« 泥酔しても帰宅できるのには訳がある | トップページ | 風邪 »

2006/10/29

都立高専第37回高専祭

今日(正しくは昨日)久しぶりに母校の学祭、高専祭を見物に品川区は鮫洲まで出かけました。現校舎での高専祭を見物するのは初めてでした。高専祭自体何年振りだろう....この時期は何かと忙しくて高専には行けなかったのですが、今年は都合がついたので最近の学祭はどんなものかと思ったので出かけた次第。アチキが所属していた吹奏楽部は毎年演奏を披露しています。まぁ、それを聴くのが第一の目的ですが、他の展示物なんかも見てみたかったんです。

高専には2時過ぎに着きました。が、校門には何の飾り付けも無いしビラ配りもない、本当に学祭やっているの?何て不安になりましたが、受付がある2F中央ホール前ではそれなりに盛り上がっていたので、あぁやっているんだなと感じました。でもアチキが現役の頃はもう少し盛り上がっていたんじゃないかな、なんて思いながら吹奏楽部の演奏が始まるまで一通り見て回りました。やっているものは飲食コーナーやバンドのライブの他高専らしく技術的な展示物や中学生向けの学校紹介等もありました。アチキが通っていた時はロボコンやソーラーカーレースなんて無かったので、それらの展示物は興味が惹かれましたね。アチキは高専5年生時の研究室が高電圧実験室だったので、疑似雷放電などの高電圧実験を高専祭で一般披露したのですが、今年はありませんでした。うーーん、残念、見たかったなぁ沿面放電。でも今2Lコーラ瓶を手に入れるのは難しいか。競技会以外にも最近の研究内容はアチキが学生だった頃より内容が複雑になっているようで、いやいや難しいです。その他、同窓会が昔の校舎や学生生活風景の写真などを展示していましたが、ツタが絡まっていたN館(建物は戦前からの物)や昔の高専祭の写真なんかは懐かしかったです。

運動部や学生有志がひらいている飲食コーナーで軽く食事を取った後、2F中央ホールにて吹奏楽部の演奏を聴きました。演奏は2部構成で前半はステージ演奏、後半はフロアマーチングショウです。部員数が少ないので若いOB/OGが賛助で演奏を手伝ってます。ステージ演奏はポップス主体です。久しぶりに聴いた感想としては、ケチをつければ切りがないですが頑張りは買いましょう、と言ったところですか、一生懸命さは伝わりました。吹奏楽部の演奏を一通り聴いて、後輩達に一声かけて高専を後にしました。

日曜日は今日以上に盛り上がるのでしょうか。学生達の皆さん、楽しんでください。吹奏楽部の連中、気合い入れてやれよ。

« 泥酔しても帰宅できるのには訳がある | トップページ | 風邪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

都立産技高専吹奏楽部(旧 都立高専吹奏楽部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都立高専第37回高専祭:

« 泥酔しても帰宅できるのには訳がある | トップページ | 風邪 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ