« 今日の呑み-荻窪いちべえ(2006/8/10) | トップページ | 蒸し暑い中読書したいときの呑み-鳥もと »

2006/08/17

宇宙の話題 2題

今日、讀賣新聞のWeb Siteを斜め読みしていたら、宇宙に関する記事が2本掲載されてましたんで、興味本位で引用します。先ずは、太陽系に関すること。

太陽系惑星9個→12個へ、惑星の定義変更案を公表

 天文学者の国際組織「国際天文学連合」(IAU、本部・パリ)は16日、これまで明確でなかった惑星の定義案を示した。それによると、米航空宇宙局(NASA)が昨年「第10惑星」と発表した「ゼナ」など3天体が惑星に昇格し、太陽系の惑星が9個から12個に増える可能性が高まった。

 定義案はプラハで開催中の総会で審議されている。24日の採決で承認されれば、1930年の冥王(めいおう)星の発見以来、太陽系の姿が大きく書き換えられることになる。

これまで惑星に関して厳密な定義は無かったんだそうです。冥王星について惑星なのか小惑星なのか議論になっていた、との話は何処かで聞いた事があります。今回の定義案では、惑星は自己の重力で球形を作り、恒星の周囲の軌道を回る天体で、直径800キロ・メートル以上が目安とするんだそうです。この定義案によると冥王星は惑星となる他、他の天体も惑星に「格上げ」されるそうです。その天体は前述の通称「ゼナ」(2003 UB313)、火星と木星の間にある小惑星「ケレス」と冥王星の衛星「カロン」の3つで、承認されれば1930年の冥王星発見以来、76年ぶりに太陽系の姿が書き換えられる事になります。

ただ、この定義だと他の天体も惑星に格上げされる可能性もある他「ケレス」の直径が月の1/4程度しかない小さい天体なので、議論になると見られるそうです。

何となく冥王星を「惑星」として位置づけるための案のように聞こえなくもないですが、どうなりますか。

2006.8.17追記
惑星といえばクラシック音楽だとG.ホルストの組曲「惑星」。惑星そのもののイメージより占星術に感化されて作曲されたと言われています。最近だと、第4曲「木星」の中間部の旋律を基にして平原綾香さんが「Jupiter」を発表したりと、今でも影響を与えてます。当時は冥王星が発見されてなかったので組曲には含まれなかったのですが、近年ホルストの弟子のC.マシューズが「冥王星」を作曲して日本でも演奏されました。

もし、太陽系惑星が3つ追加されたら、その星に因んだ曲を作曲するんでしょうか?>マシューズさん


もう一つはNASAの失態とも思える記事

月面着陸の磁気テープ原本、紛失か…NASA

 米アポロ計画の貴重なデータを記録した磁気テープの原本が、大量に行方不明となっていることが15日わかった。

 アポロ11号が1969年7月20日、人類初の月面着陸に成功し、アームストロング船長らが降り立った歴史的映像なども含まれているという。

 不明なのは、月から地球へ送信されたデータを記録した磁気テープの原本700箱分。米航空宇宙局(NASA)のゴダード宇宙飛行センター(メリーランド州)によると、アポロ計画の関係者が1年半前、古いテープ1本を見つけたのをきっかけに、同計画のテープを探し始めた。しかし、保管や移動を記録した書類がなく、テープも見つかっていないという。

人類史上の歴史ある第一歩を記録した媒体が、きちんと管理されておらず行方不明なんだそうです。NASAは事態を楽観視しているそうですが、もし見つかりませんって事になるとその管理能力が問われるのは間違いありません。と言うか既に問われても然るべきではないでしょうか。こんな事、他にもまだまだあるんじゃないでしょうかねぇ。

てな訳で、たまにはお酒以外の話題でした。

« 今日の呑み-荻窪いちべえ(2006/8/10) | トップページ | 蒸し暑い中読書したいときの呑み-鳥もと »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメント・TBありがとうございました。
>人類史上の歴史ある第一歩を記録した媒体が、きちんと管理されておらず行方不明なんだそうです。
まさか、例の「月面着陸狂言説」を隠蔽するための偽装工作とか(笑)。
>また、寄らせていただきます。
お待ちしております。m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の話題 2題:

» 太陽系に仲間が増えるかも!? [ただいまに生きる]
天文学の最高機関「国際天文学連合」(IAU、本部・パリ)で、これまで明確でなかった惑星の定義案が示されたとのこと。『太陽(恒星)を周回する自己重力で球形の天体』というこの案に従えば、昨年冥王星の外周で発見された「2003 UB313(仮称:ゼナ)」、従来まで冥王星..... [続きを読む]

» 新惑星とJリーグ [しっとう?岩田亜矢那]
太陽系の惑星が3個増えて合計12個になるかも知れないらしい。 と言っても新たに3個もの惑星が発見された訳ではなく、今まで曖昧だった「惑星」の定義をこの機会にしっかり定めて、それに適合する既存の天体「セレス」「カロン」「2003UB313(...... [続きを読む]

« 今日の呑み-荻窪いちべえ(2006/8/10) | トップページ | 蒸し暑い中読書したいときの呑み-鳥もと »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ