« 荻窪いちべえ 宗玄 唎き酒会 | トップページ | 第32回上尾市民音楽祭 吹奏楽・器楽祭 »

2006/01/28

モーツァルト250回目の誕生日で思い出してみた事

昨日の事になりますが、1月27日はヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの250回目の誕生日でした。

それに肖ってか、今年は世界各地でモーツァルトを取り上げた演奏会・イベントが催され出版業界もモーツァルト関連商品を沢山発売しています。私が所属している武蔵野市民交響楽団でも5月の管弦楽定期演奏会ではモーツァルトの作品を演奏する予定です。

モーツァルトは生涯数多くの作品を書きましたが、クラリネットを取り入れた作品も幾つかあります。その中でも、晩年、モーツァルトの友人でクラリネットの名手、アントン・シュタットラーの為に書かれた2曲、クラリネット協奏曲とクラリネット五重奏曲は現在でもクラリネットの重要なレパートリーとなっています。

クラリネット属を下手の横好きで趣味にしてかれこれ2x年ですが、真正面からモーツァルトを聴いたり演奏したりしたの何時だった事やら、この際だから思い出してみました。

初めて演奏したのは学生時代、吹奏楽部の定期演奏会で歌劇「魔笛」序曲の吹奏楽編曲版を演奏しました。この時は並クラ(普通のクラリネット)でした。この頃はただひたすら練習(&バイト:p)。演奏会前の1ヶ月半は休み無しで毎日練習してましたから、練習量は今と比べ物にならなかったと思います。今もやれって...それはをいといて...

初めてモーツァルトの音楽をまじまじと聴いたのも多分学生時代だと思いますが、何時何処でだかは覚えてません。学生時代、クラシック音楽は時々しか聴いてなくて、聴いたとしても演奏会で演奏する曲ばかりでした。貧乏学生にはLPレコード(CDじゃありません)を何枚も買う事はできなかったので、上野の東京文化会館の中にある音楽資料室に月1程度(かな?)通ってレコードを聴いてましたから、その時じゃないかな、と思います。

初めて買ったモーツァルトの曲が収められているLPレコードはというと、押入れの奥を探してみたら何と未だありました。
060128_04390001

モーツァルトとウェーバーのクラリネット協奏曲、クラリネットはカール・ライスター,管弦楽はラファエル・クーベリック指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、1967年の録音です。何時頃買ったかは覚えてません。勤める頃にはLPではなくCDを買っていたので、このレコードは学生時代に買ったんだと思います。多分、価格が1,500円と安かったので買ったんでしょう。レコードプレーヤーは10年以上前に処分してしまったので、今はこのレコードを聴く事はできません。何処かで聴けないかなぁ。

てな具合で学生時代の事を思い出してみました。そうそう、モーツァルトと同じ誕生日の某先輩、4x回目の誕生日おめでとうございます。

« 荻窪いちべえ 宗玄 唎き酒会 | トップページ | 第32回上尾市民音楽祭 吹奏楽・器楽祭 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト250回目の誕生日で思い出してみた事:

« 荻窪いちべえ 宗玄 唎き酒会 | トップページ | 第32回上尾市民音楽祭 吹奏楽・器楽祭 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

にほんブログ村

無料ブログはココログ