« 阿佐ヶ谷七夕祭 | トップページ | 今日の呑み-荻窪いちべえ(2006/8/10) »

2006/08/09

荻窪いちべえ 天明 唎き酒会(2006年8月)

8月7日(月)荻窪いちべえで恒例の唎き酒会が催されました。今回は福島県河沼郡にある曙酒造合資会社の「天明」です。このお酒の唎き酒会は今回が2回目です。

060807_19280001
今回も40人以上集まりましたでしょうか。盛況です。会は19:30過ぎに始まりました。フルネットの中野社長と漫画家の高瀬斉先生のお言葉の後、蔵元のご挨拶がありました。




今回出品されてお酒は全部で7種、天明は全て無濾過だそうです。今回も、全種冷えた状態で呑み、一部はお燗にしていただきました。感想をばつらつらと書いてみます。


天明 大吟醸
……今回の乾杯酒。ふくよかな味わいですが、舌に少しピリピリ感が残ります。
天明 純米 本生
……いちべえにも普段置かれていて時々呑むお酒。口当たりが柔らかく、やや甘い味わい。
天明 純米吟醸 ビン火入れ(山田錦 1年熟成)
……冷えた状態ではすっきりした味わい、他の品種より酸味を感じます。お燗にすると味わいが増します。
天明 亀の尾 本生
……このお酒も口当たりが柔らかくてやや甘い味わい。暖まると酸味が立ちます。
天明 亀の尾 火入れ
……「亀の尾 本生」より旨みが感じられます。
天明 純米吟醸 美山錦 生
……口に含むとメロンのような香りが広がります。米の違いか、これまで戴いたお酒とは違った嗜好の味がします。お燗につけると余計な香りや味が飛んで美味しさが増します。
天明 大吟醸 五百万石 13BY 4年熟成
……4年間低温貯蔵したお酒。4年前に造られたとは思えないすっきりした酒質です。多分、余計な成分が無いのでしょう。お燗にするとアル添酒のせいか、ややアルコール臭が強くなります。燗冷ましでは今度は少し苦みが残ります。

今回いただいたお酒では、純米吟醸 ビン火入れが冷やでも燗でもアチキにとっては一番の好みでした。その次は亀の尾 火入れ純米吟醸 美山錦 生といったところでしょうか。大吟醸酒は純吟,純米酒に比べてすっきりした味わいでした。飛び抜けて美味しい、というお酒はありませんでしたが、どれも満足いく味わいでした。天明を初めて呑んだのは2年半位前でしょうか。以来、時々いただいてますが、毎回楽しませてくれます。今後も期待したい蔵です。

« 阿佐ヶ谷七夕祭 | トップページ | 今日の呑み-荻窪いちべえ(2006/8/10) »

お酒」カテゴリの記事

唎き酒会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荻窪いちべえ 天明 唎き酒会(2006年8月):

« 阿佐ヶ谷七夕祭 | トップページ | 今日の呑み-荻窪いちべえ(2006/8/10) »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ