何とか目標に達して、85.5→79.5Kgまで落とすことができました。今年はリバウンドせずさらに減量を。お酒は「美味い」お酒には沢山出会えましたが、「上手くてかっこいい呑み方」ができたかどうか...今年も探っていきたいです。

年も変わったので、BlogのデザインとTopページの写真を変えました。おもちゃのシンバルが家にあったので撮りました。何故、我が家にシンバルがあるんでしょうかねぇ:p

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ