« 2006年荻窪白山神社例祭 | トップページ | 隠れ家的花火 »

2006/09/17

武蔵野市民交響楽団アンサンブル・ダ・カーポ 第72回吹奏楽定期演奏会

9月10日(日)14:00、武蔵野市民文化会館大ホールで武蔵野市民交響楽団の第72回吹奏楽定期演奏会が開催されました。当日のプログラムは次の通りです。

指 揮:上原 宏(東京佼成ウインドオーケストラ首席ホルン奏者,当団アンサンブル・ダ・カーポ常任指揮者)

曲 目:
≪第1部≫
・序曲変ロ長調/C.ジョヴァンニーニ  
・サンタ・フェ・サガ/M.グールド
・第3組曲~バレエの情景~/A.リード

≪第2部≫
・チャーリー・チャップリン・バンド・ポートレート/C.チャップリン(F.E.ウェーレ 編曲)
・「ハウルの動く城」ファンタジー/久石譲,木村弓(小島 里美 編曲)

≪第3部≫
・木管楽器のための序曲/P.スパーク
・宇宙の音楽/P.スパーク

今回のプログラムは、第1部は少し懐かしめの吹奏楽オリジナル曲を、第2部は前回に引き続き映画やアニメの音楽を、第3部はP.スパークの作品の中から2曲選曲しました。「木管楽器のための序曲」は、普段金管バンドや吹奏楽編成の曲を書いているスパークには珍しく木管楽器のみの編成で書かれている軽快な序曲。「宇宙の音楽」は、昨年吹奏楽版が初演された宇宙をテーマにしたスケールの大きい曲です。

私は今回もバスクラリネットの担当で全曲乗りました。今回、ある曲で1フレーズだけSoloを受け持ちました。短いフレーズでどう歌ったらいいかアドバイスもらったりイメージを膨らませたりした結果は....今ひとつ覚えていません(^_^; 自然にすーっとあっという間に終わってしまった感があります。どうだったんだろう、気になる。

その他は相変わらず、いつもはできていたところで間違ったりその逆もあったりと、反省点は色々ある演奏でした。もっと本番での確実性を上げないとだめですね。

それにしても当日は暑かった。ホール内は一応空調が働いていたけど、リハーサル/本番とも汗のかきっぱなしでした。そんな暑い中、今回も多くのお客様に演奏を聴いていただきました。来場者数は徐々にですが増えているようです。嬉しい限りです。

« 2006年荻窪白山神社例祭 | トップページ | 隠れ家的花火 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2006年荻窪白山神社例祭 | トップページ | 隠れ家的花火 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ