« 一つの区切り | トップページ | 雨、あめ、大雨 »

2006/05/22

武蔵野市民交響楽団 第64回管弦楽定期演奏会

昨日5月21日(日)、武蔵野市民交響楽団の管弦楽定期演奏会が武蔵野市民文化会館(ARTE)大ホールで開催されました。プログラムは次の通りです。

指揮:棚田 和彦(群馬交響楽団トロンボーン第一奏者,当団Trbトレーナー)
Vn独奏:棚田 敦子(群馬交響楽団ヴァイオリン奏者,当団弦楽器主任トレーナー)
Va独奏:桐山 建志(オーケストラシンポシオンコンサートマスター,当団Vaトレーナー)

曲目:
・歌劇「魔笛」序曲 K.620/W.A.モーツァルト
・ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364(320d)/W.A.モーツァルト
・交響曲 第7番 イ長調 Op.92/L.v.ベートーヴェン

今回のプログラムは生誕250周年に因んでモーツァルトの作品にベートーヴェンの交響曲という古典派の作品で構成されました。

私は今回は降り番、受付スタッフをしました。午前中は会場内の準備とパンフレットにチラシなどの挟み込み。昼食後、暫くしたらお客様が並び始めていたので、開場時間を10分繰り上げてお客様のご案内。前回の入場者数(満員!!)には届かなかったですけど、沢山の方がいらっしゃいました。

演奏会は定刻どおり14:00に開始。私はロビーのスピーカー越しでしか演奏が聴けなかったけど、どの曲もまとまっていたと思います。前々回よりも前回、前回よりも今回の方が演奏レベルが上がっている、そんな気がします。棚田敦子先生と桐山先生のソロは艶やかで素敵な演奏でした。

終演後、全ての片づけが終わった後、打上げにも参加。みんな弾けていた事。まあ、それだけ充実した演奏ができたんでしょう。皆さん、お疲れ様でした。

追記
慣れない服装で長時間過ごすのは、ややくたびれます。スーツにネクタイなんて今年2回目、いや初めて???

« 一つの区切り | トップページ | 雨、あめ、大雨 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野市民交響楽団 第64回管弦楽定期演奏会:

« 一つの区切り | トップページ | 雨、あめ、大雨 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ